ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

合成ダイヤモンド

De Beers LIGHTBOXが映し出す合成ダイヤモンドの実像

Lightbox

昨年9月28日にDe Beersは合成ダイヤモンドジュエリーブランドLIGHTBOXを発売しました。

そのポリシーは合成ダイヤモンドとは何かを十分に示唆しています。


1.価格は天然ダイヤモンドの10分の1
巷では天然の30%引きとか天然の半分の価格とか様々な価格が存在しています。設備さえ整えれば量産が出来、いづれ価格は下がって行くことが予想されましたが、その前にDe Beersが一気に10分の1からスタートしたことは競争相手を戦意喪失させました。天然ダイヤモンドはサイズが大きくなればなるほど1カラット当たり価格も上がりますが、1カラットまでは全て1カラット当たり$800としたことで違いをはっきりさせました。またDe BeersのCEOは、ちょうど液晶テレビが出たてでは高価で、技術が向上して品質が上がった頃、価格が大幅に下がったことに例えています。技術革新と量産体制の進捗によって価格は更に下がって行くと示唆しています。

2.カラーレスもピンクもブルーも同一価格
合成ダイヤモンドの色は生産過程の加工次第でいかようにもなるので、天然ダイヤモンドのような稀少性の違いは無いとしています。今後は市場の好みを反映してトーンの調整もするとしています。

3.グレーディングレポートはつけない
天然とは異なりカラーやクラリティーの調整は可能なのでレポートで差をつけることに意味がないので不要としています。

4.処理の情報公開はしない
合成ダイヤモンドはカラーレス、ピンク、ブルーに仕上げるために高温高圧処理や放射線処理等を施すことがありますが、天然ダイヤモンドとは異なり処理はダイヤモンドを人造する技術的プロセスのもう1つのステップであるため価値に影響を与えず、消費者に伝える必要はないとのことです。合成ダイヤモンドはmanufactured product(工業製品)なので加工過程が何段階あるかは関係ないとしました。

5.ジュエリーはシルバー又はK10で製造
天然ダイヤモンドのジュエリーと異なり合成ダイヤモンドジュエリーは価値を求めるものではなくファッション的に気軽につける装身具なのでプラチナやK18と言った宝石の装身具の素材ではつくらない、としています。

○参考記事(英文)
De Beers: No Need to Flag Synthetics Treatments
De Beers says LGD prices have dropped 60 percent

画像:LIGHTBOX




人工カラーダイヤモンド

Gemesis Polish and Rough






米国フロリダ州のRenaissance Diamonds Inc.が製造した人工のカラーダイヤモンドを拝見する機会に恵まれました。

サイズは、1カラットから2カラット

シェイプは、特許をとっているRenaissance Cut(上の写真左)と名づけられたラディアントカット様式のカットを中心にラウンド、ハートシェイプ等がありました。

カラーは、天然ダイヤモンドのグレーディングで表すと
Fancy Intense Yellow
Fancy Deep Yellow
Fancy Vivid Yellow
Fancy Orangish Yellow
Fancy Brounish Yellow
まで、濃いものを中心に幅があります。

肉眼で色を見て、天然か人工か判断はつきません。
天然でも十分にありえる色です。
但し、ルーペで覗くとキュレット付近に色の抜けているところがあるものもあります。
色むらは天然でもありますが、スポット的な抜け方が特徴的で、ルーペで観察する場合一つの判断材料になります。

クラリティーは、VVSからSIクラスまで様々です。
SIクラスのものは、テーブルから垂直方向に伸びる亀裂が特徴的に見られますが、天然でも十分にありえますので判断材料にはなりません。
これは、作る釜の構造の問題のようなので、量を見ることによって特徴的なパターンをつかむことが出来るかも知れません。

同じ機械(釜)で作るために原石の形はほぼ同じです。
写真の右側が原石です。


Gemesis  Rough






アップするとこんな具合です。


現在、最大で4カラットの原石まで作ることが出来るそうです。
4カラットまで成長させるのに既に4日間しかかからないとの事でした。
この原石の形からは、ラディアントカットのような隅切りの四角型が最も歩留まりが良く適しています。
価格は、天然の4分の1に設定しています。
機械が1機、数千万円と高額で一つ作るのに3日から4日かかるので、現在はこの価格とのことです。
但し、機械で作るものの恒として、最初に設備投資してしまえば、作れば作るほど安くなるので人工ダイヤモンドも既にそのレールにのったと言う印象でした。

一つだけ意外だったののは、亀裂の有無と黄色の色味を完全には制御できていないことでした。
色はその時の窒素の量が微妙で、上記のような幅が出来てしまうとこことでした。
亀裂に関しても同様です。
しかし、これらの問題も技術の進歩が解決することでしょう。

イエローの他にブルーとピンクのサンプルも見せていただきました。
どちらも、0.2〜0.3カラットサイズのラウンドでした。
ブルーは、このサイズではあり得ないほどの濃さ(Fancy Insense Blue)なので、バイヤーでしたら疑問か違和感を感じるでしょう。
ホウ素を入れてブルーにするといっていたので、Typebであることは確かです。
ピンクは、アーガイル鉱山のようなパープリッシュピンクで、肉眼では殆ど天然との差は分かりません。
ルーペで見て、あまりにも内包物がないので、疑問を感じるかも知れません。

以上、天然との差を肉眼とルーペで判断できるかと言う点で見てきましたが、機械さえあれば鑑別はそれ程難しくありませんので、ご心配なく。

この会社の人工ダイヤモンドには、ガードルにRenaissanceの刻印がされています。

最後に、自然が作った宝石と全く同じものを作るには自然と同じだけの長い年月と一つ一つ異なる環境の変化を作らないと出来ませんので、実際は非現実的です。
人工の宝石は、何れ大量生産されるので稀少性は殆どありませんが、美しいアクセサリーの材料としては歓迎されます。




Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • De Beers LIGHTBOXが映し出す合成ダイヤモンドの実像
  • 諏訪恭一新著「品質が分かるジュエリーの見方」
  • 諏訪恭一新著「品質が分かるジュエリーの見方」
  • 諏訪恭一新著「品質が分かるジュエリーの見方」
  • ライブドアブログ