ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

ファンシーブルー

宝石の資産性

Fanby Vivid Blue 10.95cts by Bvlgari

稀少性の高い宝石は、身に着けて十分に楽しんだ後にも価値が残ります。
その時の貨幣価値によって金額は一定ではありませんが、価値が残るのが宝石の魅力です。

また一つ、宝石の価値を物語る事例が誕生しつつあります。

1972年、ヨーロッパの宝石収集家が最初の子供の誕生を記念して妻にダイヤモンドの指輪を送りました。
その指輪はローマのブルガリで当時の価格約100万ドルで購入され、その後40年に渡って彼の家族によって所有されました。

収集家はその指輪を来る10月20日のニューヨークのクリスティーズオークションで競売にかけることにしました。

○Diamond Ring by Bvlgari
10.95 carat Triangular cut Fancy vivid blue
9.87 carat Triangular cut White Diamond

オークション会社は落札価格を1,200万ドル(約10億円)は下らないであろうと予想しています。

いささか過熱気味のファンシーカラーダイヤモンドの相場ではありますが、40年で12倍です。
もちろん貨幣価値の違いはありますが、40年間身に着けて楽しんだ後の資産価値です。

宝石は投機には向きませんが、長期には資産としての価値も残ると言う良い例です。

余談ですが、オークション担当者はこのブルーダイヤモンドは恐らく南アフリカのプレミア鉱山産の少なくとも20カラット以上の原石から研磨されたのであろうと推測しています。

下見会は今週のジュネーブを皮切りに、香港、ロンドンと回り最後にニューヨークで行われ、その後オークションにかけられます。



Hope Diamond

Hope Diamond

ついに、世界で最も有名なブルーダイヤモンドのホープダイヤモンドを手に取りました。



と言うのは、冗談です。
弊社の会長の諏訪がスミソニアン博物館のミュージアムショップにて100ドルで買ってきたレプリカです。
なぜ、今更ホープダイヤモンドを紹介するのかと言うと理由は、3つあります。
Hope Diamond GIA Report

まず、ホープのブルーの色です。
一般の方がご覧になって、「きれいだった」と感想を聞くことがありますが、決してきれいなブルーではありません。
ご覧の写真のようなブルーです。
レプリカながら、実物に近いブルーが良く再現されています。
GIAのレポートでは
Fancy Deep Grayish Blue です。
強引に日本語訳すると「彩度が低く灰色がかった濃い青色」です。

二つ目は、原産地がインドのゴルコンダと分かっている数少ないダイヤモンドです。
現在のところ科学的な特徴からはダイヤモンドの原産地の表記は難しいのですが、来歴がはっきりしている歴史的なダイヤモンドについては産地の言及が可能です。
博物館の公式サイトにも産地としてゴルコンダの記載があります。

三つ目は、語り継がれている「呪い」についてです。
全くの迷信です。
私は、宝石に人の「怨念」とか「呪い」がついていると言う類は信じません。
ホープダイヤモンドの歴代の所有者の詳細については下記のページをご覧下さい。
ホープダイヤモンド

最後にホープダイヤモンドの燐光について触れておきます。
紫外線等を当てたときに発生する発光は「蛍光」と言うのはご存知だと思います。
光源を切った後も僅かに持続し、そして消滅する光を「燐光」と言います。
「燐光」を発するダイヤモンドは稀で、その多くがType2bのブルーダイヤモンドと言われています。
「燐光」の色は通常「青」又は「赤」で、ホープダイヤモンドの「燐光」は赤色です。
Hope 燐光






現在、ホープダイヤモンドは枠から外されて、ジュエリーのリモデルの最中とのことです。
写真の姿では見ることは出来ません。
次は、ネックレスになって登場すると聞いています。
ワシントンにお出かけの際は、是非ご自身の目で美しさを確認して下さい。

Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ライブドアブログ