ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

ジュエリーオークション

あなたの知らないオークションの世界

オークション下見会会場small

 どうしたら宝石やジュエリーの善し悪しや相場が分かるようになるのだろうか。宝石店を回ってもショーケース越しに覗くのは勇気がいる。気になったものを試しに出してもらって手に取ったらいつの間にか買う羽目になっていた経験をした人にはトラウマだ。では講座を受ける?学校に入る?何れにしてもかなりの費用がかかる。
 費用が殆どかからない絶好の場所がある。それは宝石オークションの下見会だ。ネットオークションと異なりライブのオークションはオークション2、3日前に手に取ってジュエリーを見ることができる下見会が開催される。下見会には原則として誰でも入場することが出来る。下見会の良いところは販売の為ではなく純粋に下見なのでジュエリーを気軽にチェックすることが出来る点だ。それに一般の宝石店ではそれぞれのお店の格で品質は揃っているので比較は難しいが、オークションの下見会は品質が様々で、善し悪しの比較ができるのが特徴だ。
 下見会に参加するには、オークション会社に電話するかホームページから申し込んでカタログを入手することが第一歩。下見会の場所、日時を確認して、それまでにカタログをチェックする。お目当てのジュエリーを落札したい場合はそれだけをチェックすれば良いが、ジュエリーをより深く理解したい場合は全てのロットの写真と記載されているデータを丹念にチェックして出来るだけ多くの商品を下見会で手に取って確認したい。
 ここで大切なのは何でも良いから本気で買うことだ。金額は問わないが購入する目的を持つことで力がつく。例え欲しいものが無くても「掘り出し物」を探すだけでもいい。オークションの良いところは落札して手に入れた物も相場が変わらなければ原則として同じリザーブ価格(最低落札価格)で再度出品できることである。もし手に入れた同額で落札されれば手数料分はなくなるが勉強代としては安い物だ。一般の方でもオークションで手に入れて飽きたら再出品し、他のものを手に入れることを繰り返している上級者もいる。一定額をジュエリー購入に充てると考えれば、今はやりのサブスクリプション的な使い方だ。
 ここからは下見会に欠かせない七つ道具を紹介しよう。10倍のルーペ、ペンライト、紫外線ライト(ブラックライト)、ピンセット(ルース用)、ノギス(無ければ定規)、宝石用クロス(めがね拭きでもOK)、計算機。これらを宝石店に持ち込むことは失礼で出来ないが、下見会では問題ない。下見会は一般的に一日中行っていているので、時間を取ってじっくり見たい。

