ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

ジュエリーアドバイザーの仕事帖

Diamond Rough

真のサステナブルとは

Rough Diamonds Production 1871-2021 社名入り


 上のグラフは1870年から2021年までのダイヤモンド(原石)の生産量推移です。2005年に177百万カラットでピークを記録し、その後徐々に減少していきました。2017年、152百万カラットまで盛り返し、2020年には新型コロナウイルスのパンデミックによる影響で一時108百万カラットに激減しましたが、2021年には前年にアーガイルへ鉱山(オーストラリア)の閉山があったにもかかわらず、137百万カラットに回復しました。米ロの新冷戦で流通は不透明ですが、世界最大級のダイヤモンド鉱床を持つロシアの生産に関しては安定的と予想され、ボツワナ、カナダで幾つかの新規のパイプが見込まれており、今後数年は120〜130万カラットで推移すると予想されています。
 国連によると世界の人口は現在の77億人から2050年の97億人へと今後30年で20億人増の予測があり、少なくとも需要面での減少は考えづらく需給の逼迫が想像できます。価格に関してもインフレで値上がりは避けられそうもありません。
 ここまで読むとこれからダイヤモンドは不足しそうに思えますが、宝石の特性の一つ「宝石は捨てられない」ことを忘れてなりません。使わなくなったからと言って宝石を捨てる人は少ないと思います。ましてダイヤモンドのように稀少性が高い宝石は尚更です。ダイヤモンドは紀元前から採掘されていますが、20世紀はかつて無いほどダイヤモンドが採掘されました。このグラフの50年間だけでも産出されたダイヤモンドの総量は6,000百万カラット(1,200トン)を超えています。
 工業用が半分、残りの宝石用*3,000百万カラットのうち研磨上がりの歩留まりが仮に平均30%だとすると一度はジュエリーにセッティングされたものが900百万カラットもどこかに眠っています。この内何分の一でもリサイクル出来れば新産のダイヤモンドの必要性は低くなります。
 鉱山開発には大量のエネルギーを必要とし、環境にも影響します。もし多くの需要をリサイクルで賄えれば究極のエコロジーになります。ジュエリーの解体技術の向上によって最近では完成度の低い昔のカットのメレーダイヤモンドを最新のカットにリカット(再研磨)して流通されることが増えてきました。メレーサイズでもこの傾向ですから、大きいサイズのリカットは言わずもがなです。
 また、大粒で高品質な宝石ほど優先的に何度も流通を繰り返します。ダイヤモンドだけでなくルビー、サファイア、エメラルドのようなカラーストンの稀少性の高いものの履歴をたどれば還流が多いのは一般的には知られていません。
 更に構想がしっかりしたジュエリーは時代を超えてジュエリーのままで再流通しますので加工賃も無駄にならず、更にエコロジーになります。
 ジュエリーにおける真のサステナブルとは既に人の手元にある宝石を還流させることです。21世紀は過去をリサイクルする時代でもあります。

グラフ単位:百万キャラット

*採掘された半分がニアジェムを含む宝石用と大雑把に分類、ジェムクオリティ(高品質)は全体の約20%と言われています。


グラフデータの出典:
1870-2004年はGIA Gems & Gemology 2007 Summer GLOBAL ROUGH DIAMOND PRODUCTION SINCE 1870からトレース
2005-2019年はRough Diamonds Production 2005-2019 by BizVibe
2020-2021年はGlobal Diamond Industry 2021-2022 by BAIN & COMPANY

