ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

ジュエリーコンテスト

SUWA ラフダイヤモンドコンテスト2018

ラフダイヤモンドコンテスト2018JPG

2018年もラフダイヤモンド(原石)をテーマにしたジュエリーコンテストを開催いたします。例年、アイテムを指定させて頂くことが多かったのですが、今年はアイテムを指定せず、作品のテーマを指定させて頂きたいと存じます。

今年のテーマは『神話・童話とラフダイヤモンド』とさせて頂きます。

研磨が可能になる遥か昔、気の遠くなるような時を超えて存在する自然のままのダイヤモンドと、遠い昔から伝えられてきた、いにしえの神話や童話を組み合わせてデザイン画をお考えください。神話・童話については国内外を問いません。神話についての説明を以下に記載していますが、世界各地の古くから伝わる伝説や昔話も含めて良いものとします。

神話について:『古くから人々の間に語り継がれている、神や架空の存在を中心とした物語。 神聖な話として古くから伝えられてきたもの。』

童話について:『児童が読む、または親などの大人が幼年児童に読み聞かせる子ども向けの、民話、伝説、神話、寓話、創作された物語など。』

ラフダイヤモンドの美しさが引き出され、いつも身に着けられて、世代を超えて受け継がれてゆくデザインをお考えください。

今年も例年同様、一次審査でデザイン画10点を選出した後、選ばれた中より、構想、着用性、製作後の仕上がりを考慮し、優れた3点を選出後、実際のジュエリーに製作し、出来上がった3作品から最優秀賞を決定いたします。ジュエリーの製作は弊社が行います。また、意欲的なデザインをチャレンジデザイン賞として、また、昨年発表したプレス奨励賞も、別途、表彰いたします。

応募要項等の詳細は下記ページで確認してください。
SUWA ラフダイヤモンドコンテスト2018


ラフダイヤモンド ジュエリーコンテスト 2017

ラフダイヤモンドコンテスト2017

今年も諏訪貿易が主催しているラフダイヤモンドジュエリーコンテストがやってきました。
ダイヤモンドの原石のジュエリーをテーマに重ねて今回で8回目になります。
ようやくジュエリーコンテストとして認知され始めました。
ダイヤモンドの原石ジュエリーも唯一無二の自然を身に着けたい方に支持されて徐々に広まっています。
De Beers Daimondsのタリスマンコレクションはブライダルのラインも揃えて更なる広がりを見せています。
応募要項は下記のページをご覧ください。
8th Annual SUWA Rough Daiamond Jewelry Contest
原石の動画を見るだけでも大自然を感じます。
ページの最後に過去のコンテストの受賞作品や選考風景が掲載されていますので参考にしてください。

第2回ラフダイヤモンドジュエリーコンテスト

Rough Diamond Design Contest

昨年たくさんのご応募をいただいた「ラフダイヤモンドジュエリーコンテスト」を今年も開催いたします。
今年は、ダイヤモンドの原石を使ったピンブローチのデザインを募集します。
また、皆様からいただいた応募デザイン画1点につき1,000円を弊社が拠出し震災の義援金として日本赤十字社に寄付いたします。


○テーマ
「ダイヤモンドの原石を使ったピンブローチ」
いつも身に着けて楽しんだ後に、次の世代に受け継がれてゆくピンブローチをご提案ください。
未発表のデザインに限ります。

○応募期間
2011年6月4日(土) 締め切り(郵送の場合は当日消印有効)

○賞・賞品
最優秀賞 1名 賞状、作品の写真、金 100,000円
優秀賞 2名 賞状、作品の写真、金 30,000円
佳作 7名 賞状、新刊『指輪88,四千年を語る小さな文化遺産たち』(淡交社)

詳しい応募要項は「第2回ラフダイヤモンドジュエリーコンテスト」のページをご確認下さい。
たくさんのご応募をお待ちしております。


Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • セブンアカデミーセミナー「ジュエリーの整理・活用法実習セミナー」
  • ダイヤモンドアトム@Chrisitie's Hong Kong!
  • ダイヤモンドアトム@Chrisitie's Hong Kong!
  • ダイヤモンドアトム@Chrisitie's Hong Kong!
  • BS-TBS 「麗しの宝石物語」
  • Gimel 銀座SIX ギャラリー展
  • ライブドアブログ