一昨日のジュネーブ クリスティーズのオークションでFancy Vivid Pinkの価格で世界記録が生まれのに続き、昨日は同じくジュネーブのサザビーズでブルーダイヤモンドの記録が生まれました。
このブルーダイヤモンドはブルーダイヤモンドの記録のみならずこれまで競売にかけられた全ての色のダイヤの中でも最も高価で宝石全体でも最も高価で、1カラット当たりも最高価格になりました。
中国の景気変調から世界経済が不透明になってダイヤモンド価格も下落傾向が続く中で世の中に2つとないような稀少宝石の価格だけが一人歩きしています。
過度な資本主義による富の偏在と先進国の金融緩和による紙幣の信用低下が魅力のある現物資産のひとつである稀少性の高い宝石の価格を引き上げています。

落札結果

○Pink Diamond
16.08ct Fancy Vivid Pink VVS2

Shape:Chsion shape
Weight: 16.08ct
Color: Fancy Vivid Pink
Clarity: VVS2
Type: Typea
見積価格:CHF22,000,000 - CHF27,000,000 ($23,000,000 - $28,000,000)
落札価格:CHF28,725,000 ($28,687,003)(約35億円)
1カラット当たり価格:$1,784,018(約2億2,000万円)
落札者:中国の個人
落札後「 Sweet Josephine 」と命名


○Blue Diamond (Blue Moon Diamond)
The Blue Moon Diamond

16.08ct Fancy Vivid Pink VVS2 Typea 28百万ドル(約35億円 約2億1,800万円/ct)
Shape:Chsion shape
Weight: 12.03ct
Color: Fancy Vivid Blue
Clarity: Internally Flawless
Type: Typeb
見積価格:CHF34,200,000 — 53,700,000 ($34,452,738 - $54,096,843)
落札価格:CHF48,634,000 ($48,993,405)(約52億円8,000)
1カラット当たり価格:$4,072602(約5億円)
落札者:香港の個人
落札後「ジョゼフィーンのブルームーン(Blue Moon of Josephine)」と命名
Blue Moon Diamondの詳細は9月29日のブログThe Blue Moon Diamondをご覧ください。


以前は国際オークションでも1億円以上の落札は多くありませんでした。
最近は2億円以上でないとベスト10にも入りません。
落札金額が上がったことと落札のベスト10で全体金額の半分以上を占めるような高額なものがオークションを引っ張っています。

余談ですが、どちらのダイヤモンドも落札後の命名にJosephineが入っているので同一の落札者の可能性があります。
いずれにしても桁違いの資産家には間違いありません。