ジュエリーアドバイザーの仕事帖

Fancy Intense Blue Diamond Ring S

「インフレと宝石」
2022年4月27日、のSotheby's Hong Kongのオークションで15.10ct Fancy Vivid Blue Internally Fl awlessのエメラルドカットダイヤモンドが57.5百万ドルで落札されました。1カラット当たり約3.8百万ドルという高値です。 価格が比較出来る20年前の相場の10倍以上になっています。
今年になってコロナ禍やロシアによるウクライナ侵攻による経常収支の悪化と日米の金利差から円安が進んでいます。輸入物価が急速に上がって、ついに日本もインフレ局面に変わってきました。従来、インフレに強い資産と言われるのは金や土地の現物資産と株式などの有価証券、米ドルなどの外貨ですが、それに加え最近、宝石を資産として買いたいと言うご要望が増えています。果たしてこれらの選択肢に比べて宝石はどのような位置づけになるのか考えてみたいと思います。
まず、宝石の価格は米ドルがベースです。私の場合、日頃からドルの相場を記憶しておき、宝石を評価す際にそのときの為替レートで円換算しています。宝石を持つと言う事はドルの資産を持つと同様な意味があると言えるでしょう。
次に、宝石は動産なので持ち運ぶことが出来ます。金も動産ですが金額が大きくなると持ち運びには不向きです。文頭のブルーダイヤモンドの金額を最近の金価格で計算すると約950キログラムになり、一般的な軽自動車より重いと言うことになります。それに比べ、15カラットのブルーダイヤモンドはグラム換算でたった3グラムです。一円玉三枚とほぼ同じ重量なにで携帯性は非常に高いのが分かります。
またダイヤモンドの名前の由来はギリシャ語の“アダマス adamas(征服されざるもの)であることこら分かるようにどんな物よりも硬く、どんな酸やアルカリ溶液にも冒されなく、耐久性はトップクラスです。但し、炭素の結晶なので火事のような高温には弱いため心配な方は耐火金庫やしっかりとした貸金庫に保管されることをお勧めします。
 元々宝石は身につけて美しさを楽しむのが基本ですが、様々な宝石の中で長期に保有すると資産として向くものと向かないものがあります。では、どのようなものが資産性が高いのでしょうか。
第一に、長く取引がされて歴史に裏付けられた伝統があるもの。その中で耐久性にかかわる硬度が高い物(注1)が上げられます。代表的なものはダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドになります。さらに稀少性に影響するある程度の大きさ以上で特別な産地から産出されたもの、そして処理が殆ど施されていないことも条件です。カラーレスのダイヤモンドはカラー、クラリティも大事ですが予算の中で出来るだけ大粒のもの、出来れば3カラット以上がお勧めです。同じ予算ならラウンドよりサイズアップできるファンシーシェイプも良いでしょう。ブルーやピンクのファンシーカラーダイヤモンドは小さくてもとても高価なので1カラット以上を目指したいところです。ルビーはビルマ(ミャンマー)モゴック鉱山産で3カラットサイズ以上の無処理(注2)、サファイアでしたらカシミール産かビルマ産で5カラットサイズ以上の無処理、エメラルドでしたらコロンビア産ではやり5カラットサイズ以上の無処理か軽度な処理(注3)をお勧めしたいところです。
 宝石に添付されるレポートも世界に通用しなくてはなりません。クリスティーズやサザビーズ等の国際オークションのカタログに掲載されているものが基準となります。ダイヤモンドグレーディングレポートは4Cを発明した米国のGIAが独占しており、カラーストンの鑑別書はスイスのSSEFやGUBELIN、米国のAGL、GIAがよく使われています。もちろん英文表記です。
また資産性を考えた場合はどのレベルの価格で購入するかが将来の価値に影響します。流通マージンがそぎ落とされて価値が担保されているオークション等の仲介業者から購入するのも大切です。但し品質を見極める目が必要なので上級者向けでもあります。
宝石は株や貴金属の価格のように短期的なアップダウンはありませんので長く楽しんで後に確かな価値が残る資産として考えことが大切です。

参考:2014年12月22日に「インフレと宝石」と言う同じタイトルでブログを書きました。 

*画像はイメージです。


注1:ここでは「硬度の高い物」とはエメラルドのモース硬度7½以上と定義します。
注2:ルビー、サファイアの「無処理」とはNo Indication of Heating(加熱の痕跡を認めず)
注3:エメラルドの「無処理」とはNo Indication of Clarity Enhancement(透明度の改善を認めず)
「軽度な処理」とは透明度の改善の為の含浸処理の程度をMinor又はF1(より少ない)、Moderate又はF2(中くらいの)、Significant又はF3(著しい)の3段階にクラス分けしたMinor又はF1以上のもの

ジュエリーアドバイザーの仕事帖

Myanmar Mogok Ruby-silk inclusion Blog

「不純物を楽しむ」

 私にはシステム手帳に大事に挟み時折読み返している2つの新聞記事があります。
 一つはあるクラッシック愛好家の記事で、便利なCDからアナログのLPレコードに戻った経緯が書かれたもの。傷つかずサイズも小さくて扱いやすいと言うことでCDに切り替えたものの、CDの音は硬く、深みがなかった。なぜかというと、人間が聞こえない音を削り取っていった結果、音がクリアになりすぎて人工的に聞こえてしまうからだと指摘しています。「お酒からアルコールを取り出して、それに水を加えても元のお酒のコクがなくなって美味しくない。そのコクは不純物から来る。生演奏がすばらしいのも雑音を含め不純物がいっぱいあるからです。」と記事では解説しています。
Kashmir SA-fine dust line and sow flake like inclusion Blog

