平打リング

上の写真のリングは最も古典的なスタイルのリングです。
「甲丸リング」とは断面が蒲鉾を切ったように上部が膨らんでいるもので、「平打ちリング」とは断面が蒲鉾の板のようなものを指します。
このリングは、平打ちリングの表面がやや丸みを帯びているので「平甲丸リング」の仲間でしょうか。
いずれにしても、指輪の基本形です。
英語では、平打ちは「Flat」(フラット)、甲丸は「High Dome」(ハイドーム)、平甲丸は「Low Dome」(ロードーム)と言います。

皆さんはこのリングがどのように作られているかご存知ですか。
実は、このリングはプラチナの地金の塊を一人の職人が叩いて、伸ばして、削って仕上げています。
ワックスを使った鋳造でもできますが、地金を叩いて締めるので質感も強さも別物です。
昔ながらの手作りの「鍛造」です。
工場のプレス機で作り上げる鍛造リングもありますが、2つと同じものがなく、職人さんの手のぬくもりが感じられるリングとは一緒に論じられません。

この工程を動画にまとめました。
この職人さんは、弊社ビルの中で製作を30年以上行っている大先輩です。
毎日のように、いろいろな相談にのってもらっています。
実際に現場で拝見しているのですが毎回、部分部分だけで、通しで見るのは私も初めてでした。
地金の塊に命を吹き込んで指輪に生まれ変わる瞬間をご覧下さい。
感動すること間違えなしです。

手作り鍛造リングの出来るまで