ジュエリーコンシェルジュ原田信之

諏訪貿易が提供しているジュエリーの相続資産の査定・仲介のサイト「宝石ドットコム」の責任者:原田信之のブログ

2014年12月

インフレと宝石

ラウンドブリリアントカットダイヤモンド

今日の日経新聞朝刊1面に世界的に話題の「21世紀の資本」の著者であるパリ経済学校教授トマ・ピケティ氏が記者のインタビューに次のように答えています。

――日本の現状をどう見ますか。

 「財政面で歴史の教訓を言えば、1945年の仏独はGDP比200%の公的債務を抱えていたが、50年には大幅に減った。もちろん債務を返済したわけではなく、物価上昇が要因だ。安倍政権と日銀が物価上昇を起こそうという姿勢は正しい。物価上昇なしに公的債務を減らすのは難しい。2〜4%程度の物価上昇を恐れるべきではない。・・・」
2014年12月22日 日本経済新聞 朝刊1面 (展望2015)
−グローバル化に透明性を− パリ経済学校教授・ピケティ氏

歴史に学べば日本の公的債務は返済ではなくインフレでしか解決できないと主張しています。

経済学者同士の政策闘争には頓着しませんが、歴史が伝える事実は重く受け止めたいと思います。

バブル崩壊後日本経済は20年以上に渡ってデフレに陥りました。
宝石もその間の円高で弱含みで推移しました。
更に昔を振り返りますと1971年に為替の固定相場制を廃止してから近年まで一貫して円高で、ドル建てでは値上がりしていた宝石も日本に於いては値下がりの歴史でした。
30年、40年前に購入した宝石の買い取り価格が極端に低くなるのは流通マージンの問題だけではなかったのです。

デフレのメリット・デメリットは別にしてインフレがやってくると日本に於いても宝石は値上がりして行きます。
値上がりと聞くと眉をひそめる人が多いと思いますが、欲しい宝石を待たずに買いやすくなります。
将来値下がりしそうだと考えると控えますが、値上がりしそうだと思うと早く買っておこうと思うのが人情です。
また値上がりしていれば昔買ったものが良い値段で売却出来たりもします。
もっとも同時に所得も上がって行けば貨幣価値が変わっただけで見かけに過ぎませんが、気分が違います。
また業者にとってもインフレは歓迎すべき事です。
新しい仕入れは高くつきますが、その分在庫全体の評価もあがりますので在庫が持ちやすくなります。
円高の局面では新規の仕入れは安く出来ますが、その分全体の在庫の評価を下げざるを得ません。
宝石のビジネスは在庫あってのビジネスなので環境が好転します。

既にアベノミクスによる円安で宝石の輸入価格は20%以上値上がりしています。
日銀の目論見通り2%程度のインフレが続くと宝石も右肩上がりで値上がっていくでしょう。
そうなるとお目当てのジュエリーは早く買ったほうがよさそうです。


EPTA−宝石への旅−

EPTA Vol.68 宝石への旅

エプタ』は、基礎肌粧品メーカーであるヒノキ新薬株式会社が年に5回発行する企業文化誌です。
今年の9月に発刊されたVol.68「宝石への旅」がネット販売されたのでご紹介します。
内容をお伝えするには下の目次をご覧になれば想像できると思います。
業界の方のみならず宝石・ジュエリーに興味のある方にお勧めします。
文庫本と雑誌の中間サイズで70ページ程度なので通勤電車の中や喫茶店で手軽に読むことが出来ます。
サイズは軽量級ですが、内容は重量級です。
どのページも読みやすい文章で編集の方の力量が伺えます。
私は「日本史から消えた宝飾文化」で展開されている説が新鮮で興味深く読みました。

エプタ注文ページ 1冊780円(送料込み)

