ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

エメラルドカット ダイヤモンドのチェックポイント 

ラマトガンのダイヤモンド取引所イスラエルのダイヤモンド取引所は4つ大きなビルから成っています。
写真に写っているビルは代表的な2つの取引所です。
左がマカビ、右はシムションです。
4つのビルは通路で繋がっていて行き来が自由に出来ます。
セキュリティは、各国にある取引所の中でももっとも厳しく、
登録が必要で、登録後は写真つきのカードを身につけることが義務付けられます。
他の取引所の多くは、行き先を告げてパスポートを預けるだけです。





エメラルドカット
今回も、大粒のダイヤモンドの買い付けが主な目的です。
マーケットに呼びかけて、5〜8カラットのエメラルドカットが集まりました。
ハイカラーで5つも一時に集まるのは、2年ぶりです。まずは、ルーペを使わずに美しさを確認します。



このときにチェックしているのは、以下の4点です。

1.輪郭(縦横のバランス、コーナーの大小)
2.透明度
3.彩度(純色の度合い)
4.モザイク模様(白黒のパターン)のバランス

次に縦横深さを測って、バランスの確認とトータルデプスを算出します。
私の場合は、このトータルデプスがもっとも大切です。
64%を超えるものは、この時点で手を出しません。
出来れば60%を切るものを優先します。




手のひらにのせる次に指に乗せて、指輪にセットした感じを素早くチェックします。
通常は、手のひらではなく反対の指の間に置きます。
今回は写真を撮る都合上手のひらに置いています。
皆さんには、大きさのイメージがつくと思います。
ただし、私の手は日本人の中で特大サイズなので見た目より少し大きいと思ってください。
どれも、長辺が1センチを超える大きさです。




カラーをチェック特別に白い紙の上に載せて、カラーをチェックします。
黄色や茶色や灰色の明暗度を見るのです。
この場合は、どれも無色の範囲ですが、一つ一つが異なるので注意深く見ます。
利き目によって、右と左で濃く見えたり薄く見えたりしますので、
左右に置き換えながら見ていきます。
写真では伝わりませんが、左端のものが一番無色です。



ここまでチェックしてから初めてルーペで不完全性をチェックします。
ブラックインクルージョンや性質の悪いクリベージ、ナチュラルを含む欠けの有無を見ていきます。


チンボックスでチェック次は、チンボックス(ガラスの箱)に入れてチェックします。
このとき見ているのは、

1.再度、モザイク模様のバランス。
2.キュレットのずれやコーナー等の対称性
3.フェイスアップでのカラー

直接見るより、ガラス越しの方が上記の項目がはっきりします。



仮枠でチェック1仮枠でチェック2







仮枠でチェック3
最後は、仮枠(鉄製)で実際にリングに仕立てた際の輝きの感じや大きさのバランスを見ていきます。
特に3つ目の横から見たときの爪とダイヤモンドの隙間は重要です。
お尻の重たいダイヤは、この隙間が少なくなります。
そうすると爪を絞り込むことが出来ず、エレガントなジュエリーに仕上がりません。







以上が大粒のエメラルドカットを買うときに見ている最低限のポイントをまとめました。

この中の一つでも買えればよいのですが。


テルアビブ出張

テルアビブの海岸








7年ぶりにテルアビブに来ています。

治安が悪い

バイヤーが来ない

ニューヨークや香港のオフィスで代わりに販売する業者が増える。

ますます、商品が少なくなる。

更にバイヤーが来ない

と言う悪循環に加えて、
工賃の割合の高い小粒のファンシーシェイプが
人件費の安いインドにシェアを奪われると言う状況も加わり、
どのようにこの状況を打開しているのか確かめるために来ました。

こちらは、季節の移り変わりで雨季にあたります。
と言っても最高気温が20度ぐらいで雨さえ降っていなければ日本人にとって
さわやかな初夏のような快適な気候です。

Making 3カラットサイズ ルビー ダイヤモンドリングΑ欖粟− 

ブログに掲載してから約2ヶ月で終に完成形です。
宝石を揃える事から考えると半年以上経過しています。
ルビーの爪をイエローゴールドの2本爪(イーグルクロウタイプ)からプラチナの1本爪で先端を小さく丸く仕上げたものに変えました。
全体がすっきりして、ルビーそのものが強調されました。
まるで、ダイヤモンドの上にルビーがチョコっと載っているようです。
前回のイエローゴールドの爪のものと比較すると温かみが欠けているように見えるかも知れませんが、現物はとてもすっきりと高貴な感じすらしています。
爪を変えて大成功です。
色々な角度からの写真をご覧ください。

3ct UT Ruby Dia Ring Complete front view








3ct UT Ruby Dia Ring Complete side view








3ct UT Ruby Dia Ring Complete bird's eye view








3ct UT Ruby Dia Ring Complete Uper and Lower Bezel








如何でしたか。
ご意見をお待ちしております。

Making 3カラットサイズ ルビー ダイヤモンドリング
Making 3カラットサイズ ルビー ダイヤモンドリング
Making 3カラットサイズ ルビー ダイヤモンドリング
Making 3カラットサイズ ルビー ダイヤモンドリング
Making 3カラットサイズ ルビー ダイヤモンドリング




10カラット以上のダイヤモンド

10ct UP Diamond







気合を入れてブログスタートです。

写真は以前に査定・仲介した大粒ダイヤモンドです。

10カラットから20カラットでどれも億を超える逸品でした。

日本人としては特大の私の手のひらでも、これだけの存在感です。

やはり、価値を決定するのは「美しさ」「大きさ」です。

皆さんは、過去にどんな大粒の宝石に出会いましたか。

Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • マリリンモンローの「バローロの月」再び!
  • マリリンモンローの「バローロの月」再び!
  • あなた知らないオークションの世界
  • あなた知らないオークションの世界
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界
  • ライブドアブログ