ジュエリーコンシェルジュ原田信之

諏訪貿易が提供しているジュエリーの相続資産の査定・仲介のサイト「宝石ドットコム」の責任者:原田信之のブログ

プラチナ? ホワイトゴールド? ステンレス?

ジュエリーの素材として白い地金の場合は、一般的にはプラチナかホワイトゴールドが使われます。
最近は、アクセサリーとの垣根が低くなり、ダイヤモンド等の宝石を留める場合でも、シルバーやステンレスが使われています。
それらの特徴は以下の通りです。

プラチナは、変色が殆どありませんが、少し黒味がかった白色です。
ホワイトゴールドは、もとがイエローゴールドなので、どうしても黄色味が残るので通常はロジウムメッキが施されます。
シルバーは、優しく美しい白色ですが、そのままでは変色します。また軟らかいので使用による磨耗も避けられません。
ステンレスは、シャープな白色で変色も少ないのですが、堅いため加工が難しい金属です。

では、宝石の装身具としては、どの素材が適当でしょうか。
色々な考え方がありますが、トレンドではなく長く使う宝石の装身具としては、修理が可能かどうかは大きなポイントと私は考えています。
シルバーの変色は、薬品等で取ることが出来ますが、リングやブレスレットのように物と当たる可能性の高い装身具の場合は磨り減ってしまいますので、高価な宝石には避けたい素材です。
ステンレスは、磨耗は少ないのですが、石取れ等の問題があった場合に爪を起こして再度倒すと硬過ぎて折れてしまうことがあります。
プラチナとホワイトゴールドは、粘りがあり、殆どの場合修理は可能です。やはり伝統的な貴金属に軍配が上がるようです。
では、プラチナとホワイトゴールド何れが良いのでしょうか。
プラチナは、ゴールドよりも比重が重いので、軽さを必要としている大きなブローチやイヤリングには不利ですが、本来メッキを必要としないので、リングのように磨耗が心配な装身具には最適です。
メッキが施されたホワイトゴールドのリングは、長く使用していると手のひら側からだんだんとメッキが剥がれて、やや黄色いホワイトゴールド本来の色が露呈します。
正しいか否かは別にして、何れ剥げると分かっているものにメッキをすると言う行為が私は、好きになれません。
一方、メッキをすると白いダイヤがいっそう白くなると言う効果がありますが、全体にかけるのはどうかと思います。
いつの日か、ダイヤの白さを引き出すために、剥げる心配のないダイヤの周りだけにメッキをかけたジュエリー作りに挑戦したいと思います。
以上の点から、大きなブローチやイヤリングを除いては、プラチナが良いと思います。
宝石が主体の装身具は、費用に占める貴金属価格の割合は大きくないので、是非プラチナを使ってもらいたいものです。
しかし、より白く又はロウ付けの跡を隠す目的でプラチナ製品の殆どにもロジウムメッキが施されています。
程度の差はあれ、メッキなので、何れは剥げてしまうのでホワイトゴールドと同じ問題を抱えています。
因みに私がプラチナのジュエリーのディレクションをするときは、メッキをかけないようにしています。

高台寺 和久傳

京都では「高台寺 和久傳」さんの個室で夕飯をいただきました。
近くの「菊の井」さんとはまた違った表現で京料理を堪能いたしました。
何れにしても、京都は和食のルーツであり、最高峰です。
次回は、冬に名物の蟹をいただきに来たいと思います。
ご馳走様でした。

品書きがありませんので、覚えている限りいただいた作品を記します。

○先付:稚鮎と浜防風のゼリー寄せ(煮こごり?)
 とても上品で繊細、このサイズの稚鮎はまったく苦味がありません。

○椀:豆腐、わかめ、蛤のお吸い物
 蛤の味よりダシを強調、豆腐はあまり豆乳臭くなくあっさり。

○向付:大トロの炙り
 炙り過ぎず、まるでステーキのよう。

○大徳寺麩と山葵の花の胡麻和え
 まるで肉のような麩は正に精進料理。
 山葵の花は言われないと分からない微妙な風味。

○焼き物:姫路のアナゴ、朝採れの筍、鯛の白子
 何れも厳選素材ですが、特大サイズの切り身を骨切りして、
 皮を香ばしく焼き上げたアナゴは、絶妙に火が通り中 
 がふっくらして、今回最高の逸品です。
 部屋に炭を持ち込んで、目の前で焼き上げるサービスは、
 ミシュランの三ツ星レストランも遥かに及びません。

○山椒の花とともに頂く牛のしゃぶしゃぶ
 たっぷりの山椒の花が一呼吸置いて舌を刺激します。

○ご飯:白魚の卵とじご飯、香の物
 4種類から好きなだけ選ぶことができますが、私は白魚を選びました。
 三つ葉を千切りに散りばめてあり、卵が生過ぎず、火が通り過ぎず、
 ホッとするご飯です。

○果物:チェリモア ドリアンから臭みを取ったような濃厚なフルーツ

○蕨もちと薄茶
 きな粉が香ばしい一品。濃茶ではなく薄茶が合います。

世界が注目する「自然」を表現する料理から学んで装身具作りに少しでも生かしたいと思います。

京都

芦屋の友人に招かれて、山桜の観桜会に行きました。

良い機会なので、途中、京都の嵐山に庭を見に行ってきました。

記憶に残った風景をいくつかご紹介します。


「天龍寺方丈からの曹源池庭園」
石の配置の妙を感じます。
嵐山 天龍寺 曹源池庭園







「ご存知嵐山の竹林」
とても写真では伝えられません
嵐山 竹林












「藤の花」
季節の花も京都で見ると違って見えます。
藤の花








「祇王寺 虹の窓」
苔に覆われた庭はすばらしかったのですが、写真で表現が出来ませんでした。
この窓には日本の美意識が現れています。
祇王寺 虹の窓

刻印が物語る品質

誰にでも出来るジュエリーの見分け方はないものだろうか。
ジュエリーを査定しているとそのヒントが見えてくる。
それは、裏側の刻印を良く見ることだ。
 殆どのジュエリーには金やプラチナの純度を示すものは打たれているが、その以外は石目方だけのものが大半だ。
残念ながら、そのようなジュエリーが最高の品質であることは稀である。反対にメーカー、小売店の打刻がされているものに高品質のものが多い。
但し、メーカーが自社の製品を管理するために付けている記号のようなものはその限りではない。
消費者が見て、どこのジュエリーか直ぐ分かることが前提だ。
 さらによく見ると一流メーカーの打刻がある欧米のジュエリーには石目方が入っていない。
それからは、あたかも「品質は我々が保証します」と主張しているようだ。
反対に石目方しか入っていないジュエリーは、重さしかアピールすることがなく、「品質には責任持ちません」と言っているようである。
 消費者は、メーカーの刻印の有無を品質の目安にすると良い。
また、自信のあるメーカーは、積極的に自社の名前を入れてアピールするべきだ。

続バーゼルショーリポート

既報のバーゼルショーリポートの続編が出来ました。

レポーターの最後のまとめが硬いのは、社風です。

続バーゼルショーリポート



Profile
Archives
ギャラリー
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • Van Cleef & Arpels Mastery of an Art残り10日
  • あなた知らないオークションの世界
  • ライブドアブログ