ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

「アヒマディ博士の宝石学」−宝石を科学的に解説ー

アヒマディ博士の宝石学

宝石学会で世界に発信出来る数少ない日本人研究者のアヒマディ博士が待望の1冊を出版しました。
彼は宝石の鑑別・産地同定にレーザーICPMSを世界で初めて応用して後に同法は世界のラボの必須とした実績を持っています。

内容は筆者の序章の一文に凝縮されています。

「本書は、宝石を身に着ける贅沢品として紹介するのではなく、自然から生まれた美しい鉱物結晶として解説します。最も理解すべきは鉱物結晶学的な知識や、宝石科学的な特性、成長要因と産状、そして、世界的な名産地を多くの写真を使いながら紹介していきます。さらに、宝石名の由来や歴史、処理の有無、品質や選び方などについてもまとめました。」

普段、筆者がプロに説明している時に使う元素記号や専門用語は殆ど無く、一般の方にも分かり易い内容になっています。
特に実際に産地に赴いて採掘のフィールドワークをしているので最新の産地情報が豊富に掲載されています。
筆者のモットーは情報開示なので、宝石の処理についての情報量が豊富では一般向けの書籍としては踏み込んだ一冊と言えます。

宝石業界の方のみならず鉱物や宝石、自然が好きな方にもお勧めの一冊です。

アマゾンリンク「アヒマディ博士の宝石学」2019年8月26日発売

阿依 アヒマディ博士プロフィール
理学博士
Tokyo Gem Science社 代表
FGA(英国宝石学会卒業証)を持ち、宝石学ににおける研究、教育セミナー、宝石鑑別などの技術サポートを行っている。2002年に京都大学地球惑星科学専攻の博士課程を修了し、全国宝石学協会で研究主幹として活躍する。天然、合成及び処理の研究と鑑別を行う。2011年にGIAにに入社し2012年から2016年3月まで、GIA TokyoラボのSenior Scientist及びTokyoラボのSenior Managerとして勤務。
 17年間の研究活動を通じて、宝石の天然合成の鑑別、諸宝石の原産地同定の研究やLA-ICP-MS(レーザーアブレーション誘導結合プラズマ質量分析)法の宝石学における応用を開発。多数の学術論文を国内外の学術誌に発表し、Gems & Gemology学術誌のDr. Edward J. Gubelin Most Valuable Article Awardを二度受賞、各学術学会において数dの最優秀発表賞を授与される。

あなたの知らないオークションの世界

毎日オークション電話ビット

 片手に受話器を持った10人以上のスタッフが一斉にパドルを上げて注目のロットの競りが始まった。始まる前からざわついている会場にも買う気満々のバイヤーが揃っている。ロットは12カラットのマダガスカル産 無処理(加熱の痕跡無し)のリングだ。親指の爪ほどのやや丸いオーバルのサファイアからは美しい濃淡モザイク模様が湧き出ている。透明度が高く程よい明るさのブルーは優しさも兼ね備えたジェムクオリティだ。30万円と言う格安のリザーブ価格(最低落札価格)は多くのバイヤーの食欲を刺激するには十分だ。
 オークショニア(オークションを取り仕切る人)がリザーブ価格の30万円からスタートしようとしたとき会場の中の海外のバイヤーから一気に250万円の声が上がった。気の短いバイヤーが時間短縮と格安で買おうとしていたバイヤーを振り払うための心理戦でもある。これでバイヤーは一気に3分の1ぐらいの数に落ち着いた。このように人気のあるロットはこれからが結構長い。案の定、会場にいるバイヤーと電話で参戦しているバイヤーのバトルが始まる。260万円、270万円、280万円と会場と電話の争いが続く。ここで会場に残っていた最後のバイヤーが降りた。決戦は残った電話の2人に絞られた。こうなるとオークショニアは丁寧に時間をかける。一声10万円ずつ競り上げるが、簡単にはハンマーは打たない。290万円、300万円と上がっていく。電話の1人は予算に余裕があるのか、競争相手がビットするとすぐに応戦する。もう1人は1回毎に検討する時間が長くなる。始まってから3分以上が経過している。通常このオークションでは、そこそこ競るロットでも1分以内なので長期戦だ。更に310万円、320万円、330万円と一声毎にオークショニアが防戦している方に「まだ競りますか?」と声をかけるが検討する時間がさらに長くなる。絞り出すように、340万、350万とパドルを上げるが、もう1人が直ぐに360万円と追ってきたところで遂に力尽きた。30万円のリザーブ価格のロットは最終的に360万円で落札された。
 この日のオークションは普段と違う空気が流れていた。平成から令和に変わる異例の10連休の初日に行われたために、いつもは会場に来ていた日本在住の外国人バイヤーも長い休みを故郷で過ごすため自国から電話で参加していた。いつもにも増して電話同士の争いが目立ったのはこのためだ。電話の場合、オークション会社のスタッフが現在の価格をバイヤーに伝えるが、現場の状況は想像するしかない。電話での参加は会場より冷めた目で見ることが出来る人も多いが、相手が見えないことでより熱くなる人が少なからずいる。そのような人が最後に2人残ると大変だ。「幾らで買う」より「勝負に勝つ」に変わってシーソーゲームの様相になる。
 シーソーゲームの結末が時計のように同じモデルの現行価格より高くなると残るのは後悔しかないが、一つ一つが異なる宝石では買い手によって適正価格もまちまちで、最終的な勝ち負けが曖昧なので救われる。間違いなく誰よりも高く出した結果が落札だが競争相手の多寡や強弱は時の運でもある。相場だけで決まらないのがオークションの怖さでもあり、魅力でもある。
 最後にこれを読んでオークションに恐れを抱いた皆さんに本田宗一郎さんの言葉「チャレンジして失敗を恐れるよりも何もしないことを恐れろ」を贈りたい。