オークション下見会ディスプレイsmall

 まず、ショーケース越しに見てカタログの画像と比較する。オークションカタログの画像は実際の色や寸法に近くするのが基本だが最近は実物より良く見せる傾向があるので確認が必要だ。下見会場によるが自然光で見ることができるスペースが用意されているところは是非活用したい。特にスペースを設けていない会場でも気になるロットは係に窓辺でチェックしたい旨を伝えて見ることも可能だ。宝石は光源によって見え方が変わるので自然光、蛍光灯、白熱灯、LEDとで微妙に異なる。
 次に手に取って重量を確認する。重さから耐久性や装着性をチェックする。例えばブローチの重い物は要注意だ。日本は温暖化で服装が薄くなっているので重すぎるものは使えないことが多い。
 この後はルーペを使うので、事前に使い方をマスターしておこう。レンズを親指と人差し指で挟んで、ルーペのレンズにかかるかかからないかぐらいのところを中指で支える。ジュエリーを中指につけて覗くとピントが合う。10倍のルーペでは約指一本分が焦点距離だ。ジュエリーを宙に浮かせずルーペと中指で固定することがこつだ。焦点が合ったらルーペを出来るだけ利き目に近づけて視野を広げる。片目で作業を続けると疲れるので両目を開けて出来る訓練もしたい。
 ルーペが使えるようになったら、初めに刻印をチェックする。刻印情報を掲載しているカタログもあるが掲載されていない情報もあるので横着せずに自分で確認しよう。刻印には使われている貴金属の種類と品位、使われている宝石の石目方、メーカーやブランドのマークやシリアル番号等が打たれている。情報も大切だが丁寧に刻印されているかも重要だ。品質の高いジュエリーは刻印も綺麗なものが多いが、品質の低いジュエリーで刻印が綺麗なものは殆どない。メーカーの刻印は特定できなくても打たれていることでメーカー責任を取る姿勢が見えるのである物の方が比較的安心だ。白い地金はプラチナの場合とホワイトゴールドがあるが、ホワイトゴールドにはロジウムメッキが施されているので傷ついてメッキがはげる場合があることを承知しておきたい。ブローチやペンダントは傷むことが少ないので大柄なものはプラチナを避けて比重が軽いホワイトゴールドで作ることがある。
 紫外線ライトは簡易な鑑別に使えるので我々プロには必須だ。例えば、ダイヤモンドは蛍光を発するものが多く存在しており、稀にその中で特別に強いものが肉眼でも濁って見えることがある。蛍光の程度と肉眼で見たギャップを自分で確認してもらえば、殆どが影響のないことが分かる。そうすることでレポートにストロングブルーと記載があるだけで忌み嫌うことはなくなる。
 宝石の内部をルーペで拡大して善し悪しを見分けるのはプロの領域だが、表面の傷や内部に亀裂があるとか、宝石を留めている爪が浮いていて作りが不完全であるとか、一般の方でも分かることもあるので挑戦してもらいたい。その際にクロスで事前に汚れを拭いておくとゴミとの見間違いを防げる。
 石目方が分からなくともノギスや定規でダイヤモンドの縦横や直径を測ることで推定することができる。公式や早見表もあるのでステップアップしたい方は専門書を読むことをお勧めする。
 宝石は1カラット当たり幾らかが相場の基本になるので、例えばリザーブ価格(最低落札価格)をメインストンの石目方で割っても目安になるのでカタログに記入して品質や大きさとの関連性を見つけることも相場のヒントになる。
 今回はかなり専門的になったが、あまり肩肘張らずに出来るところから始めるぐらいで良いので、気軽に下見会に出向いてみよう。毎回必ず新たな発見があるはずだ。「習うより慣れよ」の精神で行ってみよう。

画像提供:毎日オークション

Brand Jewelry 2019 WINTER-2020 SPRING掲載

あなた知らないオークションの世界

136X3-1

 今回はオークションの心理戦について言及しよう。オークション会社で一番重要な仕事は集荷に尽きる。もちろん買い手を集めることも大切だが、魅力的な物が無ければ勝負にならない。また魅力的な物も魅力的な価格でなければ落札されないので意味がない。オークション会社は落札率を高めるために、出来るだけ低いリザーブ価格(最低落札価格)での出品をお願いする。反対に出品者側は安く落札されるリスクを避けるために出来るだけ高いリザーブ価格にしたい。経験から言えば売却することを優先するならばオークション会社のアドバイスに従うことをお勧めする。彼らは相場をよく知っているので幾らのリザーブ価格なら買い手の手が挙がるかを高い確率で分かっている。出品者の意向をある程度汲んだリザーブ価格で始めても不落札になるかリザーブ価格ギリギリで落札されて競り上がる確率は低くなる。

 オークション会社は出品者から価格を全面的に任された時に相場を無視して極端に低いリザーブ価格を設定することがある。たいていの場合は花の蜜に集まる蜂のように安値を求めて買い手が多く集まるので会場は熱くなり通常のリザーブ価格を大きく超えた価格で落札されることも多い。いつもは冷静なプロも興奮して我を失って追いかけてしまう場面に何度も遭遇した。もちろん想定外に安く落札されることも無いことはないが、その多くは元々の魅了に乏しいものがほとんどだ。

