ジュエリーコンシェルジュ原田信之

諏訪貿易が提供しているジュエリーの相続資産の査定・仲介のサイト「宝石ドットコム」の責任者:原田信之のブログ

イタリア万歳!!

今日は、宝石の話ではありませんが、最近読んだ本で溜飲が下がったくだりがあるのでご紹介します。
著者は、スローフード運動で有名な島村奈津さん。
本のタイトルバール、コーヒー、イタリア人
出版社:光文社新書
価格:¥720

イタリアには、スターバックスがないそうです。
本当にイタリアに進出できずにいるのか著者がイタリア飲食業協会に問い合わせをした結果、以下のような返事が来たそうです。
その返事が傑作で、我々の仕事にも繋がっているように思えました。以下原文をそのまま載せます。

 イタリアには、スターバックスの支店はございません。
と申しますのも、あのような規模の企業が、私どもの国に投資する意味がないと言う事情によるものでしょう。
つまり、こういうタイプの企業は、その過程においても、商品そのものについても、正確で厳しいマニュアルに従って生み出されたものであり、どうしても、スタンダードなものにならざるを得ないわけです。
 私どもの国は、食べ物との関係をとりたてて大切にする社会です。
それは同時に、食品とレシピの多様性、そして伝統とのつながりを大事にしており、そのことが、世界におけるイタリア料理の価値を高めているのです。
 チェーン店の融通の利かなさは、こうしたヴァラエティに富む世界にはなじまないものです。チェーン店のマニュアルが、この国においては必要不可欠イタリア化と言う“汚染”を受け入れない限り、難しいでしょうね。
 例えば、マクドナルドが、そのメニューにパスタやピッツァ、大きめのサラダといったイタリアの伝統料理のメニューを少しずつ加えていき、さらには、それを世界の他の地域にまで紹介していったようにです。
 スターバックスに限っていえば、イタリアにないもう一つの理由は、私どもの国には無数のバールが存在していますし、彼らが経済的に潤えるような隙間が見当たらないということもあるでしょう。
唯一、進出してくるとすれば、すでにあるバールを買収していくことしかないでしょうが・・・・・。



 因みに私は、スターバックスへは殆ど行きません。コーヒーよりも紅茶が好きなことと、たまに飲むエスプレッソに関してもスターバックスと味覚の方向性が合いません。
皆さんは、如何でしょうか。

合成ダイヤモンドのグレーディングレポート

今年からGIA合成ダイヤモンドのグレーディングレポートを発行し始めました。

鑑別結果は業界で古くから使っているシンセティック ダイヤモンドではなく
Laboratory grown(ラボラトリーグロウン)としています。
消費者が少しでも天然のイメージを持たないように言葉を選んだようです。
業界も合成ダイヤモンドが存在するのは事実で、しっかり天然と区別されるためには必要と考える方が多いようで概ね前向きに受け止めているようです。
門を閉ざすと合成を作る側からの情報が遮断されるへの不安が鑑別会社にはあるようです。
また、レポートの要所に黄色を使って天然ダイヤモンドのレポートとはっきり区別しています。

鑑別結果の言葉は歓迎ですが、合成ダイヤモンドにグレーディングレポートを発行することには反対です。
鑑別のレポートならば分かりますが、価値に繋がる稀少性の一部を判断するレポートを、いずれは思い通りの品質を作ることが出来るであろう合成ダイヤモンドにつけること自体意味がありません。
科学の進歩によりDカラーであろうと、Fancy Vividであろうと自由に出来るはずです。
また、設備さえ作ってしまえば、コストはどんどん下がっていきます。

合成ルビーの歴史を考えるとヒントになるかもしれません。
合成ルビーは既に100年も前に出来ています。
当初は、鑑別方法が分からず、天然と同様な価格で取引されていたと思われますが、鑑別技術が確立したことと、工場で大量生産が進んだ結果、現在では、どんな色味でも安価で販売されています。
素材の価格より研磨賃の方が高い場合もあります。
もし、合成ルビーのレポートに カラー:ピジョンブラッド クラリティー:VVS1と記されていても有難がる人がいるでしょうか。

誤解のないように、付け加えておきますと、現在は結晶の成長の軌跡を調べること等で天然か否かの鑑別は可能です。
ただし費用がかかりますので、ある程度のサイズと品質のダイヤモンドに限られます。それより小粒は、個々の会社のトレーサビリティー(追跡可能性)に頼らなくてはなりません。

「宝石の稀少性」 

まとめです。

装身具として価値があり稀少性の高いサイズは、少なくとも1カラットサイズ以上、出来れば3カラットサイズ以上であれば理想、と言うのが私の意見です。

DTC(以前のDe Beers)の原石販売でも研磨済みで2カラットが研磨できる原石は、複数が一袋に入ったロットで行われますが、研磨済みで3カラット以上に上がる原石は、1個、1個が個別に販売されます。この事実を見ても3カラット以上の稀少性が高いことが分かります。

昨今のブームでファンシーカラーのダイヤモンドは、1カラット未満でも色の濃いものは大変高価ですが、私にとってはファンシーカラーダイヤモンドも例外ではありません。
これは、あくまでも国際的な再流通市場での価値から考えたもので、コレクターの方の価値を否定するものではありません。

クリスティーズ下見会

昨日、5月に行われる香港クリスティーズの下見会に行ってきました。

15ct D IF MQ Type a









今回のダイヤモンドの目玉は、15カラットのマーキスダイヤモンドです。
Dカラー IF タイプa 
落札予想価格 US$850,000〜$1,200,000
透明度が非常に高く、まるでロックアイスのようなダイヤモンドでした。

その他では、ロットNo.2097の4カラットのビルマ産 ルビーが特別に目を引きました。

Ruby 4.10ct







もちろん無処理です。
今まで見てきたルビーの中でも透明度は群を抜いています。
バルジも少なく、程よい浅さが私好みでした。
落札予想価格は US$245,000〜$350,000です。
この品質のルビーは、殆どないので、高い安いはいえませんが、
1カラット当たり約1,000万円です。
同じサイズのダイヤモンドで最も高いものを遥かに凌ぎます。
国際的には、無処理のルビーの大粒で高品質なものの高騰が続いています。
正直なところ、価格についていけません。
このサイズでも欧米のトップジュエラーにとっては少しサイズが小さいので、意外に競らないかも知れません。
チャンスがあれば良いのですが。

残念ながら写真は、載せられませんが、暫くするとウエッブカタログでも情報を見ることが出来ます。

実際のオークションは、5月30日に香港で行われます。
私も参加を予定しています。
ブログでご報告します。


ジュエリー相談室

ジュエリー相談室にジルコンについて問い合わせをされたC.I.様

メールが戻ってきてしまいました。
正確なアドレスをお送りください。


Profile
Archives
ギャラリー
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 「自分でできるジュエリーの品質判定」セミナー開催
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • ライブドアブログ