ジュエリーコンシェルジュ原田信之

諏訪貿易が提供しているジュエリーの相続資産の査定・仲介のサイト「宝石ドットコム」の責任者:原田信之のブログ

金メダル剥奪!?

モゴック産ルビー無処理ルビー

国際オリンピック委員会(IOC)は25日、2008年北京五輪のドーピング再検査の結果、陸上男子短距離のネスタ・カーター(ジャマイカ)が禁止薬物に陽性反応を示したため、失格処分にしたと発表した。(金メダル剥奪)
当時の検体を最新の技術で再検査した結果禁止薬物が検出されたとするニュースが流れました

このニュースを聞いて宝石も同じだと思いました。
宝石の鑑別も現在行える最新の検査での結果です。
殆どの鑑別書はその旨が注意書きで記されています。
宝石の種類が変わる事はめったにありませんが、処理と産地の判断はその時の最新の技術で判断された結果です。
将来鑑別技術の進歩で変わる事もあります。
また処理や産地の鑑別結果はそれぞれのラボの意見なのでラボによって異なる結果が出ることも珍しくありません。

では買い手は何を信じれば良いのかとなります。
その答えは「誰から買うか」です。
本物のプロは、産地や処理の鑑別結果の前に美しいかどうか、産地の特色が出ているかを判断します。
幾ら無処理で稀少性の高い産地のものでも美しさに欠けていたら本末転倒です。
美しさを見極めた上で産地や処理の情報が自分の基準に合っているかも確認します。
決してレポートの鵜呑みはしません。
そのように見極められた宝石は鑑別技術が進歩しても異なる結果が出る可能性が低くなります。
やはり宝石は「幾らで買うか」ではなく「誰から買うか」が大切です。

同様にレポートに「ピジョンブラッド」とか「ロイヤルブルー」と記されていても美しくなければ意味がありません。
反対に「ピジョンブラッド」とか「ロイヤルブルー」とレポートに記されていなくても美しいものもあります。
くれぐれも「鵜呑み」は禁物です。

画像は透明度が高く美しいモゴック産のルビーのリングです。


あなた知らないオークションの世界

Chrisitie's Auction

 「縁がない世界!」「素人には無理!」「何か怖い!」どれもライブオークション(注)に対する大方の反応。
ネットオークションに慣れている若い人もライブオークションには二の足を踏む。

 オークションを理解するうえで大切なのはリザーブ価格だ。
リザーブ価格は最低落札価格の事でその金額未満では落札できない金額である。
本来オークションはノーリザーブであるべきだが、出品を促進するための保険として設定される。
オークションでのリザーブ価格は宝石が持つ本来の価値が主な構成要素で様々な費用やマージンが加わる卸価格とは異なる。当然店頭価格の数分の一と言うものも出てくる。リザーブ価格は工賃やブランドの人気も殆ど考慮しない。
ブランドや手の込んだ細工の物も人気があれば自然と競り上がるので市場にまかせるのがオークションだ。
反対に人気がなければ思わぬ安値で落札されることもある。
実績から人気の乏しい物やリザーブ価格が低すぎるものは幾らでも落札できるノーリザーブとして出品される。
日本語では「成り行き」と表示されるので理解しやすい。

 ネットオークションとの一番の違いはリザーブ価格の設定を出品者ではなくオークション会社が行うことだ。
リザーブ価格からどのぐらいがまでが適当か範囲を示す見積価格も表示される。
専門家が真贋も含めて査定をするので、金額に安心感がある。
見積価格の範囲内で落札できればもしかして高い買い物をしたのではと言った猜疑心を持つこともない。
もちろんオークションなので、どうしても落札したい人が2人以上いた場合は思いがけない金額まで跳ね上がる事はたまに起きる。
良い点としてはオークションで買ったものは殆どのケースで再度オークションに出品できるので、飽きたら売ってしまおうと考えれば気楽に考える事が出来る。
販売手数料は必要だが、客観情勢に変化がなければリザーブ価格は変わらない。