 オークションのカタログにはEstimate Price(見積もり価格)が下限と上限の幅で表示されている。一般的にはEstimate Priceの下限がリザーブ価格の事が多い。買い手としてはリザーブ価格の極端に低い物は結果として高くなることが多いので、敢えてリザーブ価格で落札できる物を狙うのも一考だ。他に競る人がいなくてリザーブ価格で落札できれば結果として成功と言うことになる。オークションの相場は全体として十分にリーズナブルなので相場より極端に安い価格で落札出来ることは少ないと割り切ることが大切だ。状況によってはオークション会社が自らの手数料を削ってリザーブ価格以下でハンマーを打つことがある。リザーブ価格で買うと言う割り切りをすれば、このような幸運も飛び込んでくる。

ブランドジュエリー2017WINTER-2018SPRINGの記事より


あなたの知らないオークションの世界
あなたの知らないオークションの世界

あなた知らないオークションの世界

Chrisitie's Auction

 「縁がない世界!」「素人には無理!」「何か怖い!」どれもライブオークション(注)に対する大方の反応。
ネットオークションに慣れている若い人もライブオークションには二の足を踏む。

 オークションを理解するうえで大切なのはリザーブ価格だ。
リザーブ価格は最低落札価格の事でその金額未満では落札できない金額である。
本来オークションはノーリザーブであるべきだが、出品を促進するための保険として設定される。
オークションでのリザーブ価格は宝石が持つ本来の価値が主な構成要素で様々な費用やマージンが加わる卸価格とは異なる。当然店頭価格の数分の一と言うものも出てくる。リザーブ価格は工賃やブランドの人気も殆ど考慮しない。
ブランドや手の込んだ細工の物も人気があれば自然と競り上がるので市場にまかせるのがオークションだ。
反対に人気がなければ思わぬ安値で落札されることもある。
実績から人気の乏しい物やリザーブ価格が低すぎるものは幾らでも落札できるノーリザーブとして出品される。
日本語では「成り行き」と表示されるので理解しやすい。

 ネットオークションとの一番の違いはリザーブ価格の設定を出品者ではなくオークション会社が行うことだ。
リザーブ価格からどのぐらいがまでが適当か範囲を示す見積価格も表示される。
専門家が真贋も含めて査定をするので、金額に安心感がある。
見積価格の範囲内で落札できればもしかして高い買い物をしたのではと言った猜疑心を持つこともない。
もちろんオークションなので、どうしても落札したい人が2人以上いた場合は思いがけない金額まで跳ね上がる事はたまに起きる。
良い点としてはオークションで買ったものは殆どのケースで再度オークションに出品できるので、飽きたら売ってしまおうと考えれば気楽に考える事が出来る。
販売手数料は必要だが、客観情勢に変化がなければリザーブ価格は変わらない。

 欧米ではオークションが生活に根付いている。例えばパリには公営のオークションHotel Drouot(オテル・ドルーオー)があり、家具、道具、雑貨等殆ど全てのアイテムが日々オークションにかけられる。
フリーマーケット同様に買い物の一つの手段として気軽に利用されている。
もちろんジュエリーもある。
オークションの世界ではジュエリーは絵画に次いで人気だ。
気軽に着けられるものから資産性の高いものまでオークション会社の格に応じて品揃えされる。

 オークション会社は国際オークションとローカルオークションの大きく2つに分類される。
国際オークションは世界の大都市でオークションや下見会を開催し世界中の富裕層が主な顧客だ。
中でも200年以上の伝統のあるChristie’sとSotheby’sが有名だ。
国際オークションは輸送費や関税等の費用がかかるので結果として高額品が多くなり価格帯は500万円以上がメインで落札上位は2億円以上と桁が違う。
ローカルオークションは各国に複数のオークション会社があり国内で開催されるため費用の面では有利で手数料も国際オークションに比べれば低く設定されている。
価格帯も数万円から数千万円と幅広い需要に応えている。
(注) 会場で競る古典的なオークション。ネットオークションと区別するための呼称。
次回は国際オークション開催地に於ける商品の特色等について解説します。(2017年7月発売予定)
以上、ブランドジュエリー2016 WINTER-2017 SPRINGに掲載された記事です。



Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • あなたの知らないオークションの世界
  • あなたの知らないオークションの世界
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • 「アヒマディ博士の宝石学」−宝石を科学的に解説ー
  • ライブドアブログ