ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

査定

査定、査定、査定。

毎日、ジュエリーの査定をしていますが、今日はオークションの査定がピークで、他の仕事が出来ませんでした。
査定は、稀少性が高くなればなるほど、時間がかかります。
見る時間も結論を出す時間も長くなります。
特に無処理のルビー、サファイアやファンシーカラーのダイヤモンドは査定が終わっても、何度も見直します。
宝石は一つ一つが異なるので、時間が経ってから見直すと違う要素が見えてくることがあります。
買い付けは、自分の美しさの価値観だけで判断しますが、査定は他の人が作ったジュエリーに価格をつけていきますので、より幅が広くなります。
今日は、ファンシーカラーの高品質なものに時間が取られました。

ジュエリーのプロデュースの仕事が溜まっています。
明日は出来るだけ、「石合わせ」をやりたいと思います。
「石合わせ」とは、デザイン図やラフスケッチに合わせて石を並べて、バランスを確認する作業です。
この作業が宝石を主体とする装身具では重要です。
宝石の美しさは3次元ですので、描いた絵だけでは分かりません。
平面に並べて、分からないときは粘土の上に置いて、角度を調節したり、立体的な美しさを追求します。
でも、この作業で美しい宝石の装身具が出来るわけではありません。
いくら「石合わせ」が思ったように出来ても、腕が良く、感性の鋭い職人さん抜きでは話になりません。

美味しい料理に良い素材は不可欠ですが、その素材を生かす腕の良い料理人がいなければならないように、ジュエリーも最後の決め手は、職人さんにかかっています。

本当に美しい素材も、一流の仕事が出来る人材も限られているので、ちょうどバランスが取れているのかも知れません。



頭で仕事できるようになるのはいつ?

 いつも楽しみにしている日経新聞のスポーツ欄の豊田泰光さんのコラムに「若いときは肉体が、そのうち経験が、最後は頭が(ヒットを)打たせてくれる」とありました。
これは、1958年に来日したカージナルスのスタン・ミュージアルが言ったそうです。
豊田さんは、以前にもこの言葉を紹介していますので、よほど印象に残っているのだと思います。

 この言葉はどんな仕事にも当てはまると思います。
私の場合は、20代、30代は朝7時過ぎから夜9時、10時過ぎまで、土曜日、たまに日曜日まで遮二無二働きました。
加えて、20代の半ばからはムンバイに年間10回、20代後半から30代は、アントワープ、バンコク等が加わりに年間10〜15回海外出張をこなしました。
宝石バイヤーとして油がのり始めた頃と日本のバブル景気が重なったために、常識では考えられない買い付け回数を短期に経験できたことは、運が良かったと思います。
週末にヨーロッパの8時間も時差があるところから帰って、時差ボケが解消した次の週末かその後の週末に再びヨーロッパに行くという生活を何年も続けることが出来たのは、体力があったからだと思います。
まさに「若いときは肉体が、」そのままです。

 40代からは、景気が悪くなったことから出張の回数は減っていきました。
体力的にも以前のような無茶が出来なるなってきましたので、不景気にも味方され、全くついています。
この頃から、ジュエリーの査定・仲介業務にも乗り出しました。
これは、それ迄の宝石の買い付けとジュエリーのプロデュースの経験があって初めて出来ることです。
まさに「そのうち経験が、」です。
50歳も近くなったこの頃ですが、まだ「経験」でヒットが打てそうです。

 いつになったら「最後は頭が、」になるのでしょうか。
この文章を書きながら、本当は、既に頭で仕事をしなくてはならない歳になっているのではないかと不安になりました。

 さて、皆さんは「肉体」、「経験」、「頭」のどの段階でしょうか。




Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • 「どうなる?ダイヤモンド価格。」
  • あなたの知らないオークションの世界
  • あなたの知らないオークションの世界
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • ライブドアブログ