ジュエリーコンシェルジュ原田信之

諏訪貿易が提供しているジュエリーの相続資産の査定・仲介のサイト「宝石ドットコム」の責任者:原田信之のブログ

The Blue Moon diamond

The Blue Moon Diamond

Blue Moonとは英語の慣用句の"once in a blue moon"「極めてまれに」から命名され、ひと月に2度現れる満月又はまれに月が青く見えることに由来しています。
関連は不明ですが、日本にも「月がとっても青いから・・・」と言う歌があります。

The Blue Moon diamondは2014年1月に南アフリカのCullinan鉱山で発見されました。
Cullinan鉱山は多くのType競瀬ぅ筌皀鵐匹鮖蚕个垢襪海箸巴里蕕譴討い泙后
最も有名なダイヤモンドは1905年に発見されて英王室の所有しているCullinan Diamond1の545.67ctとCullinan Diamond2の317.40 ctで未だカラーレスダイヤモンドの歴代1,2の大きさを誇っています。

The Blue Moon diamondの原石の重さは29.62カラットで発見後1ヵ月後にCora International LLCが$25,600,000で購入しました。
当時の原石における1カラット当たりの最高価格を記録しました。($864,280/ct)
The Blue Moon Diamond Rough


Cora International LLCは数ヶ月を費やして12.03カラットのクッションシェイプ に研磨し、GIAでFancy Vivid blue、Internally Flawlessとグレードされました。
The Blue Moon Diamond Polishing

特徴は類まれな濃く彩度の高いブルー(Fancy Vivid blue)とほぼ無傷(Internally Flawless)に加えてオレンジーレッドの強い燐光を発することです。
紫外線短波を当てた後に約20秒間オレンジーレッドの燐光を発します。
この現象は非常に珍しくインドの伝説的な鉱山(集荷地)Golconda産のブルーダイヤモンドであるthe Hopeやthe Wittelsbach-Graff diamondsにも見られます。
燐光


The Blue Moon diamondは昨年9月13日から今年の1月6日までthe Natural History Museum of Los Angeles Countyに展示されていました。


このThe Blue Moon diamondが11月11日のSotheby'sのジュネーブのオークションに登場します。
見積価格は$35,000,000-$55,000,000です。
もし上限価格に近くなればダイヤモンドのオークション価格の記録となります。
もし上限に達したら現在の日本円で約66億円以上になります。
出品者にとって約1年で25百万ドルが35百万ドルになるか55百万ドルになるか投資の結果が出ます。
あまりに現実味のない価格ですが、不透明な経済状況下で現物資産重視の傾向が続くかの試金石となります。

All photos c Cora International

Hong Kong Show Sep 2015 Report

Honk Kong Show Sep 2015

 中国の景気変調が引き金になって世界経済に不透明感が漂う中で行われた今回の香港ショーは「最悪を覚悟したが、そこまで悪くなかった。」と言う出展者から良く聞かれたコメントが状況を物語っています。
 このショーを世界最大級に育てた中国からのバイヤーは期待以上の人数が来場していましたが、元気がありません。
急激な需要の減少に出張のスケジュール調整が出来ず来場してしまった感が強く、時間をもてあましているようにも見えました。

 ダイヤモンドは中国の需要減の影響を最も受けて、価格の下落が顕著です。
全体的にはここ数ヶ月で1割程度が値下がりし、特に中国からの需要の大きかったラウンド、0.3カラット、GHカラー、VS-SIクラスは3割も下がっているにも拘らず、反動で人気が出た同品質の0.25カラットサイズと価格が逆転しても売れない状況です。
同様に会場には形、サイズを問わずD IF(FL)が目立ちます。異常な原石価格の高騰から研磨業者は最大限の結果を求められています。
結果VVSクラスに対し過度なプレミアムがついているIF(FL)を研磨せざるを得ない状況となり、研磨技術の進歩も伴って多くのD IF(FL)を生んでいます。
0.3カラットの価格もD IF(FL)の問題も4Cの呪縛が根底にあります。

 カラーストンはアイテムや品質で好不況が分かれています。アイテムではレッドスピネルが好調です。ビルマ(ミヤンマー)産の小粒のものやタンザニア産の大粒まで価格も強く、活発に取引されています。
モザンビーク産のルビーはもはやニューフェイスではなくなり、低品質(加熱)のものは既に値下がりしていますが、大粒の無処理(加熱の痕跡を認めず)の価格は強く、無色ダイヤモンドの価格を上回ってしまったビルマ(ミヤンマー)産の価格とのバランスでバイヤーは悩んでいます。

