ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

香港

香港 クリスティーズ オークション 結果

5月30日に行われた香港クリスティーズのオークションの結果の一部をご報告します。
4月19日のブログで記した日本の下見会で気になった2点の結果は以下の通りでした。

○ダイヤモンド マーキスシェイプ ブリリアントカット 15.05ct D IF タイプa
 落札価格(手数料込)$1,206,400 (約144,720,000円)
 1カラット当たり約$800,000(約9,600,000円)
 若干厚みがありますが、本当に透明度が高い逸品です。
 大粒ダイヤのD IF、FLは、1ラット当たり$800,000〜$1,000,000で高止まりしています。
 資源価格や株価の急激な下落が起これば、宝石の価格も下がる可能性があります。

○ルビー ビルマ産 無処理 4.10ct
 落札価格(手数料込) $405,600(約49,000,000円) 
 1カラット当たり約$99,000(12,000,000円)
 このルビーは、トータルデプスが52%と姿かたちが理想的な上に
 暗いところでも綺麗に赤く発色する程良い明度と抜群の彩度のルビーです。
 本当に欲しかったのですが、卸としてはここまで出すことが出来ません。
 このルビーの価格は同サイズのダイヤモンドの最高価格を遥かに上回っています。
 

特別に美しいものの落札価格を幾つかご紹介します。

○サファイア カシミール産 無処理 5.48ct

Kashmir Sapphire 5.48ct








 落札価格(手数料込) $202,800(約24,000,000円)
 1カラット当たり約$37,000(約4,400,000円)
 このカシミールは、カシミールのベルベティな特徴と透明度を併せ持った稀な品質です。
 トータルデプスが83%と深いので私は買いませんが、
 なかなか出会うことが出来ない宝石であることは確かです。



○ダイヤモンド ペアーシェイプ ブリリアントカット 6.88ct Fancy Purplish Pink IF

6.88ct Fnacy Purplish Pink IF










 落札価格(手数料込) $1,381,120(約166,000,000円) 
 1カラット当たり約$200,000(約24,000,000円)
 他にもIntenseやVividと言ったグレードだけでは稀少性の高いファンシーカラー
 のダイヤモンドががたくさん出品されていましたが、私が、欲しいと思ったのは、
 この1点だけです。
 ブラウン味が殆どなく、透明度が抜群に高い桜色系のピンクです。
 恐らく南アフリカあたりの産出と思いわれます。
 また大きさも装身具として魅力的です。
 

香港 ローカルグルメ

ご存知の通り、香港は食の大国です。
数え切れないほど香港を訪れましたが、未だに飽くなき食欲です。
私が、最近気に入って通っている小さな地元のお店を3つご紹介します。
何れのお店もいつも地元の方と一緒なので、メニューは見たことがありません。
正式な料理の名前はご容赦ください。

最初のお店は、「Mak's Noodle」ワンタンメンの専門店です。
中環のお昼は、ここに決めています。
プリプリのワンタンがやみつきになります。
本当に小さなお店なので、皆さん食べたら直ぐに出て行きます。

Mak's カード







Mak's ワンタンメン

誰もが食べるワンタンメンです。
少し大きいお茶碗ぐらいの器にワンタンが4つ入っています。
ワンタンだけもあります。





Mak's 牛スジ煮込み


牛スジの煮込みです。
ワンタンと一緒に頼みます。
軟らかく良く煮えています。






次は、西環にある「坤記」と言うお店です。
ここも殆ど地元の方ばかりです。
「美味しい」ではなく「うまい!!」と言うお店です。
しかも信じられないほど安い。
香港の中華料理のお店は、お酒の持込がオーケーなので、いつも美味しい紹興酒をもって行きます。

坤記坤記レストランカード







坤記 蒸しえび

定番「蒸しえび」です。
これは、特別に前もって市場で買ってきてもらいました。




坤記 あさりオイスターソース

ここに来たら絶対外せない「アサリのオイスターソース」味が濃いのですが、たまりません。






坤記 イカ生姜炒め

これも私の定番、「イカの生姜炒め」ニンニクも入っています。
ご賞味あれ!





坤記 蒸し魚


えび同様、前もって市場からしいれてもらいました。
広東料理の定番「蒸し魚」
白いご飯に汁と一緒にかけて食べるのも良し!



坤記 カエル

カエルです。
エシャレット?と良く合います。




坤記 豆腐からあげ


「豆腐のからあげ」シンプルでホッとします。
濃い味が多いので、ちょっと箸休め。




坤記 ソーセージご飯


絞めは、「ソーセージご飯」香の良いソーセージ大好きです。
中華の香料が嫌いな方には向きません。





最後はデザートのお店「Sift」です。

ここは、最近見つけました。
とても洗練されています。
東京は世界でも最もスイートが洗練されていると思っていましたが、香港も捨てたものではありません。
このお店は中華デザートではありませんが、是非一度足を運んでください。
後悔はしません。
見るだけで味が伝わってきます。
詳しい説明はいたしません。

Sift 外観Sift カード








Sift バナナ







Sift イチゴSift イチゴ クローズアップ







Sift ミルフィーユ






香港 クリスティーズ オークション

香港 オークション会場








5月30日開催の香港クリスティーズオークションに参加しました。
ロット数430点、午前11:30から午後8時まで、途中1時間の休憩を挟みますが、連続8時間半の長丁場です。
高額品の世界的な需要の高さを背景に結果は、落札金額合計38百万ドル落札率82%(ロット数)、88%(金額)と好調を維持しています。

 オークションで人気のあるものは、二つと無いようなユニークなものか、D I Fのような特別なレポートが付いて一見分かりやすく思えるものか、所有者や来歴に魅力のあるもののいずれかです。
残念ながら、高品質でも特別なレポートが付いていないものは、プロしか競らないので、値上がりは限られています。見方を変えれば、目さえ利けば、掘り出し物はあります。

 オークションの競りあがる仕組みに電話によるビットがあります。
会場に来ることが出来ない人や公に顔を出したくない人が電話でオークションに参加します。
20万ドル(約2千4百万円)を超える商品の殆どは、競り落とされます。
香港の場合は、各国担当の30人ほどのオークションの社員が顧客の代わりにビットします。
顧客は、実際に会場にいない分、想像が膨らみ、ビット問う係の声から臨場感が高まり、場合によっては、平常心を失い深追いをすることがあります。
これは、スポーツ等のラジオの実況に興奮するのに似ています。

 無処理と処理のカラーストンの価格差がますます広がっています。
特にルビー、サファイアの加熱の有無は以前では考えられないほどになっています。
更に産地の差も加わり、同じ宝石種でも価値はピンキリです。
但し、産地が良く、無処理でも美しくなければ意味がないので、注意が必要です。
実際に、今回もそのようなものが高値で落札されていました。
Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • 「どうなる?ダイヤモンド価格。」
  • あなたの知らないオークションの世界
  • あなたの知らないオークションの世界
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • 三越伊勢丹ジュエリー&ウオッチ カタログ2019-2020
  • ライブドアブログ