Brand Jewlry 2019SUMMER-AUTUMN掲載

「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017

2014年

ダイヤモンドジュエリー国別販売金額2014

2017年

ダイヤモンドジュエリー国別販売金額2017

国別ダイヤモンドジュエリー販売金額は国力に加えてその国の若さも反映されます。
景気の波による金額の増減はありますが、米国は常にトップを走っています。
2014年に4割ほどだったシェアは2017年には5割に届こうとしています。
2017年はカナダと合わせた金額になっていますが、カナダの実質的な販売金額は5%未満と推定されます。
バブルの頃に米国に並んだ日本はバブル崩壊後にじりじりと下がって2014年に7.5%になり2017年には5%になってしまいました。
5%と言う数字の受け止め方は世代間格差があり、若い人は「5%もあるの?!」と驚き、年配の方は「そこまで下がったの」と嘆きます。
ヨーロッパは2014年にはそれぞれの国別では単独では表示されずその他に入っていました。
2017年はEUでまとめられて現われてきましたが、それでも8%程度です。
日本と同様に成熟期に入ったと考えられます。それに反して新興国は勢いがあります。
既に中国は15%以上を確保し、中東・トルコは10%程度、インドは11%から7%とシェアを落としましたがそれでも日本を上回っています。
以前は中国、香港、台湾は別でしたが、近年は3地域をまとめていることからデータ出典者の政治的姿勢がかいま見えます。
原産国での金額から研磨済みまでは1.5倍にもなりませんが、研磨済みからジュエリーになると4倍近くになり付加価値が高くなることが分かります。

Diamond Pipeline 2017以上。


データ出典:IDEX (International Diamond Exchange )Tacy Diamond Pipeline 
単位:Billion $ US$1Billion=US$1,000Million=$1,000,000,000 US1=\110の場合US$1Billionは1,100億円
雑誌JEWEL SPRING号掲載



「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017

2014年

ダイヤモンド原石国別研磨済み生産額2014

2017年

ダイヤモンド原石国別研磨済み生産額2017

国別研磨済み生産額の一位は不動のインドです。
インドのダイヤモンド研磨産業は1950年代に始まり安価な労働力と国の規制を武器に研磨業者が資本を蓄積、そのシェアを上げて2017年には他の追随を許さない8割近くに達しています。
我々が目にするダイヤモンドの多くはインド研磨のもので、小さくなればなる程その割合は増えます。
イスラエル、ベルギーと言う伝統ある研磨地はいずれ昔話になりそうです。
世界の工場と言われている中国も2014年には約15%と一人気を吐いていましたが、2017年には既に半減しています。
技術的にはインドと他の研磨地の差は殆どありません。インド以外の研磨地は特殊な形や特別高価な原石の研磨に生き残りをかけている状況です。

次回はダイヤモンドジュエリーの国別販売金額です。
果たして日本の位置は?

データ出典:IDEX (International Diamond Exchange )Tacy Diamond Pipeline
単位:Billion $ US$1Billion=US$1,000Million=$1,000,000,000 US1=\110の場合US$1Billionは1,100億円

「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017

2014年

ダイヤモンド原石供給者別2014

2017年

ダイヤモンド原石供給者別2017

原石供給者別ではDe BeersとAlrosa(ロシアの鉱山会社)で6-7割を占めている寡占状況です。
競争が少ないので価格は硬直的になります。
ダイヤモンドの流通の中では原石販売会社と小売の国際ブランドの両端の2者しか儲からないと言われる所以です。

次回は国別研磨済み生産額です。
1位と言うより1強と言う状況です。
あなたの認識は?

データ出典:IDEX (International Diamond Exchange )Tacy Diamond Pipeline
単位:Billion $ US$1Billion=US$1,000Million=$1,000,000,000 US1=\110の場合US$1Billionは1,100億円
雑誌JEWEL SPRING号掲載

Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • 「アヒマディ博士の宝石学」−宝石を科学的に解説ー
  • あなたの知らないオークションの世界
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • ライブドアブログ