ジュエリーコンシェルジュ原田信之

諏訪貿易が提供しているジュエリーの相続資産の査定・仲介のサイト「宝石ドットコム」の責任者:原田信之のブログ

2012年04月

Christie's New York Auction Result 3

○Kashmir Sapphire Diamond Ring
Lot.225 Kashmir Sapphire 31.53ct by VCA

Sapphire
Shape & Cut: Sugarloaf Cabochon
Weight:31.53cts
Origin: Kashmir AGL,Gubelin
Treatment: No indication of Heating
見積価格:$300,000-500,000
落札価格(手数料込み):$2,658,500 (約2億1,000万円)
1カラット当たり価格:$84,300(約690万円)
宝石では、よく見られるシュガーローフと言うカボションカットのカシミールサファイアです。
見積価格の上限の5倍と言う高値で落札されました。
見積価格はカボションですが、落札価格はファセットの価格です。
通常カボションはファセットカットに比べてキズの多い素材が用いられますが、価格から考えると以前はクッションシェイプのファセットカットだったのではと想像したくなります。
でも、恐らく元々の素材が良かったのでしょうね。


○Emerald Diamond Ear Pendants
Lot.269 26.03+25.32ct Colombia Miner

Emerald
Shape: Cushion-shape
Weight:26.03cts+25.32cts
Origin: Colombia Gubelin
Treatment: Indication of Minor Clarity Enhancement
見積価格:$1,000,000-1,500,000
落札価格(手数料込み):$1,202,500(約9,900万円)
1カラット当たり価格:$23,400(約190万円)
僅か(Minor)オイル含侵による透明度の改良が行われているコロンビア産のエメラルドのセットです。
Minor Clarity Enhancementでもこの大きさで形、サイズが揃ったものは稀少です。
ステップカットのダイヤモンドを3つ組み合わせてイヤリングに仕立てています。


○Conch Pearl and Shell Diamond Brooch by Tiffany & Co.
Lot.115 Conch Pearl+Shell by T & Co

見積価格$15,000-20,000
落札価格(手数料込み):$60,000(約500万円)
高額落札ではありませんが、あまりに綺麗なのでご紹介します。
コンクパールの周りをコンクの貝殻を削って作った花びらで表現した花のブローチです。
コンク貝の菊のような花びらが地金だけでは表現できない繊細さを良く出しています。
落札価格が見積価格の上限の3倍になっていることからも人気の高さがわかります。


Christie's New York Auction Result以上。



Christie's New York Auction Result 2

○Diamond Ring by VCA
Lot.152 16.33cts D VVS1 Pot.IF by VCA

Shape: Pear-shape
Cut: Brilliant-cut
Weight:16.33cts
Color: D
Clarity: VVS1(potintially IF)
Type: Typea
見積価格:$1,850,000-2,500,000
落札価格(手数料込み):$2,098,500(約1億7,200万円)
1カラット当たり価格:$128,500(約1,000万円)
落札者:欧州の業者
ちょうどこのくらいが現在の相場でしょうか。
透明度の高さが画像からもうかがえます。
姿かたちの良いドロップシェイプをシンプルに仕立てたVAN CLEEF & ARPELS のリングです。


○Fancy Intense Yellow Diamond Ring by GRAFF
.LOt.242 43.49ct Fancy Intense Yellow VS1 by GRAFF

Shape: Cushion-shape
Weight:43.49cts
Color: Fancy Intense Yellow
Clarity: VS1
見積価格:$1,000,000-1,500,000
落札価格(手数料込み):$1,874,500(約1億5,400万円)
1カラット当たり価格:$43,100(約350万円)
落札者:非公開
GRAFF製の迫力のあるイエローダイヤモンドリングです。
人気のクッションシェイプです。


○Diamond Ring
Lot.241 15.58 E VS1

Shape: Octagon-shape
Cut: Step-cut
Weight:15.58cts
Color: E
Clarity: VS1
見積価格:$800,000-1,200,000
落札価格(手数料込み):$1,314,500(約1億800万円)
1カラット当たり価格:$84,400(約700万円)
落札者:業者
高額落札をご紹介すると結果としてD IFに偏りますので、実用的なグレードをご紹介しました。
四隅のコーナーが大きくキュレットも大きく開いていることから歴史を感じます。


○Diamond Ring
Lot.218 15.08ct F IF Typea

Shape: Oval-shape
Cut: Brilliant-cut
Weight:15.08cts
Color: F
Clarity:IF
Type: Typea
見積価格:$1,250,000-1,550,000
落札価格(手数料込み):$1,426,500(1億1,700万円)
1カラット当たり価格:$94,500(約780万円)
落札者:アジアの個人
こちらのオーバルも歴史を感じさせるカットです。


続く。

Christie's New York Auction Result 1

昨日Christie's New Yorkのオークションが行われました。
結果は、総額で$70,726,650(手数料込み)約58億円、落札率95%(ロット数)でした。
ハイライトはHuguette Clarkコレクションです。
コレクションの紹介の前に彼女について簡単にまとめてみました。

