ジュエリーコンシェルジュ原田信之

原田信之 所有されているジュエリーの活用方法をアドバイスする株式会社ジュエリーアドバイザー アンド ギャラリー JAAG(ジャーグ)の代表のブログ。オークションの査定や百数十回に及ぶ宝石の海外買い付け、ジュエリーのプロデューサーとしての経験を生かして、相続や売却、資産性のある宝石の購入のアドバイスをします。

Natural

天然真珠

昨日のニューヨークのクリスティーズのオークションで落札された天然真珠をご紹介します。

NATURAL PEARL










約29.50×14.23mmのドロップシェイプ(露型)は、朝露が葉から落ちていく瞬間を捉えたような見事な形です。
自然に真珠が出来る確率は、気の遠くなるようなものです。
その中で、美しいことは言うもでもありませんが、この大きさと計算尽くされたような形の真珠があること自体、奇跡です。
落札価格は、US$289,000(手数料込み)、日本円で約3千4百万円にもなります。

現在宝石店の店頭の真珠の殆どは「養殖真珠」です。
ご存知のように、御木本幸吉氏によって発明されて世界に広まりました。
それまでの天然真珠は、非常に高価でダイヤモンドを凌ぐほどと言われています。
最近では、稀少性が見直され、養殖真珠の出現する前のような価格に戻っています。
これは、ルビーやサファイアの無処理と加熱処理の価格差がますます開いていくのと同じ流れです。
本来の稀少性が戻ってきました。
20世紀の後半は、人間の手によって作り出されたものと自然が作ったものの稀少性の区別が曖昧でしたが、21世紀は、その差がはっきりして、本来の稀少性が評価される時代です。

私は、今まで真珠は扱っていませんでしたが、「美しい天然真珠」に出会えたら、取り扱いたいと思っています。

昨日のオークションの目玉は、5.07ctのFancy Intense Blue VS2のリングでした。
結果は、US$2,885,800(手数料込み)1カラット当たりUS$113,000、日本円で約3億3千8百万円 1カラット当たり約1千3百万円です。
実際に拝見していないので分かりませんが、写真で見る限り魅力に欠けるように思えます。
引き続き、強い相場が続いています。

5.07ct FANCY INTENSE BLUE VS2


Fancy Intense Green

ファンシーグリーン









今日は、ニューヨークより良い知らせがありました。

7月に買い付けた0.5カラットサイズのグリーンのダイヤのカラーグレードが決まったとニューヨークのGIAよりメールが来ました。
結果は、Fancy Intense Green Natural Colorです。
過去20数年間、グリーンのダイヤモンドを幾つもGIAに送りましたが、常に「天然か処理か判断がつかない」と言う結果でした。
初めてNaturalがとれたものが、Fancy Intense Greenとは感激です。

バイヤーにとって何もレポートがついていない宝石を買うことは当たり前です。
但し、ファンシーカラーの類のダイヤモンドをレポートなしで買い付けることは大きなリスクがあります。
特にグリーンの場合は、判断がつかないものが殆どです。
ご存知のように、ダイヤモンドのグリーンの色の起源は、放射線です。
自然界から受けた放射線か人工的に照射されたものかの判断が難しいのでNaturalと記載されたレポートは極稀です。
その中でも綺麗なものは、更に稀少です。

既にGIAのレポートがついていたグリーンのダイヤモンドを扱ったことは何度もありますが、どれもクラリティーが極端に悪かったり、グリーンといっても彩度が低いものだったりしましたが、今回は、自分で見極めていますので納得の品質です。
スタッフからは、非売品にしたらと言う声も出ていますが、非売品が増えてしまって、利益責任のある身にとっては辛いところです。
現物が戻ってきたら、もっと綺麗な写真をアップしますので楽しみにしてください。

奇しくも、今日は私の誕生日です。
何よりのプレゼントでした。


Profile

原田信之

Archives
ギャラリー
  • SUWA公式オンラインショップスタート
  • SUWA公式オンラインショップスタート
  • SUWA公式オンラインショップスタート
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ジュエリーアドバイザーの仕事帖
  • ライブドアブログ