ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

稀少性

天然真珠

昨日のニューヨークのクリスティーズのオークションで落札された天然真珠をご紹介します。

NATURAL PEARL










約29.50×14.23mmのドロップシェイプ(露型)は、朝露が葉から落ちていく瞬間を捉えたような見事な形です。
自然に真珠が出来る確率は、気の遠くなるようなものです。
その中で、美しいことは言うもでもありませんが、この大きさと計算尽くされたような形の真珠があること自体、奇跡です。
落札価格は、US$289,000(手数料込み)、日本円で約3千4百万円にもなります。

現在宝石店の店頭の真珠の殆どは「養殖真珠」です。
ご存知のように、御木本幸吉氏によって発明されて世界に広まりました。
それまでの天然真珠は、非常に高価でダイヤモンドを凌ぐほどと言われています。
最近では、稀少性が見直され、養殖真珠の出現する前のような価格に戻っています。
これは、ルビーやサファイアの無処理と加熱処理の価格差がますます開いていくのと同じ流れです。
本来の稀少性が戻ってきました。
20世紀の後半は、人間の手によって作り出されたものと自然が作ったものの稀少性の区別が曖昧でしたが、21世紀は、その差がはっきりして、本来の稀少性が評価される時代です。

私は、今まで真珠は扱っていませんでしたが、「美しい天然真珠」に出会えたら、取り扱いたいと思っています。

昨日のオークションの目玉は、5.07ctのFancy Intense Blue VS2のリングでした。
結果は、US$2,885,800(手数料込み)1カラット当たりUS$113,000、日本円で約3億3千8百万円 1カラット当たり約1千3百万円です。
実際に拝見していないので分かりませんが、写真で見る限り魅力に欠けるように思えます。
引き続き、強い相場が続いています。

5.07ct FANCY INTENSE BLUE VS2


カメレオンダイヤモンド

chameleon diamond dark orangish yellowchameleon diamond dark olive green










一定時間、暗いところに保管していたダイヤモンドを明るいところに出した時に色が変化するダイヤモンドを「カメレオンダイヤモンド」と呼びます。
鑑別上は、単に「ダイヤモンド」ですが、備考に特徴が記されます。

一定時間とは、体験上、一晩程度です。
宝石商は、商品を金庫に保管していますので、朝金庫から出した時に色が変わっていると言う悪戯好きのダイヤモンドです。
初めて、見た人は、昨日金庫にしまったときは、別な色だったのに違う色に変わっていて、驚いている間に元に戻るので2度驚いたのではないでしょうか。

殆どは、灰色がかった黄色(Grayish Yellow)から灰色がかった緑色(Grayish Green)に変化します。
程度は、個体によって、殆ど変化しないものから明瞭に変わるものまで様々です。

写真のハートシェイプのダイヤモンドは、今までに買い付けたカメレオンダイヤモンドの中で最も良く変化したものです。
大きさは1.5カラットサイズです。
1分ほどで、見る見る変わってしまいますの私には写真が取れませんでした。
この写真は、全国宝石学協会さんに依頼して取ってもらいました。
どんな環境で撮影されたか伺いませんでしたが、実物の印象はもう少し濃い目です。
中心のテーブルの色が近かったと思います。
2年前に商ってしまいましたので、現在は手元にはありません。

熱でも同様に変化します。
スプーンに載せて、アルコールランプで熱すると同じように変わります。


知人にFancy Vivid YellowからGreenに変化するカメレオンダイヤモンドを扱った人がいますが、私は、いままで何百個も見てきましたなかで綺麗なものを見たことがありません。
殆どが彩度の低い美しくないものです。
所謂、「キワモノ」です。

また、稀少性は高くありません。
欲しい方が少なく、百個程度ならいつでもムンバイで見ることが出来ます。
但し、このように短時間ではっきり変わるものは多くありません。

本来は、私の取り扱いでは、ありませんが、欲しいものが何も無かった時や交渉がことごとく成立しなかった場合に手を出してしまいます。
皆さんに見せると喜ばれますが、商品のラインアップにあるのを見ると後悔します。
幸い、今は在庫になくホッとしています。

