ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

オークション

あなたの知らないオークションの世界

毎日オークション電話ビット

 片手に受話器を持った10人以上のスタッフが一斉にパドルを上げて注目のロットの競りが始まった。始まる前からざわついている会場にも買う気満々のバイヤーが揃っている。ロットは12カラットのマダガスカル産 無処理(加熱の痕跡無し)のリングだ。親指の爪ほどのやや丸いオーバルのサファイアからは美しい濃淡モザイク模様が湧き出ている。透明度が高く程よい明るさのブルーは優しさも兼ね備えたジェムクオリティだ。30万円と言う格安のリザーブ価格(最低落札価格)は多くのバイヤーの食欲を刺激するには十分だ。
 オークショニア(オークションを取り仕切る人)がリザーブ価格の30万円からスタートしようとしたとき会場の中の海外のバイヤーから一気に250万円の声が上がった。気の短いバイヤーが時間短縮と格安で買おうとしていたバイヤーを振り払うための心理戦でもある。これでバイヤーは一気に3分の1ぐらいの数に落ち着いた。このように人気のあるロットはこれからが結構長い。案の定、会場にいるバイヤーと電話で参戦しているバイヤーのバトルが始まる。260万円、270万円、280万円と会場と電話の争いが続く。ここで会場に残っていた最後のバイヤーが降りた。決戦は残った電話の2人に絞られた。こうなるとオークショニアは丁寧に時間をかける。一声10万円ずつ競り上げるが、簡単にはハンマーは打たない。290万円、300万円と上がっていく。電話の1人は予算に余裕があるのか、競争相手がビットするとすぐに応戦する。もう1人は1回毎に検討する時間が長くなる。始まってから3分以上が経過している。通常このオークションでは、そこそこ競るロットでも1分以内なので長期戦だ。更に310万円、320万円、330万円と一声毎にオークショニアが防戦している方に「まだ競りますか?」と声をかけるが検討する時間がさらに長くなる。絞り出すように、340万、350万とパドルを上げるが、もう1人が直ぐに360万円と追ってきたところで遂に力尽きた。30万円のリザーブ価格のロットは最終的に360万円で落札された。
 この日のオークションは普段と違う空気が流れていた。平成から令和に変わる異例の10連休の初日に行われたために、いつもは会場に来ていた日本在住の外国人バイヤーも長い休みを故郷で過ごすため自国から電話で参加していた。いつもにも増して電話同士の争いが目立ったのはこのためだ。電話の場合、オークション会社のスタッフが現在の価格をバイヤーに伝えるが、現場の状況は想像するしかない。電話での参加は会場より冷めた目で見ることが出来る人も多いが、相手が見えないことでより熱くなる人が少なからずいる。そのような人が最後に2人残ると大変だ。「幾らで買う」より「勝負に勝つ」に変わってシーソーゲームの様相になる。
 シーソーゲームの結末が時計のように同じモデルの現行価格より高くなると残るのは後悔しかないが、一つ一つが異なる宝石では買い手によって適正価格もまちまちで、最終的な勝ち負けが曖昧なので救われる。間違いなく誰よりも高く出した結果が落札だが競争相手の多寡や強弱は時の運でもある。相場だけで決まらないのがオークションの怖さでもあり、魅力でもある。
 最後にこれを読んでオークションに恐れを抱いた皆さんに本田宗一郎さんの言葉「チャレンジして失敗を恐れるよりも何もしないことを恐れろ」を贈りたい。

Brand Jewlry 2019SUMMER-AUTUMN掲載

査定、査定、査定。

毎日、ジュエリーの査定をしていますが、今日はオークションの査定がピークで、他の仕事が出来ませんでした。
査定は、稀少性が高くなればなるほど、時間がかかります。
見る時間も結論を出す時間も長くなります。
特に無処理のルビー、サファイアやファンシーカラーのダイヤモンドは査定が終わっても、何度も見直します。
宝石は一つ一つが異なるので、時間が経ってから見直すと違う要素が見えてくることがあります。
買い付けは、自分の美しさの価値観だけで判断しますが、査定は他の人が作ったジュエリーに価格をつけていきますので、より幅が広くなります。
今日は、ファンシーカラーの高品質なものに時間が取られました。

ジュエリーのプロデュースの仕事が溜まっています。
明日は出来るだけ、「石合わせ」をやりたいと思います。
「石合わせ」とは、デザイン図やラフスケッチに合わせて石を並べて、バランスを確認する作業です。
この作業が宝石を主体とする装身具では重要です。
宝石の美しさは3次元ですので、描いた絵だけでは分かりません。
平面に並べて、分からないときは粘土の上に置いて、角度を調節したり、立体的な美しさを追求します。
でも、この作業で美しい宝石の装身具が出来るわけではありません。
いくら「石合わせ」が思ったように出来ても、腕が良く、感性の鋭い職人さん抜きでは話になりません。

美味しい料理に良い素材は不可欠ですが、その素材を生かす腕の良い料理人がいなければならないように、ジュエリーも最後の決め手は、職人さんにかかっています。

本当に美しい素材も、一流の仕事が出来る人材も限られているので、ちょうどバランスが取れているのかも知れません。



香港 クリスティーズ オークション 結果

5月30日に行われた香港クリスティーズのオークションの結果の一部をご報告します。
4月19日のブログで記した日本の下見会で気になった2点の結果は以下の通りでした。

