ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

Rockefeller-Winston Emerald

18.04ct Colombian Emerald Diamond Ring by YARD

6月20日(火)に行われたChristie's New Yorkのオークションでロックフェラー家に伝わる有名なエメラルドが出品され、エメラルドの1カラット当りの価格のオークションレコードで落札されました。
落札者はHarry Winstonで、Rockefeller-Winston Emeraldと命名されました。
このところHarry Winstonによる歴史的な宝石の落札が続いています。
買い易い価格路線を進むと思われていましたが、原点回帰でしょうか。

エメラルド
コロンビア産
18.04ct
処理:透明度の改良の痕跡なし(Gubelin&AGL)
リングYARD製
落札価格(手数料込み):$5,511,500(約6億円)
1カラット当り$305,500(オークションレコード)
落札者:Harry Winston

私も実際に下見会で見てきましたが、私がこれまで見たコロンビア産のエメラルドの中でも最高の品質です。

由来を以下に記します。

2代目John D. Rockefeller氏は1930年にニューヨークの美術商を通して個人が所有していたエメラルドのブローチを購入しました。
その当時でもこのサイズのエメラルドでこれ以上の品質は見た事がないと美術商がコメントしています。
ブローチはVan Cleef & Apel製ではないかと言われています。
Rockefeller氏はブローチを妻のAbby Rockefferにプレゼントしました。(下のポートレート参照画像:Natasha Kuzmnovic著のYARDより)
Portrait of Abby Rockefeller

Abby Rockefellerが亡くなった後にブローチは解体され子供たちに分けられました。
中心の一番大きなエメラルドは今年3月20日に101歳で亡くなった3代目 David Rockefeller氏が受け継ぎRockefeller家のお抱えのジュエラーYARDによってリングに作りかえれてました。(上の画像参照)


YARDとYARDのジュエリーについてはNatasha Kuzmnovic著のYARDに詳しくあります。
ご興味のある方はご購入ください。
YARD book

ご購入はこちらから。

Christie's Hong Kong

5月30日、クリスティーズ香港のオークションが開催されました。
結果は約80百万ドルと落札率約70%と言う結果でした。

以下に私のコメントと落札金額トップ10のリストとトップ6の画像を張りました。

 月初の目をみはるジュネーブの結果を受けて楽観的なムードで始まったクリスティーズの香港のオークションはロットが進むに連れて重たい空気が漂ってきました。
 前回まで異常な高値が続いていたビルマ産の無処理(加熱の痕跡無し)ルビーの不落が目立ち、サファイヤもカシミール産の様な特別に稀少性の高いものを除いて冴えません。翡翠は幾つかの1億円を超えるものは何人かの顧客によってどうにか買い支えられましたが不落が多く、中国本土の経済の停滞が続いている事を印象付けました。
ロットが進むに連れてリザーブ価格ぎりぎりでの落札が続き、最終的に約70%の落札率をキープ出来たのはオークション会社の対応力によるものです。落札総額約80百万ドルは国際オークションの結果として決して悪いものではありませが、幾つかの数億円のロットが落札されなかったら全く違う結末となったでしょう。
 その様な状況の中で、これからのオークションの方向性を示す良い兆候も見られました。前半の最後に企画された香港で指折りのジュエリーデザイナーによる作品はどれも魅力的で10作品全てが落札されました。特にCindy ChaoとEdomond Chinの作品は人気が高くリザーブ価格を大きく上回り、二人の作品はリザーブ価格の2倍から3倍と言う高騰ぶりです。素材の力は不可欠ですが、それを更に引き出すプロデュース力が問われる局面になってきました。

オークション結果ベスト10


coloured_diamond_ring_by_moussaieff

jadeite_bead_and_diamond_necklace

emerald_and_diamond necklace_by_edmond_chin

diamond_ring_by_harry_winston

sapphire_and_diamond_bracelet

pair_of_coloured_diamond_and_diamond_earrings




ラフダイヤモンド ジュエリーコンテスト 2017

ラフダイヤモンドコンテスト2017

今年も諏訪貿易が主催しているラフダイヤモンドジュエリーコンテストがやってきました。
ダイヤモンドの原石のジュエリーをテーマに重ねて今回で8回目になります。
ようやくジュエリーコンテストとして認知され始めました。
ダイヤモンドの原石ジュエリーも唯一無二の自然を身に着けたい方に支持されて徐々に広まっています。
De Beers Daimondsのタリスマンコレクションはブライダルのラインも揃えて更なる広がりを見せています。
応募要項は下記のページをご覧ください。
8th Annual SUWA Rough Daiamond Jewelry Contest
原石の動画を見るだけでも大自然を感じます。
ページの最後に過去のコンテストの受賞作品や選考風景が掲載されていますので参考にしてください。

金メダル剥奪!?

