ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

クリスティーズ下見会

昨日、5月に行われる香港クリスティーズの下見会に行ってきました。

15ct D IF MQ Type a









今回のダイヤモンドの目玉は、15カラットのマーキスダイヤモンドです。
Dカラー IF タイプa 
落札予想価格 US$850,000〜$1,200,000
透明度が非常に高く、まるでロックアイスのようなダイヤモンドでした。

その他では、ロットNo.2097の4カラットのビルマ産 ルビーが特別に目を引きました。

Ruby 4.10ct







もちろん無処理です。
今まで見てきたルビーの中でも透明度は群を抜いています。
バルジも少なく、程よい浅さが私好みでした。
落札予想価格は US$245,000〜$350,000です。
この品質のルビーは、殆どないので、高い安いはいえませんが、
1カラット当たり約1,000万円です。
同じサイズのダイヤモンドで最も高いものを遥かに凌ぎます。
国際的には、無処理のルビーの大粒で高品質なものの高騰が続いています。
正直なところ、価格についていけません。
このサイズでも欧米のトップジュエラーにとっては少しサイズが小さいので、意外に競らないかも知れません。
チャンスがあれば良いのですが。

残念ながら写真は、載せられませんが、暫くするとウエッブカタログでも情報を見ることが出来ます。

実際のオークションは、5月30日に香港で行われます。
私も参加を予定しています。
ブログでご報告します。


ジュエリー相談室

ジュエリー相談室にジルコンについて問い合わせをされたC.I.様

メールが戻ってきてしまいました。
正確なアドレスをお送りください。


「宝石の稀少性」 

理論的に考えると前回のブログのようになりますが、実際に本当に稀少な宝石とはどんなものでしょう。

私は、以下の2点からサイズが大切な要素と考えています。

.ークション等の再流通市場での価格=人気度
∩身具としての価値

,虜椴通市場では、商品が持っている本来の価値があぶり出されます。
たとえば、メレーダイヤモンドがプラチナや18金にたくさん留められた豪華なリングを3百万円で購入して、オークションに出品しても恐らく5分の1〜10分の1程度の価格で落札されることが多いのではないでしょうか。
有名ブランドでも、そのスタイルの流行が終わっていると程度の差こそあれ傾向は一緒です。
再流通市場では、業者も参加するので中間マージンや分かりづらい工賃は考慮されません。
では、同じ3百万円で1.5カラットのマーキスシェイプのダイヤモンドソリテールリングを買っていたらどうでしょう。
流通マージンによりますが、メレーダイヤのジュエリーより有利な価格で落札されることが多いのが事実です。
これは、メレーダイヤのジュエリーは、同じようなものがたくさん作ることが出来るのに対して、1.5カラットのダイヤモンドの量は限られていることに対して市場が出した答えです。
△料身具としての価値も再流通市場での価値に繋がります。
国や地方で宝石の好みは異なりますが、宝石は国際商品なので、長期には国際価格に収斂します。
日本人は、メインストンリングでも欧米より小粒で高品質が好まれると業界の方が良く言われます。
このようなジュエリーは、日本のオークションでは取り扱われますが、決して出品者にとって良い価格はつきません。
これは、宝石の価値以前に宝石のサイズとジュエリーのスタイルが合っていないことが要因です。


バーゼルショーリポート

Basel Show







残念ながら、体調不良でバーゼルショーには行くことが出来ませんでしたが、
代わりに私の友人(同僚)が動画でリポートしています。

ご興味がある方は、下記よりご覧ください。

バーゼルショーリポート


「宝石の稀少性」 

前回のブログで「ダイヤモンドのファンシーカラーでもカラーレスでも、更にはカラーストンも含めて小粒の宝石の稀少性は、もともと高くない」と記しました。
この表現は、物議を醸すだろうと思いましたが、いずれ触れなくてはならないと思い、承知で使いました。案の定、いつも読んでいただいている方から質問がありましたので、これから3回に分けて、私の考えを記しますので、皆さんも一緒に考えてみてください。

まず、宝石の「稀少性」とは何でしょう。

 峪砂侘漫廚少ないこと。
◆峅然福廚高いこと。
「美しい」こと

どれも稀少性を構成する要素です。
,痢峪砂侘漫廚篭ゝ訛Δ量簑蠅任后
産出量は宝石ごとに異なります。
産出量が少なくても一握りのコレクターに人気のある宝石は、高価ではありません。
反対にダイヤモンドのようにある程度量が採れる宝石でも、欲しい人が多い宝石は高価です。
欲しい人=「需要」側、と「供給」側のバランスで△硫然覆決まってきます。
「美しさ」は宝石ごとに異なります。
アメシストの美しいものとルビーの美しいものの産出量に占める比率(出現率)はアメシストの方が高くなります。
「美しく稀少なもの」が「宝石」ですが、宝石種ごとにその稀少性は異なります。
Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • 「どうなる?ダイヤモンド価格。」
  • あなたの知らないオークションの世界
  • あなたの知らないオークションの世界
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • ライブドアブログ