3カラットサイズのクッションシェイプのダイヤモンドが2つ手に入りました。
カラット、カラー、クラリティー、カットが殆ど同じです。
まるで双子のようなダイヤモンドです。
ラウンドにはない大らかな輝きの魅力的なダイヤモンドです。

2つ揃った宝石はイヤリングやピアスに仕立てるのが定石です。
しかし、私は、このダイヤで同じデザインで2本のリングを作ることにしました。
構想は、「シンプルながら品格があり、重ね着けもできるリング」です。
3カラットサイズのダイヤモンドを重ね着けするには、リング本体が大きくないことが条件です。
結果、ショルダー(肩)からシャンク(腕)にかけて大きめなバケットのダイヤをチャネルセットしました。
爪は、小さいながら2本のイーグルクロウ状で存在感を出しました。
出来上がりは、下の写真の通りです。

3ct Cushion Ring










次回は、2本を重ね着けします。