 インドの研磨業者で話題になっていたのは、アントワープのラボHRDが開発した、メレーのソーティングマシンです。合成や高温加熱処理の可能性のある無色(D)からほぼ無色(J)のメレー(0.01-0.20ct)を全自動で毎秒3個、1時間に10,800個のハイスピードでこなす高性能なものです。
既に同様の機械はDe Beers他でも販売されていますが、1台8万ドルと言う価格にも拘らずその性能から関心を集めています。インド(スーラット)では、自社の工場の他に多くの下請工場に研磨が依頼されています。
昨今、下請工場での研磨工による合成ダイヤモンドのすり替えが問題になっています。
検査体制を整えて、抑止力も視野に入れた導入を検討しています。

HRD関連ページ(一番下に動画あり)


2つのFancy Vivid Pink

5月12日から13日にかけてジュネーブの2つのオークションで落札されたFancy Vivid Pinkのダイヤモンドを紹介します。
比較して違いを見て行きます。

1つ目は12日にSotheby's Genevaで落札され8.72ctのCushion shape Fancy Vivid Pink VS2です。
2つ目は13日にChristie's Genevaで落札された5.18ctのEmerald cut Fancy Vivid VS2です。
重量は2カラットほど差がありますが、奇しくもグレードは同じです。
画像なので色の再現性には限界がありますが、比較する良い機会です。

○8.72ct Cushion shape Fancy Vivid Pink VS2
8.72ct Fancy Vivid Pink VS2 Typea

見積価格:CHF13,650,000 — 17,500,000
落札価格(手数料込み):CHF14,810,000 ($14,919,446 約17億9,000万円)
1カラット当たり価格:$1,710,945 (約2億500万円)

provenance(出所、由来)のしっかりしたダイヤモンドです。
古くはナポレオン1世の姪マチルド・ボナパルトが所有していたとされ、次に現れたのは私のブログでも紹介しましたが、2012年4月17日のChristie's New Yorkのオークションでした。
その時は9.00ct Fancy Vivid Pink SI1でしたので、0.28ct研磨してSI1からVS2にクラリティグレードがアップしたのがわかります。
前回の落札価格は$15,762,500でしたので残念ながら手数料を引くと赤字です。
当時はファンシカラーの価格が毎年上がっていたのでタイミングを見計らって今回出品したと思われます。
落札者はStettner Investment Diamondsと言うファンドなので大きな金額のリスクを取るのも頷けます。
このダイヤモンドの良いところは古い石なのでカットがノーマルなのでモザイクバターンが大らかです。


○5.18ctのEmerald cut Fancy Vivid VS2
5.18ct Fancy Vivid Pink VS2

見積価格:CHF9,500,000-12,500,000
落札価格(手数料込み):CHF10,012,000 ($10,709,442 約12億8,500万円)
1カラット当たり価格:$2,067,459 (約2億4,800万円)
爪がイエローゴールドなのでピンクの色相に影響があるかもしれませんが、同じピンクでもこちらの方がパープルがかっているように見えます。
比較すると8.72ctの方はバイオレットがかって見えます。
画像からもモザイクパターンが細かいのが分かります。
クラウンはステップカットですが、パビリオンは色を濃く見せるために変形されている(modified)ためにプリンセスカットのような印象になります。
1カラット当たりの金額を比較するとこちらの方が2割ほど高いのでマーケットはこちらを高く評価したとも言えます。



Sotheby's Geneva Auction Resultから2

○Sapphire Diamond Brooch by Cartier
30.23ct Kashmir Sapphire by Cartier

Sapphire
shape&Cut: Cushion shape Brilliant cut
Weight: 30.23ct
Size:17.61 x 17.47 x 10.20mm
Origin: Kashmir
Treatment: No Indication of Heating (SSEF&Gubelin)
見積価格:CHF3,410,000 — 5,850,000
落札価格:CHF5,738,000 ($5,780,000 約6億9,400万円)
1カラット当たり価格:$191,214 (約2,300万円)
カシミールサファイアとして非常に大粒です。
大粒でジェムクオリティーのカシミールサファイアの相場は1カラット当たり10〜20万ドルで落ち着いています。
この大きさになるとこのぐらい濃い目でも美しくモザイクパターンが浮かび上がります。
濃いブルーの中にも優しいコーンフラワーブルーが同居しているのが分かります。
縦横の長さがほぼ同じ輪郭は多くの方に好まれるでしょう。
トータルデプス(深さ)も約58%と十分な場面を作り出しています。
周りのダイヤモンドは2.07から5.03 カラットとメインストンサイズでグレードもDカラーIFを主にEカラー以上、VS1以上としています。