 欧米ではオークションが生活に根付いている。例えばパリには公営のオークションHotel Drouot(オテル・ドルーオー)があり、家具、道具、雑貨等殆ど全てのアイテムが日々オークションにかけられる。
フリーマーケット同様に買い物の一つの手段として気軽に利用されている。
もちろんジュエリーもある。
オークションの世界ではジュエリーは絵画に次いで人気だ。
気軽に着けられるものから資産性の高いものまでオークション会社の格に応じて品揃えされる。

 オークション会社は国際オークションとローカルオークションの大きく2つに分類される。
国際オークションは世界の大都市でオークションや下見会を開催し世界中の富裕層が主な顧客だ。
中でも200年以上の伝統のあるChristie’sとSotheby’sが有名だ。
国際オークションは輸送費や関税等の費用がかかるので結果として高額品が多くなり価格帯は500万円以上がメインで落札上位は2億円以上と桁が違う。
ローカルオークションは各国に複数のオークション会社があり国内で開催されるため費用の面では有利で手数料も国際オークションに比べれば低く設定されている。
価格帯も数万円から数千万円と幅広い需要に応えている。
(注) 会場で競る古典的なオークション。ネットオークションと区別するための呼称。
次回は国際オークション開催地に於ける商品の特色等について解説します。(2017年7月発売予定)
以上、ブランドジュエリー2016 WINTER-2017 SPRINGに掲載された記事です。



Sotheby's Geneva Auction Result

昨日ジュネーブでサザビーズのオークションが行われました。
落札総額:CHF136,734,500($145,954,509)(約160億5,000万円)と言うBig saleになりました。
カラーレスのダイヤモンドと無処理のルビー、サファイア、エメラルドの高値はピークを過ぎた感はありますが、稀少性の高いピンクとブルーのファンシーカラーダイヤモンドは相変わらず人気です。
高額落札のTop 5は全てピンクとブルーです。
その中から特に高額な2点のブルーとピンクを紹介します。

○FANCY VIVID BLUE DIAMOND RING by CARTIER
8.01ct Fancy Vivid Blue VVS1

Shape & Cut:Square Emerald-cut
Weight: 8.01cts
Size: 11.65 x 11.16 x 7.05mm
Color: Fancy Vivid Blue
Clarity: VVS1
見積価格:CHF14,760,000 — 24,590,000 (US$15,755,267 - 26,248,104)
落札価格(手数料混み):CHF17,112,500 (US$18,266,396) (約20億円)
1カラット当たり価格:US$2,280,449(約2億5,000万円)
今回のオークションのハイライトのジュエリーです。
8カラットを超えるのFancy Vivid Blueは世の中に多くは存在しません。
ブルーダイヤモンドもそうですが、カルティエのデザインも負けずにユニークです。
上からだけでなく横から美しいブルーを楽しめるように四角いアーチ状のバーでセットしています。
左右に同様のアーチを3本ずつグラデーションして配する事で高さを感じずらい工夫がなされています。
メインストンと違和感がないようにバーにはステップカットのダイヤモンドをチャネルセッティングされています。
アーチの下のリング本体にはメレーダイヤモンドがパヴェセッティングされてアーチのステップカットとの対比でメリハリをつけています。
カルティエの意欲溢れるモダンなデザインがブルーダイヤモンドのユニークさ強調しています。
それにしてもおよそ1センチ角の宝石に20億円の値がつくのは驚愕です。
少なくともブルーダイヤモンドが究極の動産であることは間違えありません。
8.01ct Fancy Vivid Blue VVS1 side view