 もう一つはフルート製作の職人さんがフルートの名器を復活するエピソードです。試行錯誤を続けて技術的には遜色ない物ができあがりましたが、独特な豊かな響きがどうしても出ないで悩んでいました。あるとき素材の違いに原因があるのではと思い、純度の高い銀に代え当時の銀食器を溶かした銀を用いて作ったところ目指していた音が出たということです。昔の銀には不純物が多く含まれており、その不純物が豊かな音色を引き出していたのです。
Kashimir sapphire-velvety blue zoning and streamers Blog

 もうお気づきかと思いますが二つの記事の共通点は「不純物」。「不純物」が本物の味わいを導き出しています。例えば最近の商業ビルと古くからの商店街にある飲食店の違いにも近い物があります。新しい商業ビルのお店はどれも綺麗で洗練されていますが、どのビルのお店も似たような感じで人工的です。それに対し古くからの商店街のお店は様々で、店のたたずまい・店主・客・料理等々が良くも悪くもその店固有の特徴となり、そういう店が集まって街全体が生き生きとし、人はそこに引き付けられます。
Sri Lanka Sapphire-Zircon halo Blog
Sri Lanka Sapphire-Finger Print Blog

 大自然の創造物である宝石も一つとして完全なものはなく、不完全です。結晶時にまわりの環境を取り込んで唯一無二の特徴が出ます。一般的にインクルージョンと呼ばれるものもその一つです。もちろん過ぎたるは欠点になりますが、このインクルージョンがあることで魅力的な宝石が生まれるのも事実です。カシミールサファイアの微細なインクルージョンはコーンフラワーブルーと呼ばれる独特な乳白色のブルーになります。ビルマ(ミャンマー)産やスリランカ産サファアイの無処理のルビーやサファイアに特徴的なシルクインクルージョンは適度な量ならば透明度が高いのに優しさも併せ持つと言う一見矛盾した特徴を生みます。一方、宝石の世界において前述の記事のCDの音質や純粋な銀にあたるのが合成石です。合成石の純粋な結晶からは自然な優しさは感じられません。
宝石をお持ちの方は、あらためて手に取りじっくりながめて一つ一つが異なる美しさを楽しんでみてください。
Colombia Emerald Three-Phase Inclusions Blog


画像提供:Tokyo Gem Science
一番上から
Myanmar Mogok Ruby-silk inclusion
Kashmir SA-fine dust line and sow flake like inclusion
Kashimir sapphire-velvety blue zoning and streamers
Sri Lanka Sapphire-Zircon halo
Sri Lanka Sapphire-Finger Print
Colombia Emerald Three-Phase Inclusions


ジュエリーアドバイザーの仕事帖

Pandemic drop 2020

−パンデミックの年、ダイヤモンドマーケットに何が起こったか−
 2020年3月、De Beersは史上初めてSight(原石販売会)を中止しました。新型コロナウイルスの世界的感染拡大で移動が制限されたことにより、一カ所に購入者を集めての販売が出来なくなったためです。この危機を受けて大手鉱山会社は「量より価格」と言う戦略をとり、顧客である研磨会社を支援して約20%の減産を行うとともに原石購入の延期を許可しました。そして需要が回復した第3四半期には原石価格を約10%引き下げました。原石会社、研磨会社共に収益が減少し原石価格は約11%下落しましたが、戦略が功を奏して研磨済み価格は3%しか下がりませんでした。原石の販売方法も顧客の多いアントワープやテルアビブに原石を送っての検品やオンラインによる販売、オークションなども試みました。今後感染が収束してもこのような移動を伴わない販売方法がある程度定着すると思われています。
Rough diamond price index and polished diamond price index

Annual production by value, $ billions

ダイヤモンドの生産量は2017年をピークに年平均5%減少し2020年は前年比20%減少しましたが、2021年には前年に休止していた鉱山の再開により2019年並に回復すると期待されています。しかし2020年にオーストラリアのアーガイル鉱山が閉鎖されたため、その増加分も相殺されることを考えると大きな増加は難しいでしょう。
Annual production million carats

 長くダイヤモンド研磨の量、金額共に圧倒的なシェアを占めているインドは2020年に原石の輸入量が23%減少したにもかかわらず、世界の研磨済みダイヤモンド製造の約95%(重量ベース)のシェアを維持しました。高品質なダイヤモンド価格の回復が顕著でこのカテゴリーを研磨している研磨業者が最も恩恵を被りました。
Net import of rough diamonds

