ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

2013年05月

Christie's Hong Kong Result 2

○Ruby Diamond Ring
8.88ct Burma Ruby UT

Ruby
Shape: Oval-shaped
Cut: Mixed-cut
Weight: 8.88cts
Size: 12.5×10.88×6.37mm
Origin: Burma(Myanmar)
Treatment: No indication of heating(加熱の痕跡無し)
Gubelin&GIA

Diamonds: 7pc
Weight: 1.01-1.22cts
Color: D-E
Clarity: VS1-VVS1

見積価格: HK$18,000,000-28,000,000
落札価格(手数料込み)HK$22,270,000
US$2,883,965(約3億円)
1カラット当たりUS$325,000(約3,300万円)
落札者:アジアの個人
中華圏の方が好む8.88カラットに仕上げられたビルマ(ミヤンマー)産 無処理(加熱の痕跡なし)のルビーです。トレードでPigeon blood (鳩血色)と呼ばれているとのコメントがレポートにつけられています。
少し大きめなワイシャツのボタン程度の大きさで3億円です。
同じサイズのダイヤモンドのD,IF(F)の2倍から3倍の価格です。
ルビーの稀少性がよく分かる一品です。
15.15ct Ruby Rough

ルビーとしては珍しく原石時(15.15cts)の画像があります。
原石に押し付けている器具はライトです。
強い光を当てて色むらや内包物を見ます。

○Sapphire Diamond Necklace by Cartier
44.53ct Burma Sapphire

Sapphire
Shape: Cushion-shaped
Cut: Mixed-cut
Weight: 44.53cts
Origin: Burma(Myanmar)
Treatment: No indication of heating(加熱の痕跡無し)SSEF
見積価格: HK$18,000,000-,28,000,000
落札価格(手数料込み)HK$21,710,000
US$2,811,445(約2億9,000万円)
1カラット当たりUS$63,000(約650万円)
落札者:匿名
44.53ct Burma Sapphire Necklac by Cartier

ラウンドのダイヤモンドをナイフエッジで繋いで、まるでピエロの襟のようなネックレスの正面に非常に大きいビルマ産無処理(過熱の痕跡無し)のサファイアをセットしたカルティエのネックレスです。
このクラスの重さのサファイアは通常高さがあり、装身具に仕立てるのが難しいのですが、このサファイアは浅めで無理なくネックレスに納まっています。
厚みがない分、上から見た面積が大きく50カラット以上に見えます。

Christie's Hong Kong Result以上。



Christie's Hong Kong Result 1

昨日Christie's Hong Kongのオークションが行われました。
中国の経済成長の鈍化が伝えられていますが、富裕層の購買意欲は衰えていないようです。
落札総額(手数料込み):HK$637,132,500 US$82,000,000(約82億円)
落札率:81%(ロット数)、85%(価格)

○Briolette Diamond Pendent Necklace
75.36ct Briolette D IF Typea

Shape&Cut: Briolette
Weight: 75.36cts
Size: 17.29×16.09×34.10mm
Color: D
Clarity: Internally Flawless
Type:Typea
見積価格:HK$66,800,000-98,000,000
落札価格(手数料込み):HK$86,100,000
約US$11,151,245(約11億円)
1カラット当り価格:US$148,000(約1,500万円)
ブリオレットにおけるオークション史上最高金額
オリジナルの75.51カラットから75.36カラットに再研磨されています。
恐らく使っていてVVSクラスになったので表面のキズを取ってInternally Flawlessに直したのだと思います。
75.51カラットの時点でGIAがグレードしたD IFのブリオレットで最大のものでしたが、75.36カラットでもその地位は変わらないとのレターがつけられています。
約3.4センチというダイヤモンドとしては破格の大きさです。
今はあまり見ませんが、カメラのフィルムの幅と同じぐらいです。
アクセントにピンクダイヤモンドがセットされたペンダントネックレスに仕立てられています。
75.36ct Briolette D IF Typea Pendant Necklace


Christie's Hong Kong Result続く。



ダイヤ卸価格、一段と値上がり

− 5月25日日経新聞朝刊マーケット商品欄記事−

円安、中国需要も旺盛 一部の宝飾品で値上げ

 ダイヤモンドの卸価格が上昇している。円安に加え、日本で人気のあるサイズの需要が中国で拡大し、海外での取引価格も上昇しているためだ。卸会社は2月にも値上げを実施したが、海外からの仕入れコストが一段と押し上げられており、追加の値上げに踏み切った。一部の小売店は宝飾品を値上げしたが、価格を据え置く小売店は収益が圧迫されそうだ。

2013年5月25日日経 ダイヤモンドの国内卸価格

 大手のダイヤ卸業者は4月以降、宝飾品店に対し婚約指輪などに使う比較的小粒の製品を値上げし始めた。0.3カラット(カラットは0.2グラム)サイズの卸価格は11%上がり、20万円前後(1カラット換算、無色透明タイプ)。2月と合わせた上げ幅は約2割に達した。大型の宝飾品に使い、資産価値が目減りしにくい2カラットサイズも今月に入り98万円前後(同)と平均3%上昇した。