サザビーズの動画“Dancing Within”-The Sky Blue Diamond



○FANCY INTENSE PINK DIAMOND RING
17.03ct Fancy Intense Pink VVS1 pot IF

Shape & Cut: Emerald-cut
Weight: 17.07cts
Size: 19.76 x 12.57 x 7.64 mm
Color: Fancy Intense Pink
Clarity: VVS1(potentially Internally Flawless)
見積価格:CHF11,810,000 -14,760,000 (US$12,606,348 - 15,755,267)
落札価格(手数料混み):CHF 20,825,000 (US$20,798,344) (約22億8,000万円)
1カラット当たり価格:US$1,302,240(約1億4,000万円)
カラーレスでも十分な大きさの約2センチの長辺を持つ大粒のピンクダイヤモンドです。
最近はパビリオン側にプリンセスカットのような細かなファセットをつけて色を濃くするテクニックを良く使いますが、このピンクダイヤモンドは古典的なエメラルドカットなので最近の研磨でないことが考えられます。
エメラルドカットは1つ1つのファセット面が大きいので大きな反射と透明度が楽しめる玄人好みのカットです。
また、エメラルドカットは全体の深さ(Total Depth)が65%以上が殆どですが、このダイヤモンドは60.8%と理想的で17カラットとしての十分な大きさ(表面積)があります。
両脇の三角形のダイヤモンドも3.07ctと3.13ctと大粒です。
クラリティはVVS1ですが、表面のキズを再研磨するとInternally Flawlessになる可能性が高いとコメントがついています。
元はIFであったことが分ります。
GIA Diamond Grading Report
17.03ct Fancy Intense Pink VVS1 pot IF GIA report

サザビーズの動画

Hong Kong show Sep 2016 レポート

香港ショー

 中国の景気減速が恒常化、英国の離脱によるEUの不況長期化、利上げに踏み切れない力強くない米国経済等の不透明感が漂う中で行われた今回の香港ショーは「来場者は回復したが、バイヤーは在庫が減っているにもかかわらず最低限の補充しかしない」と言う出展者から良く聞かれたコメントが状況を物語っています。中国からのバイヤーは期待以上の人数が来場していましたが、元気がありません。2年前に比べると人数では半減しているように思えます。

 ダイヤモンドの業者の顔色は冴えません。特にメレーの需要減は深刻ですが、価格は思ったほど下がっていません。3カラット以上のD IFの価格下落が顕著です。ここ3年で年1割ぐらいずつ下がり続けています。このクラスの原石価格も下がっており、新しい原石から研磨されたもの価格が古い在庫の価格を下げて負のスパイラルが起きています。ファンシーカラーの価格は強気です。業者はカラーレスで利益が取れない中で比較が難しいファンシーカラーで補おうとしています。

 カラーストンは品質で好不況が分かれています。種類を問わずTopの品質は売れています。ビルマ産のルビー、サファイアの無処理は研磨業者の在庫は僅かで還流品が主な供給源となっています。価格も還流品に競争力があります。但し、還流品しか存在しないカシミールサファイアの価格は毎年上がって手が出ません。モザンビークのルビーは既にルビーの供給の大部分を占めていて不可欠なものとなっています。

 メレーダイヤの合成ダイヤモンドの混入問題の関心は高く、きちんとした業者は自社生産の物しか扱わないとか、機械で二重のスクリーニングをしている等の対策をしています。ブランド各社は供給元と契約書を交わして混入の予防に努めています。

宝石ドットコムリニューアル

新宝石ドットコムホーム

私が運営している宝石の査定・仲介サイト宝石ドットコムがリニューアルしました。

今回は、査定サービスの他、オークション体験サービスも追加しました。
また、目玉のコンテンツとして過去約30年分のダイヤモンド価格増減表を発表しました。
Dカラー IFクラスとFカラー VS1クラスとHカラー SI2クラスの3つグラフを0.01ctから5ctまでの16サイズに分けて1987年5月の1カラット当たりの価格を100とした場合の増減を表示しています。
各々のサイズをクリックするとそのサイズだけがクローズアップされます。
後に表の解説のページを加える予定です。
ダイヤモンド価格増減表広報用


またジュエリーサロンのコーナーでは過去にお問い合わせいただいたジュエリーのQ&A等のコンテンツも順次更新して行きます。

オークション体験サービスでは実際の体験記も掲載されています。

いずれFacebookやInstagram,Youtubeも始める予定です。

更新を楽しみにしてください。








Profile
ギャラリー
  • 金メダル剥奪!?
  • あなた知らないオークションの世界
  • Sotheby's Geneva Auction Result
  • Sotheby's Geneva Auction Result
  • Sotheby's Geneva Auction Result
  • Sotheby's Geneva Auction Result
  • ライブドアブログ