2017年ダイヤモンド産業の川上から川下までの市場規模を2014年と比較して解説します。

2014年 

ダイヤモンド原石産出額2014

2017年

ダイヤモンド原石産出額2017

まずダイヤモンド産出国から見て行きましょう。
2014年の総算出金額は16.52ビリオンドル、それに対し2017年は13.46ビリオンドル($1=\110レートで1兆4,800億円)で20%程生産が下がりました。
産出額1位、2位はボツワナとロシアが覇を競っています。
ロシアは国の成り立ちから好不況にかかわらず計画的に生産する傾向なので比較的安定していますが、ボツワナはデビアスの牙城で不況期には生産調整を行うので波があります。
リーマンショックの後もロシアは生産を落としませんでしたが、デビアスは急激な減産を行い在庫調整したのが好対照でした。
3位は20世紀末に生産が始まったカナダの定位置となりました。
既存の鉱山に加えて新規の鉱山の生産も加わり更に増加傾向です。
寿命の短くなった鉱山が大半を占めて生産が伸びない業界の救世主的な存在です。
アンゴラ、ナミビア、南アフリカは4〜6位のグループを形成しています。
ボツワナ、ナミビア、南アフリカ3国は主にデビアスが採掘を行っているので同じブルーで表示しています。

データ出典:IDEX (International Diamond Exchange )Tacy Diamond Pipeline
単位:Billion $ US$1Billion=US$1,000Million=$1,000,000,000 US1=\110の場合US$1Billionは1,100億円
雑誌JEWEL SPRING号掲載