16ct Fancy Vivid Blue IF

4月7日(水)にサザビーズのオークションが香港で行われました。
総額HK$408,782,750(US$52,600,000)、日本円で約50億円(手数料込み)と言う盛況振りでした。
中華圏の旺盛な購買欲を再確認した結果になりました。

気にしていたダイヤモンドの結果を2つだけご紹介します。

○Pear-shaped Diamond
5.16cts Fancy Vivid Blue
Internally Flwaless
De Beers Millenium Jewel11
落札価格(手数料込み):HK$49,940,000 約US$6,430,000 約6億円
1カラットあたり約US$1,250,000 約1億1,700万円


Millennium(2000年)を記念してDe Beersが売り出したDe Beers Millennium Jewelの一つが初めてオークションに出品されました。
De Beers Millennium JewelはMillennium Starの名前で有名な203.04カラットDカラー Internally Flwalessのペアーシェイプと5.16〜27.64カラットの11個−118カラットのファンシーブルーコレクション(下の写真参照)からなります。
今回の出品はファンシーブルーの一番小さいサイズの5.16カラットのペアーシェイプです。
The De Beers Millennium Jewels 11 Blue
ファンシーブルーの過熱振りは、まだ衰えそうにありません。
この結果を受けて、De Beers Millennium Jewelの残りのブルーが世に出てくるかもしれません。

因みに落札したのは、王室やセレブに顧客を持つロンドンのMoussaieff Jewellersです。
オーナーのAlisa Moussaieffは競合が少なくリーズナブルな価格で落札できたとのコメントを発表しています。
Moussaieff Jewellersは世界で最も大きいFancy Red Diamond 5.11carat 「Moussaieff Red」を所有していることでも有名です。

6月にはクリスティーズ香港で5.01cts Fancy Vivid Blue VS2 Heart-Shapedのダイヤモンドが出品予定です。
世界の宝石商の関心は早くも次のブルーに向かっています。

○Pear-shaped Diamond
33.31cts D Internally Flwaless Type2a EX EX
落札価格(手数料込み):HK$35,380,000 約US$4,555,000 約4億3千万円
1カラットあたり約US$137,000 約1,280万円

31ct D IF EX EX Type2a

大粒ダイヤモンドの価格が高値安定しています。
30カラットを超えると美しさも段違いです。
但し、一般的にリングには大きすぎます。
装身具には、5カラットのブルーダイヤモンドの方が大きさ的に向いていますが、どちらを選ぶかと問われたら私は間違えなく33カラットです。