《Huguette M.Clark》
Ms. Huguette M. Clark

19世紀の終わりの米国で当時Rockefellerに次ぐ資産家として有名だった、William Clarkの資産を引き継いだ娘、Hugette Clarkが昨年亡くなりました。
享年104歳。
その人生は秘密のベールに包まれています。
莫大な財産を引き継ぎながら75年以上の間、人目を憚ってひっそりと孤独に暮らしていました。
その隠遁生活ぶりは身の回りの世話をする者ですら、何十年もその姿をほとんど見たことがないほどでした。
今回オークションにかかる宝石は、殆どが1940年代から金庫に入れられたままになっていたものです。

コレクションの中から高額の3点を以下に紹介します。

○Fancy Vivid Pink Diamond Ring by Dreicer
Lot.304 9.00cts Fancy Vivid Purplish Pink SI1

Shape: Cushion-shape
Weight:9.00cts
Color: Fancy Vivid Pink
Clarity: SI1
Type: Typea
見積価格:$6,000,000-8,000,000
落札価格(手数料込み):$15,762,500(約12億9,000万円)
1カラット当たり価格:$1,751,000(約1億3,600万円)
落札者:Brett Stettner (Stettner Investment Diamonds)

正にオールドカットのピンクダイヤモンドです。
カットと大粒のピンクであることからムガール帝国のマハラジャが所有していたのではと想いをめぐらせてしまいます。
レポートのプロットを見るとガードル周りにたくさんのチップがあることから、長い間身に着けられてきたことが分かります。
Lot.304 9.00cts Fancy Vivid Purplish Pink SI1 Prot

Dreicer製 1910年頃
最近の大粒Vivid Pinkの1カラット当たりの落札価格は百万ドルを超えることが当たり前になってきましたが、今回は2百万ドルに近いところまで伸びました。
この相場、いつまで続くのでしょうか。


○Diamond Ring
Lot.305 44.09cts D IF Typea EX EX

Shape: Octagon-shape
Cut: Step-cut
Weight:44.09cts
Color: D
Clarity: IF
Polish: EX
Symmetry: EX
Type: Typea
見積価格:非公開
落札価格(手数料込み):$7,474,500(約6億1,300万円)
1カラット当たり価格:$169,500(約1,400万円)
落札者:業者

1940年代から金庫に眠っていたことから考えると、オークションの前に再研磨されてClarity、Polish 、Symmetryが向上したのでしょう。
縦横が23.84×19.62なので大雑把に言えば2センチ角ぐらい、大きな指でもすっぽり隠れるサイズです。
トータルデプスは50.5%と私にとっては理想的です。
それでも深さは9.91mmあります。
2センチ角で深さが1センチの立体をご想像下さい。
すごい迫力ですね。


○Diamond Ring by Cartier
Lot.293 19.86cts D VVS2 Pot.IF

Shape: Octagon-shape
Cut: Step-cut
Weight:19.86cts
Color: D
Clarity: VVS2(potintially IF)
Type: Typea
見積価格:$2,000,000-3,000,000
落札価格(手数料込み):$3,106,500(約2億5,500万円)
1カラット当たり価格:$156,400(約1,300万円)
落札者:非公開

この手の石目方を見ると、もともと20カラットに届かなかったのか、あるいはオリジナルは20カラットあったのが細かなキズを取ったので20カラットを割ってしまったのか、どちらだろうと想像してしまいます。
Clarkコレクションのジュエリーは1940年代から金庫に保管されたままと言われています。
それが本当なら、GIAの4Cシステムが確立したのが1950年代ですから、IFに拘っていないとすればオリジナルの石目方なのでしょうか。
石目方ひとつとっても考え始めると楽しいものです。



続く。


DTC LONG

DTC Mixture Long Coll

DTC(De Beers)がサイトホルダー向けに供給しているダイヤモンド原石のオリジナルの一部です。
名称は、2+1/2-14 Long Collection
(2+1/2とは2と2分の1です。+の表記は本来ありません)
2.5カラット前後から14カラットまでのファンシーシェイプ向きの長手の原石でHカラー以上、主にVSクラス以上に磨り上がる原石という意味です。
ダイヤモンド原石の象徴的な結晶として良く登場する正八面体は主にラウンド向きですが、これはペアーシェイプ、マーキス、オーバルと言った長手の形に適した原石です。
14カラットまでと表記されていますが、10カラット以上は各ロットに1つだけでおまけのようなものです。
通常、DTCのサイトでは10カラット以上の原石は個別に扱われています。
そのためおまけの1つも個別では売り辛いものを混ぜているとも言われています。
10カラット以上の特別なものを除いた研磨上がりはおよそ1カラットから4カラット未満です。
歩留りは完成度にもよりますが、38%から40%程度です。
原石のロットは通常すぐに研磨の工程に回しますので、到着のタイミングでないと見ることが出来ません。
今回は、運よく手に取ることが出来ました。

ダイヤモンド原石新入荷のお知らせ

jp New goods

諏訪貿易が運営するダイヤモンド原石の通販サイトroughdiamond.jpの新入荷のお知らせです。
オンラインショップのページのNEWが新しい商品です。
入荷して直ぐに売れてしまったものもあります。
ご興味のある方はお急ぎ下さい。

roghdiamond.jpオンラインショップ




Profile
Archives
ギャラリー
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • Van Cleef & Arpels Mastery of an Art残り10日
  • あなた知らないオークションの世界
  • ライブドアブログ