ジュエリーコンシェルジュ原田信之

諏訪貿易が提供しているジュエリーの相続資産の査定・仲介のサイト「宝石ドットコム」の責任者:原田信之のブログ

2014年11月

THE WORLD OF GRAFF

THE HALLUCINATION close up

The King fo Diamondとして有名なロンドンのジュエラーGRAFFが新宿伊勢丹出店2周年を記念して貴重なコレクションを展示します。

The World of GRAFF キング・オブ・ダイヤモンドである証

奇跡の宝石コレクション

期間:11月26日(水)〜12月2日(火)
場所:伊勢丹新宿店 本館1階 ザ・ステージ
THE HALLUCINATION

今回のハイライトはオーナーのLaurence Graff氏本人がファンシーカラーダイヤモンドのマスターピースとして情熱を傾けたジュエリーウオッチTHE HALLUCINATION(幻)です。
オーナー本人が選りすぐった稀少なファンシーカラーダイヤモンドを110カラット以上使用し出来上がるまで数千時間を要した逸品です。
ファンシーカラーダイヤモンド好きな方はもちろんのですが、大自然が生み出した奇跡をご覧になりたい方にもお勧めです。
因みに価格は55百万ドル(約64億円 $1=\116)です。
この機会を逃すとまさにHallucination(幻)になります。

以下はGRFFさんのリリースです。
<グラフ>はロンドンのニューボンドストリートに本店を構える宝石商であり、大粒かつ選りすぐりのダイヤモンドのみを扱うハイジュエラーとして世界にその名を知られています。
1960年に設立後、世界の王侯貴族や石油王、アラブの大富豪たちにこの世のものとは思えないジュエリーの数々を提供し続け、現在では世界に約45店舗のサロンを展開しています。
今回は伊勢丹新宿店にブティックをオープンしてから2周年を迎えることを記念して、とりわけ希少なカラーダイヤモンドや美しいカラーストンを一堂に集めてご紹介します。ダイヤモンドの中には稀にピンク、イエロー、ブルーなどの色を持つものが産出されます。その中でも美しい色を備えるものは、更に希少でその存在が奇跡と言われ、ファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれて珍重されてきました。世界各地のダイヤモンド鉱山と強いネットワークを持つ<グラフ>ならではの選りすぐりのファンシーカラーダイヤモンドを用いた華麗なハイジュエリーコレクションをお楽しみ下さい。ステージ内では<グラフ>の歴史や扱ってきた世にも珍しいダイヤモンドの年表など、より深く<グラフ>を知っていただける展示もご用意しています。
皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

GRAFF RUBY

8.62ct Graff Ruby Ring

2006年2月15日のスイスSt.MoritzのPalace Hotelで行われたChrisitie'sのジュエリーオークション会場は一つのルビーリングに人々の関心が集まっていた。
それは8.62カラットのビルマ産無処理(加熱の痕跡を認めず)のルビーでBlugari製のリングにセットされていた。(下の画像)
8.62ct Bulgari Ruby Ring

オークションは見積価格CHF520,000 - CHF780,000($398,621 - $597,931)を瞬く間に上回ってその後長いビットの応酬の末にCHF4,724,000($3,621,314)でハマーが打たれた。
何と見積価格の下限の9倍だ。
少し前から稀少性の高い宝石の国際相場が上がり始めていたが、その価格にマーケットは驚いた。
落札者はGRAFFのオーナーLaurence Graff氏だった。
その時のGraff氏のコメント“the cut and spread of colour is the finest I have ever seen”からも比類なき美しさがわかる。
その後Graff氏はルビーをGRAFF RUBYと命名し新たなリングにセットした。(一番上の画像)
それがGRAFFの店頭を飾ったのは言うまでもない。

昨日ルビーは再びオークションに現れた。
会場はSotheby'sのジュネーブの最終ロット。
見積価格は前回の落札価格を上回るCHF6,500,000 — 8,560,000 CHF($6,548,035 - 8,623,258)に設定された。
落札結果は見積価格の上限に近いCHF8,285,000 ($8,346,226 USD) 約9億6,000万円だ。
約9年前の見積価格の下限の16倍になった計算だ。

落札者はまだ分からないが、このルビーが次に現れるのはいつの日だろうか。
今回は比較的早い再登場だったが、受け継いだ者が個人の場合は通常30年以上後になる。
稀少性の高い宝石は預り手を変えて受け継がれる。
実は私は2006年のオークションの下見会場でこのルビーを見ている。
彩度の高い赤色と何とも言えない優しさを備えていたのを記憶している。
運が良ければ生きているうちにもう一度お目にかかる機会があるかも知れない。
せいぜい長生きできるように養生しよう。