○Sapphire Diamond Ear Clips by Cartier
15.77 16.90ct Burmese Sapphier Diamond Ear Clips by Cartier

Sapphire
Cut: Emerald cut
Weight: 15.79+16.90ct
Origin: Burma
Treatment: No Indication of Heating (SSEF&Gubelin)
見積価格:CHF780,000 — 1,170,000
落札価格:CHF3,190,000 ($3,213,574 約8億1,500万円)
1カラット当たり価格:$98,364 (約1,180万円)
15カラットを超えるサイズのサファイアを輪郭、色、輝きを揃えるのは至難の業です。
それもビルマ産無処理となると更に難易度が上がります。
実際に見ると若干の違いはありますが、身に付けた時に気になるものではありません。
ビルマ産らしい冴えた力強いブルー(ロイヤルブルー)が印象的なイヤリングです。

○Diamond Necklace by Cartier
Total 190.77ct Diamonds Necklace by Cartier

Diamond
Total ct: 190.77ct
Main stone ct: 2.01, 3.21, 7.34, 12.04, 20.38, 10.25, 6.53, 2.25
見積価格:CHF5,850,000 — 9,750,000
落札価格:CHF6,746,000 ($6,795,853 約3億8,500万円)

合計200カラット近い豪華なダイヤモンドネックレスです。
ぶら下がっているペアーシェイプのダイヤモンドは全てD IFと言う完璧主義です。
身に付けるて歩くと胸元のペアーシェイプが揺れてキラキラと眩い七色の分散光を放って、さぞかし美しいことでしょう。

以上の4点のプライベートコレクションは動画で更に美しさを実感出来ます。
是非ご覧ください。
動画:Four Superb Jewels by Cartier
(中国語の文字スーパーが購買力を物語っています)



Sotheby's Geneva Auction Resultから1

昨日サザビーズ ジュネーブのオークションが行われました。
結果は落札総額CHF149,851,375(約161百万ドル、約194億円)と結果となりました。
高額商品の好落札が総額を押し上げました。
ダイヤモンド価格はピークを超えてやや弱含みですが、稀少性の高いカラーストンは強い相場が続いています。

今回は話題となったカルティエのプライベートコレクション4点をご紹介します。

○Ruby Diamond Ring by Cartier
25.59ct Ruby Diamond Ring

Ruby
Shape&Cut: Cushion shape Mixed cut
Weight: 25.59ct
Origin: Burma
Treatment: No Indication of Heating (SSEF&Gubelin)
Diamond
2.70 + 2.47 ct 両方ともE VS2
見積価格:CHF11,700,000 — 17,500,000
落札価格:CHF28,250,000 ($28,458,768 約34億円)
ルビーのオークションレコード
1カラット当たり価格:$1,112,105 (約1億3,300万円)

無処理のモゴック産ルビーとしては桁外れな大きさと品質のルビーです。
出品されたときからオークションレコードが確信されていました。
人々の関心は落札価格がどのくらい伸びるかに集まっていました。
見積価格を大きく上回る結果に稀少性の高い宝石への関心の高さが再確認されました。
10カラットを超えるとモゴックのルビーは大きな亀裂が入っていることが珍しくありませんが、亀裂も肉眼で確認できる欠点も見当たりません。
色相は画像からも分かるように所謂ピジョンブラッドと呼ぶに相応しい燃えるような赤です。
この迫力はグベリンレポートの画像の方が良く分かります。
25.59ct Sunrise Ruby




Profile
ギャラリー
  • Christie's Hong Kong
  • Christie's Hong Kong
  • Christie's Hong Kong
  • Christie's Hong Kong
  • Christie's Hong Kong
  • Christie's Hong Kong
  • ライブドアブログ