ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

処理

希望・楽観主義・寛容

5ct size Kashimir Sapphire Ring







2月17日(日)米ワシントンポストは社説で民主党オバマ氏のことを以下のように伝えました。
「オバマ氏が民主党大統領候補の争いで先頭に立ったのは、米国の問題を希望楽観主義、そして寛容の言葉で語ったからだ」
簡潔にオバマ氏優勢の理由をまとめたことに感心しました。 

この社説の言葉を反対の言葉に置き換えると、「問題を絶望、悲観主義、偏狭な言葉で語る」になり、比較しやすくなります。

例えば、宝石の処理の情報開示と無処理の宝石について、販売する人が以下のように話すと希望も何もなくなります。
「今まで特に説明していなかったのに、処理されていることが分かったら売れなくなる。過去に売ったものはどうするのか。」
「処理されているものと無処理のものを一緒に売れば、処理されたものが売れなくなる。」
「お客さんには、教えすぎると商売がしづらくなる。」

これを、オバマ氏風に話すとこんな具合でしょうか。
「過去は過去として、今出来ることから始めましょう。」
「お客様に産地や処理の有無に関して十分な説明と表示をしていきましょう。」
「もし処理の説明をしたことでお客様が処理した宝石の購入を望まない場合は、処理を必要としない宝石をお勧めすることが出来ます。」
「何故なら、宝石の半分以上は処理を必要としません。更に売り上げの多くを占めるダイヤモンドの殆どは処理されていません。」

私も問題を抱えたときにはオバマ氏のように前向きに話すよう心がけたいと思います。

写真は、5カラットサイズのカシミール産サファイア(無処理)のリングです。

無処理と処理の宝石の稀少性

前回のブログにコメントをいただきましたが、返事が長くなったので、本文でお答えします。


紅玉様

いつもコメントありがとうございます。
ブログを見ている方はたくさんいますが、コメントをいただくと励みになります。

さてお問い合わせの件ですが、私は「宝石の処理」を否定しません。
但し、「稀少性」において無処理のものと処理のものでは、稀少性に大きな差があります。
稀少性は需要と供給によって決まり、価値に結びつきます。
美しさと価値を判断するのが、私の仕事です。

ルビーやサファイアの無処理で美しい宝石は、供給には限りがあります。
多くの方が装身具を楽しむためには、加熱等の処理で供給量を増やさなくてはなりません。
処理によって供給が飛躍的に増えるので、稀少性も下がります。
処理のアクアマリンやルビーと無処理のままで美しいロードライトやペリドットの宝石としての価値は、稀少性の違いにあると思います。
稀少性は供給に対して需要(欲しい方の数)が多いか少ないかで決まります。
但し、処理は次々と進化したしたものが現れて、より品質の低いものが処理によって宝石に変わります。
残念なことに「良貨は悪貨に駆逐される」の言葉通り、価値は後から出てきた処理の価値に収斂します。
そのことから考えると現在処理されて流通している宝石の価値は、将来更に下がる可能性がありますので、たとえ現在安価でも無処理のままで美しい宝石に魅力を感じるのは、私だけでしょうか。



ジュエリーの大衆化と宝石の処理

ルビー、サファイア、エメラルドのように伝統的な宝石はそもそも綺麗なものは少なく高価です。
だからこそ「宝石」です。
それが、ジュエリーの大衆化でその需要に応えるために本来価値の低い低品質なものに加熱含侵をして供給を増やしたのが宝石の処理の歴史です。
処理されたものはもともと宝石品質ではないのです。
反対に言うと、宝石品質でしたら処理は必要ありません。

今までは、情報が足りないため、処理と無処理の価値の差がはっきりしていませんでした。
処理の技術が進んだ結果、供給が飛躍的に増え、無処理のものとの価格差が広がり始めています。
この差は更に広がり、処理する前の品質に見合った価値にいずれ収斂すると思います。

20年前は、そこそこの品質でも3カラットを超えるルビーはなかなか見ることが出来ませんでしたが、今はかなり安い価格で巷に溢れています。
加熱等の処理技術が進み、出現率を圧倒的に上げています。

エメラルドは10年以上前から含侵処理が著しくなり、ルビー、サファイアよりも前に価格が既に下がっています。

正直なもので、オークション等の再流通市場では既に大きな価格差がついています。

無処理で美しいものは限られているので、現実的には処理されたものが商品の中心になります。
処理されたものを購入されるときには、価値に見合った価格であるか注意する必要があります。
もちろん正確な情報開示がされていることが前提です。

Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • 「アヒマディ博士の宝石学」−宝石を科学的に解説ー
  • あなたの知らないオークションの世界
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • 「令和」記念ブログ-Diamond Pipeline 2017
  • ライブドアブログ