8.62ct Ruby Bulgari to Graff

モゴック鉱山産の明記があるSSEFの付記
62ct Graff Ruby SSEF Apendix

サザビーズは今回のハイライトを動画でアップしている。
中にこのルビーもあるので良くご覧になりたい方はどうぞ。

サザビーズ動画


Christie's Geneva Auction Result

昨日Christie's Genevaのオークションが行われました。
世界経済の成長の鈍化が伝えられていますが、富裕層の購買意欲は衰えていないようです。
落札総額(手数料込み):Sfr147,256,875 US$150,216,738(約173億円)
落札率:89%(ロット数)、94%(価格)

その中で私が注目した3ロットをご紹介します。
最初の2点はprovenance(来歴)が確かなもので、オークションではプレミアムが付きます。
稀少性の高い宝石が何十年かに一度マーケットに出現して預り手が代わります。

○The Queen of Burma by Cartier
The Queen of Burma 23.66ct

The Queen of Burma 23.66ct by Cartier

The Queen of Burma の名前で有名なビルマ モゴック鉱山産のルビーリング
インドのCutch地方のマハラオ(マハラジャ)Shri Khengarji(1866-1942)が1937年11月6日にCartierのロンドン店で購入した記録が残っている。
インクルージョンが殆どなく僅かな特徴と独特のPinkish RedからSSEFがモゴック産であるとの意見書がついている。
Cartier製のリングは4つの爪にはステップカットを逆さにしたダイヤモンドがセットされています。
シンプルでモダンなメンズリングです。

Variety: Ruby
Shape & Cut: Oval-shaped Mixed-cut
Weight:23.66cts
Size: 15.81x13.75x11.83mm
Oring: Burma(Myanmar)
Treatment: No Indication of Heating
見積価格:Sfr 5,250,000-6,650,000
落札価格(手数料込み):Sfr5,989,000 $5,995,128 (約6億9,000万円)
1カラット当り価格:$253,386 (約2,900万円)
落札者:匿名

○The Blue Belle of Asia
The Blue Belle of Asia 392.52ct Ceylon origin

The Blue Belle of Asia 392.52ct Ceylon origin Diamond Necklace

350カラットを超えるGem Qualityのサファイアは世界に数えるほどしか存在しません。
The Blue Belle of Asiaの名で有名なこのスリランカ産の無処理のサファイアは1926年にCeylon(Sri Lanka)のRatanapura Pelmadula fieldから産出された。
1937年に英国のMorris Motorsの創業者であるLord Nuffirld(1877-1963)がColomboの宝石商のO.L.M.Markarから購入した。
Lord Nuffirld死後サファイアの行方は不明だった。
卵ぐらいの大きさの宝石はさすがにリングに向きません。
ネックレスでもその迫力は見る者を圧倒するでしょう。

Variety: Sapphire
Shape & Cut: Cushion-shaped Mixed-cut
Weight: 392.52cts
Size: 45.13x37.64x23.34mm
Oring: Ceylon(Sri Lanka)
Treatment: No Indication of Heating
見積価格:Sfr 6,650,000-9,500,000
落札価格(手数料込み):Sfr16,965,000 $17,295,796 (約20億円)
オークションにおけるサファイアの最高価格を記録
1カラット当り価格:$44,063 (約500万円)
落札者:個人蒐集家

○Fancy Vivid Blue & Pink Diamond Ear Pendant by Blugari

6.95ct Fancy vivid Blue SI2 & 6.79ct Fancy Vivid Pink VS2

カラーレスでも簡単ではないサイズのマッチングをFancy Vivid BlueとPinkで揃えたダイヤモンドイヤリング。
コレクターにこれ以上の難易度はないと思わせるBlugariの逸品。
Graff氏が落札した事を公表。
GEMがBlugariからGRAFFへ渡る流れが最近目立つ。

Shape: Pear-shaped Modified Briliant-cut
Weight: 6.95cts
Size: 16.55x11.29x6.00mm
Color: Fancy Vivid Blue
Clarity: SI2
Type: Typeb

Shape: Pear-shaped Modified Briliant-cut
Weight: 6.95cts
Size: 16.98x10.61x5.85mm
Color: Fancy Vivid Pink
Clarity: VS2
Type: Typea

見積価格:Sfr 12,000,000-15,000,000
落札価格(手数料込み):Sfr15,509,000 $15,820,731 (約18億2,000万円)
1カラット当り価格:$1,151,436 (約1億3,200万円)
落札者:Laurence Graff




Profile
Archives
ギャラリー
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 史上最大のFancy Intense Pink 「Raj Pink diamond」
  • 「自分でできるジュエリーの品質判定」セミナー開催
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • ライブドアブログ