ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

2012年01月

「オークションで評価される宝石」 7. まとめ

オークションで評価される宝石 6

宝石ドットコム「オークションで評価される宝石」更新しました。

今回で最終です。

7. まとめ

長い目で見ると宝石の価値は殆ど変わりません。為替の変動、インフレ、デフレ等でその国での価格は変化します。変わるのは貨幣価値で宝石の相対的な価値は変わりません。歴史的に評価されてきた宝石の要素を理解して購入すれば、楽しんだ後に価値が残ることを実感していただける日が来るでしょう。

中古住宅とはいっても中古の土地とは言わないように、貴金属で出来た枠には中古がありますが、宝石には中古はありません・・・。


続きは、本編で。

「オークションで評価される宝石」


逸品シリーズ No.10 ユリオプスデージー ピンクダイヤモンド

Euryopos Pink Diamond

本年もよろしくお願いいたします。
新春第一弾は、ユリオプスデージーシリーズの渾身の一品。
ピンクダイヤモンドです。


彩度が高く、美しい色合いの理想的なピンクダイヤモンド。

ペアシェイプのピンクダイヤモンドをメインにした、デイジーシリーズのリングです。ダイヤモンドというと「無色透明」の代名詞ですが、じつは色々なカラーがあります。イエロー、グリーン、ブルー、ピンク、ブラウン…これらは「ファンシーカラーダイヤモンド」と呼ばれ、中でもピンクダイヤモンドはブルーダイヤモンドと並んで稀少で、とても人気があります。綺麗な色が出ているピンクダイヤモンドは、無色透明のものよりよほど高価ですよ。

ちなみに、色がついていれば何でもファンシーカラーダイヤモンドになれるわけではありません。条件の一つは、色がはっきりしていること。濃くてもブラウンやグレーがかっているものは美しくないので高い評価は得られません。

ピンクダイヤモンドの場合は、色合いにブラウン味が混ざっていない、はっきりとしたピンク色をしていることが美しさの第一条件です。さらに、ジュエリーに仕立てるために丁度よい厚みであることが大切です。厚みがありすぎるとエレガントに仕上がりません。 その点、こちらの石は理想的です。綺麗な品がいいピンク色をしていて、ブラウンが混ざっていません。1ctとサイズとメインストンとしては小さいことを除けば、理想的なピンクダイヤモンドといえるでしょう・・・。


続きはブログで。

ユリオプスデージーシリーズ ピンクダイヤモンド


Profile
Archives
ギャラリー
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 「自分でできるジュエリーの品質判定」セミナー開催
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • ライブドアブログ