カメレオンダイヤモンドの色の変化の仕組みははっきりしていません
鑑別的なことは、全国宝石学協会さんのページで説明されていますのでご参照ください。

カメレオンのオブジェからカメレオンダイヤモンドとベタな流れになりましたが、如何でしたでしょうか。

今週から暫く夏季休暇をいただきます。



ブラウンダイヤモンドの稀少性

宝石は取引する場所によってサイズや色の表現が異なります。

ブラウンダイヤモンド








これは、ムンバイで「+11 Brown」(プラスイレブン ブラウン)と呼ばれているロットです。
直径3〜3.5ミリ前後で1粒が0.08〜0.17カラットです。
11とはシーブと言う金属製のふるいの番号です。
+(プラス)は、その番号のふるいで落ちずに残ったという意味です。
反対に−(マイナス)は、その番号のふるいで落ちるという意味です。
000番、00番、0番、1番と続き、その後は0.5刻みで20番までの42枚が基本です。
ムンバイで買い付けをしているプロのバイヤーは、各番号の直径と平均石目方を記憶しています。

ムンバイでは、イエローやブラウンを色を淡いものから濃いものまで以下のようにロット分けされています。
因みにイエローはCape(ケープ)と呼ばれています。

TTLC(Top Top Light Cape)、 TTLB(Top Top Light Brown)
TLC(Top Light Cape)、 TLB(Top Light Brown)
LC(Light Cape)、 LB(Light Brown)
Cape、Brown
これ以上濃いものはファンシーカラーになります。

写真のロットは、一番濃い「Brown」です。
クラリティーは、I1〜I2です。
現在、現地では1カラット当たりUS$60程度で取引されています。
研磨代が1カラット当たりUS$10ぐらいかかりますので、実質的なダイヤ価格は更に低くなります。

以前は、誰も見向きもしなかったロットですが、昨今のブラウンダイヤモンドの流行で今は人気のアイテムです。
ダイヤモンドのカラーの中でブラウンは圧倒的に多く産出されます。
その量は、Cape(イエロー)の10倍以上と言われています。
その比率はファンシーブラウンでも同様です。
ダイヤモンドの中でブラウンダイヤモンドの稀少性は高くありません。
美しいか否かは、意見が分かれますが、流行は流行と割り切って購入する覚悟が必要です。

無処理と処理の宝石の稀少性

前回のブログにコメントをいただきましたが、返事が長くなったので、本文でお答えします。


紅玉様

いつもコメントありがとうございます。
ブログを見ている方はたくさんいますが、コメントをいただくと励みになります。

さてお問い合わせの件ですが、私は「宝石の処理」を否定しません。
但し、「稀少性」において無処理のものと処理のものでは、稀少性に大きな差があります。
稀少性は需要と供給によって決まり、価値に結びつきます。
美しさと価値を判断するのが、私の仕事です。

ルビーやサファイアの無処理で美しい宝石は、供給には限りがあります。
多くの方が装身具を楽しむためには、加熱等の処理で供給量を増やさなくてはなりません。
処理によって供給が飛躍的に増えるので、稀少性も下がります。
処理のアクアマリンやルビーと無処理のままで美しいロードライトやペリドットの宝石としての価値は、稀少性の違いにあると思います。
稀少性は供給に対して需要(欲しい方の数)が多いか少ないかで決まります。
但し、処理は次々と進化したしたものが現れて、より品質の低いものが処理によって宝石に変わります。
残念なことに「良貨は悪貨に駆逐される」の言葉通り、価値は後から出てきた処理の価値に収斂します。
そのことから考えると現在処理されて流通している宝石の価値は、将来更に下がる可能性がありますので、たとえ現在安価でも無処理のままで美しい宝石に魅力を感じるのは、私だけでしょうか。



Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • Grading’ Is Just for Natural Diamonds
  • 家庭画報チャネルに出演!
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ライブドアブログ