○ダイヤモンド マーキスシェイプ ブリリアントカット 15.05ct D IF タイプa
 落札価格(手数料込)$1,206,400 (約144,720,000円)
 1カラット当たり約$800,000(約9,600,000円)
 若干厚みがありますが、本当に透明度が高い逸品です。
 大粒ダイヤのD IF、FLは、1ラット当たり$800,000〜$1,000,000で高止まりしています。
 資源価格や株価の急激な下落が起これば、宝石の価格も下がる可能性があります。

○ルビー ビルマ産 無処理 4.10ct
 落札価格(手数料込) $405,600(約49,000,000円) 
 1カラット当たり約$99,000(12,000,000円)
 このルビーは、トータルデプスが52%と姿かたちが理想的な上に
 暗いところでも綺麗に赤く発色する程良い明度と抜群の彩度のルビーです。
 本当に欲しかったのですが、卸としてはここまで出すことが出来ません。
 このルビーの価格は同サイズのダイヤモンドの最高価格を遥かに上回っています。
 

特別に美しいものの落札価格を幾つかご紹介します。

○サファイア カシミール産 無処理 5.48ct

Kashmir Sapphire 5.48ct








 落札価格(手数料込) $202,800(約24,000,000円)
 1カラット当たり約$37,000(約4,400,000円)
 このカシミールは、カシミールのベルベティな特徴と透明度を併せ持った稀な品質です。
 トータルデプスが83%と深いので私は買いませんが、
 なかなか出会うことが出来ない宝石であることは確かです。



○ダイヤモンド ペアーシェイプ ブリリアントカット 6.88ct Fancy Purplish Pink IF

6.88ct Fnacy Purplish Pink IF










 落札価格(手数料込) $1,381,120(約166,000,000円) 
 1カラット当たり約$200,000(約24,000,000円)
 他にもIntenseやVividと言ったグレードだけでは稀少性の高いファンシーカラー
 のダイヤモンドががたくさん出品されていましたが、私が、欲しいと思ったのは、
 この1点だけです。
 ブラウン味が殆どなく、透明度が抜群に高い桜色系のピンクです。
 恐らく南アフリカあたりの産出と思いわれます。
 また大きさも装身具として魅力的です。
 

香港 クリスティーズ オークション

香港 オークション会場








5月30日開催の香港クリスティーズオークションに参加しました。
ロット数430点、午前11:30から午後8時まで、途中1時間の休憩を挟みますが、連続8時間半の長丁場です。
高額品の世界的な需要の高さを背景に結果は、落札金額合計38百万ドル落札率82%(ロット数)、88%(金額)と好調を維持しています。

 オークションで人気のあるものは、二つと無いようなユニークなものか、D I Fのような特別なレポートが付いて一見分かりやすく思えるものか、所有者や来歴に魅力のあるもののいずれかです。
残念ながら、高品質でも特別なレポートが付いていないものは、プロしか競らないので、値上がりは限られています。見方を変えれば、目さえ利けば、掘り出し物はあります。

 オークションの競りあがる仕組みに電話によるビットがあります。
会場に来ることが出来ない人や公に顔を出したくない人が電話でオークションに参加します。
20万ドル(約2千4百万円)を超える商品の殆どは、競り落とされます。
香港の場合は、各国担当の30人ほどのオークションの社員が顧客の代わりにビットします。
顧客は、実際に会場にいない分、想像が膨らみ、ビット問う係の声から臨場感が高まり、場合によっては、平常心を失い深追いをすることがあります。
これは、スポーツ等のラジオの実況に興奮するのに似ています。

 無処理と処理のカラーストンの価格差がますます広がっています。
特にルビー、サファイアの加熱の有無は以前では考えられないほどになっています。
更に産地の差も加わり、同じ宝石種でも価値はピンキリです。
但し、産地が良く、無処理でも美しくなければ意味がないので、注意が必要です。
実際に、今回もそのようなものが高値で落札されていました。

続 カシミールサファイア

前回の続編です。

カシミールサファイア 22.66カラット クッションシェイプ
落札価格 $3,064,000  1ドル120円換算で3億6千7百万円

オークションのカタログによると、このサファイアは1886年に$2,200で購入されたそうです。
何と1,300倍以上になったことになります。
James Hill氏は、家族の財産の為に購入されたそうですが、120年後に1,300倍になったことは
正に思惑通りだったのではないでしょうか。


このオークションではこのほかにレッドダイヤモンドが特筆すべきでしょう。

1.59カラット ラディアントカット 
Fancy Purplish Red VS2
落札価格 $958,400 1ドル120円換算で約1億1千5百万円
     1カラット当たり$602,76 約7千2百万円

個人的には、レッドダイヤモンドの美しさは評価していませんが、ダイヤモンドの1カラット当たり価格のオークションでの記録はレッドダイヤモンドが持っていることからコレクターには格好のアイテムです。

Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • 「アヒマディ博士の宝石学」−宝石を科学的に解説ー
  • あなたの知らないオークションの世界
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • ライブドアブログ