ジュエリーコンシェルジュ原田信之

諏訪貿易が提供しているジュエリーの相続資産の査定・仲介のサイト「宝石ドットコム」の責任者:原田信之のブログ

2014年04月

「石の世界と宮沢賢治」

石の世界と宮沢賢治

今週の4月19日(土)から国立科学博物館で行われる企画展「石の世界と宮沢賢治」のご案内です。

「石の世界」と「宮沢賢治」とは、あまり結びつかない方も多いかもしれません。
実は賢治の文学作品には岩石や鉱物の名前が数多く登場しています。
文学者としても有名な賢治ですが、盛岡高等農林学校で地学を学び、各所の地質図を作成している地質学者でもあるのです。
宮沢賢治の作品を通して石の世界をのぞいてみてください。(企画展案内文より)

純粋な宝石展ではありませんが、文学作品と石の世界を垣間見るのも良いですね。
首都圏の方は季節もよいので散歩がてら出かけてみませんか。

開催期間:2014年 4月19日(土)〜6月15日(日)

開催場所:国立科学博物館(東京・上野公園) 日本館1階企画展示室

開館時間:9時〜17時(金曜日は20時まで)
※ただし、4月26日(土)〜5月6日(火・休)は18時まで開館、5月2日(金)は20時まで開館

休館日:毎週月曜日 5月7日(水)※ただし4月28日(月)・5月5日(月・休)は開館

入館料:一般 : 620円
     高校生以下および65歳以上 : 無料
      団体 : 310円 (20名以上)

私も展示標本の並び替えでちょっぴりご協力しました。
(カラーダイヤモンド標本)
国立科学博物館カラーダイヤモンド標本色相明暗度付

Cornflower

Cornflower

なんて美しいブルーでしょうか。
鮮やかで優しい青。
回りの花たちもきれいですが、ひと際目をひきつけています。
これは会社のエントランスを飾っている今週のアレンジメントです。
もうお分かりですね。
カシミールサファイアのブルーの例えに使われるコーンフラワーです。
和名は「矢車菊」で鯉のぼりの竿の上の矢車の形に似ていたことから名づけられました。
ちょうどこの季節に花をつけます。
コーンフラワーには青のほかに白やピンクもあります。
色は個体差が大きく、写真のように鮮やかな青もあれば淡い青もあります。
私も時々購入しますが、今回の花はひと際きれいです。
下に私が実際に扱ったカシミールサファイアの画像を用意しました。
比較してみてください。

やはり納得ではないでしょうか。
どちらが美しいかは愚問ですが、はかない命を考えると花に軍配を上げます。
自然の風景の美しさには敵わないことに異論はないと思いますが風景はその場で感動し、脳裏に焼き付けるしかありません。
宝石は留めておける美しいものの頂点だと考えています。
Kashmir Sapphire


変わるダイヤモンドの研磨地

Lesotho 25ct+ D IF Typea

インドのスーラット、イスラエルのテルアビブ、ベルギーのアントワープ、米国のニューヨークと聞いて何を想像するでしょう。
業界の方はダイヤモンドに関する地名とピンとくるでしょうが、私が業界に入った30年前は世界4大研磨地として教科書に載っていました。
「ニューヨークが研磨地?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
その当時は1カラット以上の大粒はニューヨークで主に研磨されていて、アントワープは0.3〜1カラット未満、テルアビブは0.10〜0.25カラットサイズ、スーラットは0.08カラット未満と研磨するサイズが分かれていました。
幅広いサイズを買うバイヤーは何箇所も回らなければならなく、複数個所回るのが一般的でした。
現在はインドを除く3箇所は研磨工の数から言うと研磨地とは言いがたく、それぞれの特徴は残しつつも集荷地として機能しています。

その中でインドだけは研磨地として更に重要性が高まり、メレーから大粒まで研磨していないものは殆ど無い程圧倒的な強さを誇っています。
インドらしい話ですが計画から30年以上かかて出来上がった新しいダイヤモンド取引所もとうとう昨年より本格稼動し始めて、物だけでなくサービスの強化も行われています。
更にインド政府の後押しもあり、研磨済み取引だけでなく原石取引も手中に収めようとしています。
原石取引はアントワープの牙城です。
当分の間ダイヤモンド取引におけるインドの重要性は高まることはあっても低くなることはないでしょう。

研磨工の数で言えば、インド以外では中国、メコン経済圏(タイ、ベトナム、ミヤンマー、ラオス等)、ロシアに多く、最近では産地の雇用対策でボツワナ等が急浮上していますが、生産性でアジア勢の優位は揺るぎません。

研磨技術のレベルにも変化が起きています。
以前は研磨のレベルが劣るものに「インド物」とか「イスラエ物」と言う言葉がありましたが、現在は死語となっています。
もともとどちらも研磨技術が低かったわけではなく主に形の悪い原石を研磨していたり、研磨地ブランドの弱さから歩留まり重視の価格訴求品を研磨せざるを得なかったのです。

現在はコンピューターによるシュミレーション、レーザーソーイング、モニターやセンサーを使った技術の向上によって最新設備さえすればある程度の研磨がどこでも可能となりました。
その代わり先端技術を使えば使う程それを使いこなす高度の技術者が必要となり、それが人件費の高騰を招き、せっかく工賃の安いところを求めて移ったのに期待したほどの効果を得られないのは皮肉であります。

近年量産品の研磨は殆ど行われなくなったアントワープやテルアビブではより付加価値の高い研磨が行われています。
アントワープでは以前はニューヨークで主に行われていた3カラット以上の研磨が多くなり、更に彼らの独断場であった1つ何億円と言う特別な原石の研磨はアントワープに移りつつあります。
テルアビブもファンシーシェイプの中心であったことから時計業界が必要とするような特殊な形を10分の1ミリ単位で揃える技術を磨いています。

研磨地の変遷をたどってきましたが、果たして皆さんのイメージと現実は合致したでしょうか。


画像は、レソト王国の鉱山から産出された原石からアントワープで研磨された25カラットを超えるアッシャーカットD IF Typeaのダイヤモンドです。
33カラットのThe Elizabeth Taylor Diamondも手に取りましたが、一回り小さいながらこのダイヤの透明度も甲乙つけたいものがあります。

Profile
Archives
ギャラリー
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • Van Cleef & Arpels Mastery of an Art残り10日
  • あなた知らないオークションの世界
  • ライブドアブログ