モゴック産ルビー無処理ルビー

国際オリンピック委員会(IOC)は25日、2008年北京五輪のドーピング再検査の結果、陸上男子短距離のネスタ・カーター(ジャマイカ)が禁止薬物に陽性反応を示したため、失格処分にしたと発表した。(金メダル剥奪)
当時の検体を最新の技術で再検査した結果禁止薬物が検出されたとするニュースが流れました

このニュースを聞いて宝石も同じだと思いました。
宝石の鑑別も現在行える最新の検査での結果です。
殆どの鑑別書はその旨が注意書きで記されています。
宝石の種類が変わる事はめったにありませんが、処理と産地の判断はその時の最新の技術で判断された結果です。
将来鑑別技術の進歩で変わる事もあります。
また処理や産地の鑑別結果はそれぞれのラボの意見なのでラボによって異なる結果が出ることも珍しくありません。

では買い手は何を信じれば良いのかとなります。
その答えは「誰から買うか」です。
本物のプロは、産地や処理の鑑別結果の前に美しいかどうか、産地の特色が出ているかを判断します。
幾ら無処理で稀少性の高い産地のものでも美しさに欠けていたら本末転倒です。
美しさを見極めた上で産地や処理の情報が自分の基準に合っているかも確認します。
決してレポートの鵜呑みはしません。
そのように見極められた宝石は鑑別技術が進歩しても異なる結果が出る可能性が低くなります。
やはり宝石は「幾らで買うか」ではなく「誰から買うか」が大切です。

同様にレポートに「ピジョンブラッド」とか「ロイヤルブルー」と記されていても美しくなければ意味がありません。
反対に「ピジョンブラッド」とか「ロイヤルブルー」とレポートに記されていなくても美しいものもあります。
くれぐれも「鵜呑み」は禁物です。

画像は透明度が高く美しいモゴック産のルビーのリングです。


あなた知らないオークションの世界

Chrisitie's Auction

 「縁がない世界!」「素人には無理!」「何か怖い!」どれもライブオークション(注)に対する大方の反応。
ネットオークションに慣れている若い人もライブオークションには二の足を踏む。

 オークションを理解するうえで大切なのはリザーブ価格だ。
リザーブ価格は最低落札価格の事でその金額未満では落札できない金額である。
本来オークションはノーリザーブであるべきだが、出品を促進するための保険として設定される。
オークションでのリザーブ価格は宝石が持つ本来の価値が主な構成要素で様々な費用やマージンが加わる卸価格とは異なる。当然店頭価格の数分の一と言うものも出てくる。リザーブ価格は工賃やブランドの人気も殆ど考慮しない。
ブランドや手の込んだ細工の物も人気があれば自然と競り上がるので市場にまかせるのがオークションだ。
反対に人気がなければ思わぬ安値で落札されることもある。
実績から人気の乏しい物やリザーブ価格が低すぎるものは幾らでも落札できるノーリザーブとして出品される。
日本語では「成り行き」と表示されるので理解しやすい。

 ネットオークションとの一番の違いはリザーブ価格の設定を出品者ではなくオークション会社が行うことだ。
リザーブ価格からどのぐらいがまでが適当か範囲を示す見積価格も表示される。
専門家が真贋も含めて査定をするので、金額に安心感がある。
見積価格の範囲内で落札できればもしかして高い買い物をしたのではと言った猜疑心を持つこともない。
もちろんオークションなので、どうしても落札したい人が2人以上いた場合は思いがけない金額まで跳ね上がる事はたまに起きる。
良い点としてはオークションで買ったものは殆どのケースで再度オークションに出品できるので、飽きたら売ってしまおうと考えれば気楽に考える事が出来る。
販売手数料は必要だが、客観情勢に変化がなければリザーブ価格は変わらない。

 欧米ではオークションが生活に根付いている。例えばパリには公営のオークションHotel Drouot(オテル・ドルーオー)があり、家具、道具、雑貨等殆ど全てのアイテムが日々オークションにかけられる。
フリーマーケット同様に買い物の一つの手段として気軽に利用されている。
もちろんジュエリーもある。
オークションの世界ではジュエリーは絵画に次いで人気だ。
気軽に着けられるものから資産性の高いものまでオークション会社の格に応じて品揃えされる。

 オークション会社は国際オークションとローカルオークションの大きく2つに分類される。
国際オークションは世界の大都市でオークションや下見会を開催し世界中の富裕層が主な顧客だ。
中でも200年以上の伝統のあるChristie’sとSotheby’sが有名だ。
国際オークションは輸送費や関税等の費用がかかるので結果として高額品が多くなり価格帯は500万円以上がメインで落札上位は2億円以上と桁が違う。
ローカルオークションは各国に複数のオークション会社があり国内で開催されるため費用の面では有利で手数料も国際オークションに比べれば低く設定されている。
価格帯も数万円から数千万円と幅広い需要に応えている。
(注) 会場で競る古典的なオークション。ネットオークションと区別するための呼称。
次回は国際オークション開催地に於ける商品の特色等について解説します。(2017年7月発売予定)
以上、ブランドジュエリー2016 WINTER-2017 SPRINGに掲載された記事です。



Profile
Archives
ギャラリー
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 「自分でできるジュエリーの品質判定」セミナー開催
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • ライブドアブログ