目次

宝石を知る
諏訪貿易蟆馗后諏訪恭一

ダイヤモンドの魅力
諏訪貿易蟆馗后諏訪恭一

宝石で四季を描く
ギメルトレーディング
代表取締役・穐原かおる

宝石誕生の秘密
国立科学博物館名誉研究員・松原聰
同館地学研究部鉱物科学
研究グループ長・宮脇律郎

ミャンマー産ルビーに魅せられて
螢皀螢后β緝充萃役・森孝仁

アンティークジュエリーとの出合い
穐葉アンティークジュウリー美術館 館長・穐葉昭江

カラーダイヤモンドの世界
TE・TSU・SHIオーナー・伊東てつし

知られざる真珠の歴史
歴史研究者・美術史家・山田篤美

バロックパールの楽しみ
真珠博物館館長・松月清郎

甲府で輝く宝石たち
山梨県立宝石美術専門学校教授 西 洋一
宝石研磨技術者・山本 武

ひすいの郷をめぐる
フォッサマグナミュージアム学芸員・宮島宏

日本史から消えた宝飾文化
関西大学文学部教授・浜本隆志

宝石こぼれ話
時計の軸受け
レコード針

シネマの中の宝石「美女と宝石」
映画評論家・田中千世子



エプタとは(ホームページより)

『エプタ』は、基礎肌粧品メーカーであるヒノキ新薬株式会社が発行する企業文化誌です。1955年の会社創業間もない1960年代から発行していた社外誌『asunaro』を、2001年に新創刊し、季刊+1の年間5冊発行。2001年創刊から、全国ご販売店を通じご愛用者様の配布のほか、各界のオピニオンリーダーへの送付、また、インターネットでの一般の方々への販売を行っております。

 エプタ誌は、古き良き日本を見直し、伝統文化に誇りを持ち、広く“知”への関心を喚起させたいという志を持って編集しております。第一人者の皆様へのインタビュー、職人技、歴史的文化的背景を通し、毎号一つのテーマを多角的に掘り下げ、次代へつなぐ一冊として皆様へお届けするものです。



赤いダイヤの真実

「赤いダイヤモンド」と言う言葉には不思議な力がある。
人によっては「共産圏のダイヤモンド」のように聞こえる。
又は最近話題の紛争ダイヤモンドのように血に塗られた「赤いダイヤモンド」に思えるかも知れない。

ここで言う「赤いダイヤモンド」は正しく「赤色のダイヤモンド」の事で業界で「Fancy Red Diamond」と呼ばれている非常に稀少性の高い物である。
ファンシーカラーダイヤモンドのコレクターにとっては垂涎の的で米粒のかけらほどのFancy Red Diamondでも所有していることが自慢だ。

11月25日Christie's Hong KongでFancy Red Diamondのオークションにおける記録価格が更新された。

Shape: Heart-shaped
Cut: Brilliant-cut
Weight: 2.09ct
Color: Fancy Red
Clarity: SI2
見積価格: HK$28,000,000-38,000,000
落札価格:HK$39,320,000 US$5,095,872 (約6億円)
1カラット当り:US$1,717,000


2カラットで6億円と言う価格もさることながらカタログの画像は衝撃的だった。

2.09ct Fancy Red SI2

正にルビーのような赤色である。

本当にこの色であったら「ダイヤモンドでルビーのような赤はない」と断言していたので撤回しなくてはならない。
残念ながら日本の下見会には持ち込まれなかったので、香港のオークションまで行ってきた。
ショーケースから取り出して見たものが下の画像だ。

2.09ct Fancy Red SI2 by my camera

想像通りのFancy Redだ。
正直ホットした。
やはりルビーのような赤はありえなかった。
言うならば「透明度と彩度の高い小豆色」だ。
これも赤色の範囲なのであろう。
もっとも緑を青いと言ったり、太陽を真っ赤と多様な表現する日本人が言えた義理ではない。
でも赤色の宝石ならやっぱりルビーの赤が好きだ。

GIA Grading Report
2.09ct Fancy Red SI2 GIA Grading Report


蛇足ながら、最近オークションのカタログの画像のプロモーション色が強くなっている。
宝石はカタログを見ただけで買う人は少ないが、オークションと言う性格上実物に近い画像を心がけてもらいたい。



Profile
Archives
ギャラリー
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • Van Cleef & Arpels Mastery of an Art残り10日
  • あなた知らないオークションの世界
  • ライブドアブログ