 世界のジュエリー市場はロックダウンによる店舗の閉鎖や結婚式のキャンセル等で打撃を受けましたが、消費抑圧の反動やその他のラグジュアリー消費(旅行、体験)の代替、オンラインビジネスの拡大によって15%の減少にとどまりました。
中国市場は感染の抑え込みに成功し、経済が世界に先駆けて回復して前年比マイナス6%と健闘しました。ロックダウンが解除されると海外旅行の禁止により国内消費が興隆しSNSやオンラインストアでの販売、海南島での免税販売が急増しました。
米国市場はロックダウンの延長や制限が行われて第2四半期に株式市場が暴落し、失業率が15%まで悪化したためジュエリーの売り上げは一時40%以上落ち込みました。その後、政府がリーマンショックを大幅に上回る大型経済対策を迅速に発動したことにより雇用率が改善、加えてワクチンの普及による制限解除で第3四半期のホリデーシーズンにはジュエリー需要が急速に回復しました。日本、ヨーロッパ、インド、中東が軒並み20%以上落ち込む中、米国のジュエリー市場は対前年比マイナス15%に踏みとどまりました。
Global diamond jewelry market,


グラフと文中データはBAIN & COMPANY The Global Diamond Industry 2020–21より

ジュエリーアドバイザーの仕事帖

トライアル・アンド・エラー
「全くダメ!」と思わず声に出そうになりましたが、作ってくれた職人を前にし、言葉を飲み込みました。私の細かなディレクションに沿って職人は忠実に仕上げてくれたのでイメージ通りになっていない結果責任は自分にあります。その場は職人に感謝の意を伝えて作品を受け取りました。
 ファンシーシェイプダイヤモンドの美しさの大きなポイントは綺麗な輪郭です。美しく輝くのは当然ですが、せっかくのバランスの取れた輪郭が分からなければ意味がありません。受け取ったリングではメインストンである2カラットサイズのペアーシェイプの輪郭が周りの輝きに同化して分からなくなっていました。輝きを連鎖させてより大きな輝きを作り出すと言う意図でしたら成功ですが、この場合はファンシーシェイプの魅力が発揮されていません。
106x9 ( 2.02ct)

 悔しさから別のデザインで再挑戦しました。2カラットサイズのオーバルシェイプのダイヤモンドをマーキスシェイプのダイヤモンドで取り巻いたデザインです。マーキスシェイプの一つ一つがはっきりと分かるように適度な間隔で配置し、メインストンも間が抜けない程度の隙間を作って留めました。
しかし、結果は「またダメ!」。前回より少しは良くなりましたがメインストンが生きていません。
122x0

 そして懲りずに三度目の挑戦。1.5カラットサイズのハートシェイプのダイヤモンドの周りにペアーシェイプのダイヤモンドをあしらいました。
・・・「今度もダメ!」でした。ハートシェイプは元々ラウンドに近いため取り巻きの中で輪郭をはっきり出すのは難しいのですが、周りを比較的大きなペアーシェイプにしたため強弱も付かず埋もれてしまいました。
130X1

 三敗を喫した後は心機一転、小粒のメレーダイヤモンドでペアーシェイプのダイヤモンドを取り巻いたリングを仕立てました。メレーダイヤモンドは小粒でも良く輝くシングルカットを採用し、メインストンと絶妙な隙間を作って石留してあります。今回はバランスの取れたペアーシェイプの美しい輪郭がはっきり分かり、小粒のメレーダイヤモンドが品の良い豪華さを与えてくれています。
134X9-1

 ファンシーシェイプの輪郭を際立たせる一般的な方法は異なる輝きのダイヤモンドを組み合わせることです。下の写真ではクッションシェイプのブリリアントカットにバケットシェイプのステップカットを組み合わせることでダイヤモンドだけのジュエリーにもメリハリが出ています。
109X7(CU 3.01)

 ブリリアントカットのファンシーシェイプダイヤモンドを比較的大きなブリリアントカットで取り巻くことに挑戦してきましたが、仕上がりに納得出来なかった3つのリングが手元に残りました。その内、一つ目のペアーシェイプダイヤモンドリングは改良の余地がないので解体しました。あとの2つのリングはそれぞれオーバルシェイプダイヤモンドをルビーに、ハートシェイプダイヤモンドをエメラルドに、カラーストンをメインにして留め変えたところ、魅力あるリングとして見事に蘇りました。そして外したハートシェイプダイヤモンドはソリテールタイプにディレクションし直し、元々の際だった綺麗な輪郭を浮かび上がらせました。
122X0-1
130X1-1
130X5

 宝石の美しさを引き出すためには輝きの大きさや種類を組み合わせることが大切です。これまでジュエリーをたくさんプロデュースしてきましたが、中にはここで取り上げたような失敗例もあります。納得のいかなければコストがかかっても妥協せずに作り直す勇気を持つように努めています。私の失敗がこれからジュエリーをプロデュースする方の参考になれば幸いです。


Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ライブドアブログ