 2月に続き値上げに踏み切ったのは、輸入業者の仕入れコストが上昇したためだ。2月以降も円安が進み、卸業者は「早くも収益が圧迫されるようになった」という。

 国内で流通量の多い0.3カラット前後の小粒品は海外での流通価格も年初から1〜2%上がっている。中国では日本と同様に消費者が婚礼用に購入する習慣が普及しつつあり、需要は旺盛だ。最近では「大量に購入する中国の業者に買い負ける」(宝飾品大手)例も出ている。

 ただ、世界で流通量が多い2カラットサイズの需要は「欧州などの景気回復の遅れから伸び悩んでいる」(諏訪貿易の原田信之取締役)。

ダイヤモンドの流通

 需要が振るわないなかで海外では新たな値上げの動きが出ている。ダイヤ卸会社によると、鉱山会社の最大手で英アングロアメリカン傘下のデ・ビアスは4月から各国の研磨業者への原石の出荷価格を3%前後引き上げた。鉱脈が地中深くなるなど生産コストの上昇が理由だ。

 現時点では「海外の研磨業者がコストを吸収し、製品価格には波及していない」(ダイヤ卸)が、中長期的には値上げの要因になり得る。

 国内では宝飾品の値上げの動きも出てきた。米宝飾大手や一部百貨店は貴金属の値上がり分も含め、4月に国内販売価格を1割前後引き上げた。

 大半の販売店はダイヤをより小粒なものに切り替えるなどして現時点では売値を据え置いている。ただ「足元は利益を確保できるぎりぎりの線」(宝飾店)という小売店が多く、今後は値上げの動きが広がる可能性もある。

 国内では今年に入り、富裕層の高額消費が徐々に動き出している。「4月以降に500万円以上の宝飾品の売買が成立した」(宝飾品の製造会社)。ただ、宝飾品市場全体ではダイヤを使う婚約指輪にかける費用は下がる傾向が続いている。

新入荷ダイヤモンド原石 IJKにて販売!

IJK

ダイヤモンド原石

諏訪貿易が運営するダイヤモンド原石のサイトRough Diamond.jpが来る5月22日(水)より24日(金)に開催される神戸国際宝飾展に出展します。
ラフダイヤモンドを実際に手にとっていただける貴重な機会です。
サイトに掲載されていない新入荷の商品もご覧いただけます。
ご来場いただいた方にラフダイヤモンドの魅力をまとめたブロシュアー「Un-cut Diamonds 自然のままのダイヤモンド‐その魅力を楽しむために‐」を差し上げます。


また、ブログでも既報の第4回SUWAラフダイヤモンドジュエリーコンテスト2013テーマ素材のラフダイヤモンドを手に取ってご覧頂くことが出来ます!
roughdiamond.jpのブースNo. : B7-20

一般の方は直接ご来場できませんので、ご興味ある方は事前に弊社にお問い合わせください。
お問い合わせページ

WINSTON LEGACY

PS 101.73cts D Flawless EX EX Typea

昨日ジュネーブのクリスティーズオークションでオークション史上最大のD Flawlessのダイヤモンドが出品され記録的な価格で落札されました。
落札者は最近THE SWATCH GROUPに入ったHarry Winstonです。
鉱山会社から時計を中心にしたラグジュアリーグループに資本が代って、改めてダイヤモンドの世界での存在感を示す意味が強いように感じます。
早速WINSTON LEGACYと命名されました。

Size: 41.26×25.82×16.45mm
Weight:101.73cts
shape: Pear-shaped
Cut: Brilliant-cut
Polish: EX
Symmetry: EX
Fluorescence: Noe
Type: Typea
見積価格:on Request(お問い合わせに応じて)
落札価格(手数料込み): SFr.25,883,750 $26,737,913(約27億円)
オークションにおけるColorless Diamondの世界記録
1カラット当たり価格: $254,400 (約2,600万円)


歴史的な高値の相場で過去に販売された宝石が再度市場に登場することは多いのですが、このダイヤモンドは最近研磨されたものです。

236cts Diamond Rough from Jwaheng mine in Botswana.jpg

原石はボツワナのJwaheng鉱山で発見され重さは236カラットとされています。
原石からの歩留まりは43%と非常に高く、原石全体のクラリティーが高かったことが分かります。
全体に平べったくファンシーシェイプに向いた原石と言えるでしょう。
同じ原石からラウンドブリリアントを研磨したら75カラット程度になってしまいます。

これだけのダイヤモンドでは当たり前ですが、研磨には21ヶ月を費やしたそうです。
職人は磨き上がるまで技術的にも精神的にも大変なプレッシャーを受けた中で作業していたことは間違いありません。

研磨の様子も確認できます。

236cts Diamond Rough Marking

236cts Diamond Rough Polishing 1

236cts Diamond Rough Polishing 2

236cts Diamond Rough Polishing 3


縦横比は1.59:1とペアーシェイプ(洋ナシ形)と言うよりもティアドロップ(雫形)で万人に好まれ、輪郭も優しく弧を描いています。
プロポーション(クラウン:パビリオン比)もブリリアントカットとしては標準的で強い輝きが引き出されます。
非の打ち所の無い研磨を目指したことが分かります。

PS 101.73cts sideview


Rapaportの動画で手の平にのせた場面があります。
大きさと美しさを実感できます。
Rapaport動画

GIA Grading Report
PS 101.73cts D Flawless EX EX Typea GIA Report


Profile
Archives
ギャラリー
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 「自分でできるジュエリーの品質判定」セミナー開催
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • ライブドアブログ