ジュエリーコンシェルジュ原田信之

諏訪貿易が提供しているジュエリーの相続資産の査定・仲介のサイト「宝石ドットコム」の責任者:原田信之のブログ

ダイヤモンド買い付け

テルアビブ 2008 

テルアビブのダイヤモンド取引所は、ファンシーシェイプの取扱量が多いのが特徴です。
ファンシーシェイプとは、その宝石のメインの形以外を意味します。
ダイヤモンドの場合は、ラウンドシェイプが殆どなので、ラウンド以外の形は全てファンシーシェイプです。

ダイヤモンドのファンシーシェイプは大きく2つのグループに分かれます。
ラウンドシェイプに代表されるブリリアントカットとエメラルドカットに代表されるステップカットの2つです。
ブリリアントカットは、全ての稜線がガードルを跨いでいる事が特徴で、内側から湧き出る強い煌きが魅力のカットです。
ステップカットは、ガードルに平行した階段状の面がつけられている事が特徴で、吸い込まれるような透明度が強調されます。
ブリリアントカットには、ラウンドのほかにペアーシェイプ、オーバルシェイプ、マーキスシェイプ、ハートシェイプ等があります。
ステップカットは、エメラルドカットのほかにバケット、スクエアー、テーパーバケット等があります。
その他にどちらにも入らないもので人気があるのは、プリンセスカットです。

今日は、ブリリアントカットのファンシーシェイプから買い付けを始めました。

ファンシーシェイプのロット(ケース入り)





ダイヤモンドは、もともとは紙のパーセル(畳紙)に入っているのが基本ですが、ダイヤモンド同士が当たって角や尖った部分が欠けることを防ぐために特にファンシーシェイプの品質の高いものは、このようにプラスティックの容器に入れてあります。
ここに写っているダイヤモンドは0.3から1カラット未満の中粒のものですが、最高品質のため総額は数千万円になります。
今更ながらダイヤモンドは高価です。

ファンシーシェイプ3/8ブリリアント





0.4カラットサイズのロットを取り出します。

ファンシーシェイプのロット





紙の上にざらっと出して選別を行います。
宝石が転がらないためと、選別のメモが書けるので、必ず紙(ソーティングパッド)の上で作業を行います。
写真のように、既に選別用に区分けのマス目が印刷されたものもあります。

ファンシーシェイプ ルーペで覗く





ルーペで覗くとこのように見えます。
無色で透明度が高いのが確認できます。

次は、選別のポイントをご紹介します。


テルアビブ出張

テルアビブの海岸








7年ぶりにテルアビブに来ています。

治安が悪い

バイヤーが来ない

ニューヨークや香港のオフィスで代わりに販売する業者が増える。

ますます、商品が少なくなる。

更にバイヤーが来ない

と言う悪循環に加えて、
工賃の割合の高い小粒のファンシーシェイプが
人件費の安いインドにシェアを奪われると言う状況も加わり、
どのようにこの状況を打開しているのか確かめるために来ました。

こちらは、季節の移り変わりで雨季にあたります。
と言っても最高気温が20度ぐらいで雨さえ降っていなければ日本人にとって
さわやかな初夏のような快適な気候です。
Profile
Archives
ギャラリー
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • 見逃したら一生悔やまれる「ギメル展」
  • Van Cleef & Arpels Mastery of an Art残り10日
  • あなた知らないオークションの世界
  • ライブドアブログ