ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

2008年11月

自然は不定形

合成ダイヤモンド原石







これは、昔懐かしい缶入りキャンディーではありません。
Renaissance Diamonds Inc.が製造した人工ダイヤモンドの原石です。
以前にこの合成ダイヤモンドの記事を書きましたが、原石を実際に手にとって見ることが出来ました。
合成ダイヤモンド原石を手にと取る





どの原石もサイズ、形ともにほぼ同じです。
いくつも並べると本当にキャンディーのようです。

ダイヤモンド原石アンゴラ産





こちらは、アンゴラ産のダイヤモンド原石です。
なんて美しいのでしょう。
自然が作る宝石はどれ一つ同じものはありません。
形も全て不定形です。
原石を見ると違いは一目瞭然です。
自然が何千年、何万年かけて創ったものと、機械で4、5日で作ったものが同じわけがありません。

現在この人工ダイヤモンドのカラーとクラリティーは均一に上がらないようですが、制御の技術が確立するのも時間の問題です。
いつの日か無傷で思い通りの色の人工ダイヤモンドが安価で大量に出現するでしょう。
しかし、幾ら科学的に同じ成分でも天然のダイヤモンドとは全く別なものだということを理解しなくてはなりません。


ダイヤモンド原石価格

Antwerp Diamond Street





金融危機を発端とした世界同時不況は研磨済み以上に過熱していたダイヤモンド原石市場にも影響が現れています。
1ヶ月前に行われたBHPの原石の入札が夏休み前の相場の20〜40%減という結果におわったことで、業者の不安が一気に表面化しました。
金融機関も融資を引き上げにかかり、積極投資していた業者ほど厳しい立場に追い詰められています。
10月DTCのサイトも市場の悪化を受けて、当初の予定額を大きく下回る量に調整されました。
原石価格と研磨済みの価格は、短期的には必ずしも同調しませんが、原石価格の調整が投機の部分を越えて下がると研磨済みにも影響が出てきます。
大粒ダイヤモンドの高騰が始まった3年ぐらい前の相場に戻るのではないかと市場では囁かれています。
もともと値が殆ど上がらなかった2カラット未満のサイズに関しては、微調整が予想されています。

今後の値動きを注意深く見ていかなくてはなりませんが、円高の進展と相まって大粒ダイヤモンドを買いたい方には、またとない機会が訪れる可能性があります。

写真は、アントワープのダイヤモンド取引街の風景です。左手に見えるのはユダヤ教のシナゴークです。

タクシーメーター

ドイツのタクシーメーター





どなたでもタクシーに乗っているときにメーターが気になって、座席越しに料金を確認したことがあると思います。
ドレスデンで乗ったタクシーのメーターは、バックミラーにありました。
高いところにあるので、どこに座っていても確認できます。
これもドイツ的な合理主義でしょうか。
でも心臓に悪いので、見えない方が良いと言う方もいらっしゃいますね。






Profile
Archives
ギャラリー
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 「自分でできるジュエリーの品質判定」セミナー開催
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • ライブドアブログ